火山性微動

火山性微動についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [火山性微動] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

火山性微動を含むブログ記事

ココちゃんさん
  • 66番目の台風は『ハグピート』って名前があって、むちを打つことって意味らしい。
  • した火口周辺警報では、大きな噴石や火砕流に警戒する範囲をこれまでの火口から概ね2kmから概ね3kmへと拡大しました。これは、火山ガス(二酸化硫黄)の放出量が1日あたり11,000トンに急増したことと、火山性微動が継続していて振り幅も15日午後から更に大きくなっていることから、さらに噴火活動が活発になる可能性があると判断されたようです。噴火警戒レベル3は継続のまま変わりませんが、今まで以上に警戒して下さい。新...
  • 天気のあれこれ♪ココちゃんさんのプロフィール
kimito39さん
kimito39gooさん
昌裕さん
  • 新燃岳 警戒範囲拡大 おおむね3キロで噴石など警戒を
  • 囲では大きな噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。霧島連山の新燃岳では、火山ガスの放出量が急増し、6年前の平成23年の噴火以来の量となったほか、地下のマグマや火山ガスなどの動きを示すと考えられる火山性微動の振幅も大きくなり、気象台は15日に噴火活動がさらに活発になる可能性があるとして、警戒が必要な範囲を、これまでの火口からおおむね2キロから、おおむね3キロに広げました。16日の午前中は雲がかかり、噴火...
  • real voice昌裕さんのプロフィール
ありさん
  • 【鹿児島】新燃岳で火山ガス急増、警戒範囲3キロに拡大
  • 火山ガスの放出量が1日あたり1万1000トンに達し、13日の調査時(1400トン)から約8倍に増えた。放出量が1万トンを超えたのは、爆発的噴火が観測された2011年1月以来、6年9か月ぶり。  火山性微動の振幅も15日午後から大きくなっている。噴煙の高さや山体が膨張する地殻変動は、悪天候のため観測できないという。 http://yomiuri.co.jp/national/20171015-OY...
  • 画像あり。ありさんのプロフィール
うさぴょんさん
  • 火山ガス急増
  • 調査で、火山ガスの放出量が1日あたり1万1000トンに達し、13日の調査時(1400トン)から約8倍に増えた。放出量が1万トンを超えたのは、爆発的噴火が観測された2011年1月以来、6年9か月ぶり。 火山性微動の振幅も15日午後から大きくなっている。噴煙の高さや山体が膨張する地殻変動は、悪天候のため観測できないという。ジャンル:ウェブログ思いのままにマイペースに進むポジテイブに行きたいよね。人気ブログランキ...
  • うさぴょんうさぴょんさんのプロフィール
お兄さんさん
  • 【都城ニュースまとめ】10月8日(日)〜10月14日(土)
  • 「3」は2013年10月22日以来、約4年ぶり。 宮崎地方気象台などによると、噴火は火口東側で発生。噴煙は火口から700メートルまで上がるなどし、次第に量も増加した。地下のマグマや熱水の移動などを示す火山性微動は続き、振幅も時々大きくなっており、山が隆起する傾斜変動も観測された。 同気象台などの調査で、降灰は高原町と小林、都城、宮崎市で確認された。同町中心部では車が通るたびに火山灰が巻き上がるなどし、住民生...
  • みやこのジョーカーお兄さんさんのプロフィール
くまさんさん
  • 【#霧島山】#新燃岳:警戒半径3キロへ 火山ガス1万1000トンへ猛烈に増加(17/10/15)
  • の放出量が1日あたり11000トン(前回13日1400トン)と急増しました。  火山ガスの放出量が1日あたり10000トンを超えたのは、2011年1月の本格的なマグマ噴火時以来です。  また、火山性微動も継続しており、振幅も本日午後から更に大きくなっています。  これらのことから、今後、更に噴火活動が活発になる可能性があります。  新燃岳火口から概ね3kmの範囲では弾道を描いて飛散する大きな...
  • 吟遊詩人の戯言くまさんさんのプロフィール
うさぴょんさん
  • 再噴火
  • 8時23分ごろ始まり、その後も断続的に発生。午後は火口上空に雲が掛かり、噴煙の高さは確認できなかった。降灰は宮崎県側を中心に、霧島市や曽於市でも確認された。噴石や火砕流は確認されていない。 噴火に伴う火山性微動が続き、山体が収縮する傾向もないため、活発な火山活動が続いているとみられる。15日朝になっても噴火が続いていると見られます。気象台は、噴火警戒レベル3を継続し、火口からおおむね2キロの範囲では大きな噴...
  • うさぴょんうさぴょんさんのプロフィール
最新のニュースを動画で24時間お伝えする日本テレビのさん
  • 新燃岳の噴火が停止 引き続き警戒を | 動画
  • 噴煙が、13日午後4時ごろに火山灰を含まない白っぽい水蒸気に変わり、噴火は停止したという。また、山の膨らみを示す傾斜計の値も徐々に緩やかになってきているという。 ただ、地下の熱水や火山ガスの動きを示す火山性微動が依然として続いていることから、気象庁は、噴火警戒レベル「3」を維持した上で、火口からおおむね2キロの範囲では、突然の噴火による噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけている。The eruption of...
  • 最新のニュースを動画で24時間お伝えする日本テレビの最新のニュースを動画で24時間お伝えする日本テレビのさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

火山性微動について