西南戦争

西南戦争についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [西南戦争] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

西南戦争を含むブログ記事

卯月かいなさん
  • またも薩摩へ。 2018秋 その2後編 中村晋也美術館と川路利良生誕地など
  • たのかな、など想像しましたが、詳細は不明……。 なにが書かれているかご存じの方は、ぜひご教示下さい。 生誕地碑の裏の碑文は、大久保利通の次男・牧野伸顕と、薩摩出身で警視総監を務め、反私学校派だったため西南戦争の時には投獄されていた、川上親晴によるものでした(いまいちうまく撮れてないので、写真はなしです……) 思いがけず川路利良の生誕地に行けて、ここから鹿児島城下に通うのは大変だったろうなあなどと思いつつ景...
  • 清明卯月かいなさんのプロフィール
レインさん
  • 大河ドラマ「西郷どん」第三十九回「父、西郷隆盛」感想
  • 利通の考えが波紋を呼び、新政府は隆盛の力に頼る事になりました。長男の菊次郎が隆盛の東京行きを本人と義母である糸に告げる場面は良かったですね。また、信吾も名を従道と改め異国の事を学んで成長しております。西南戦争で利通の他に従道との関係性も変化する事は確実だと思われるので、これからの展開が楽しみですね。また、愛加那と糸の初めての対話も良かったです。とりあえず今回大きな動きはありませんでしたが、農民と逆転して弱...
  • EMOTION IN MOTION(音楽レビューブログ)レインさんのプロフィール
株式会社ビースタイル代表取締役 岩永覚翔さん
  • 経営方針書がないと会社の「未来」は決まっている通りになる、人生もおんなじ、について考える。
  • ━━━━━ 経営方針書を修正しています。 環境が刻々と変わる時代なので・・・ 今話題のNHK大河ドラマ「西郷どん」の主人公、西郷隆盛 彼が沖永良部島に流された時に出会った書物「言志四録」 その後、西南戦争で命を落とすまで肌身離さず身につけていた哲学書です。 その一説。 凡そ天地間の事は、古往今来、陰陽昼夜、日月代るがわる明らかに、四時錯(たがい)に行(めぐ)り、其の数皆前に定まれり。人の富貴貧賤、死生...
  • エステサロン『フェリーチェ』の社長ブログ株式会社ビースタイル代表取締役 岩永覚翔さんのプロフィール
りゅうぱぱさん
  • 絶景スポット、鶴御崎パノラマ展望ブリッジへ
  • )未選択(0)最新記事絶景スポット、鶴御崎パノラマ展望ブリッジへ(10/21)帰路は道の駅・水辺プラザかもと に寄って(10/19)道の駅・菊水、古墳公園とトンカラリン(10/17)西郷どんスポット、西南戦争の激戦地 田原坂(10/15)初めての道の駅・すいかの里 植木へ(10/13)菊地公園の十月桜とリニューアル中の市民広場(10/11)御料理民宿・三休で 『お気軽 伊勢海老御膳』 を(10/09)食事...
  • どこでも晴れたらワン歩りゅうぱぱさんのプロフィール
グローバルスタンダード開発フェイスツーフェイス会合さん
健ちゃんさん
  • 2018年10月18日のつぶやき
  • 田原坂西南戦争資料館に初めて行きました。田原坂が植木市にあることも知りませんでした。雨は降る降る人馬は濡れる、越すに越されぬ 田原坂右手に血刀左手に手綱、馬上豊かな 美少年春は桜秋ならもみじ、夢も田原の 草枕草を褥...
  • ~店長日記~健ちゃんさんのプロフィール
火の柱3さん
  • 愛によって 創造が終わるのです
  • 「日記」カテゴリの最新記事愛によって 創造が終わるのです復帰の 足跡皆さま 進軍しましょう世界が 不幸なのは 私が悪いのです愛の  深さ其れより 大きな罪はない御心は  一体化その人が 御父様なのです西南戦争から 日本は道を誤った聖書のとおり 歴史は進んでいる記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 復帰の 足跡gooブログ お知らせgooニュースをアプリで読もう新感覚...
  • 火の柱3火の柱3さんのプロフィール
峰さんさん
  • 電車で行く「薩摩街道」 (その8:田原坂 散策)
  • 「三の坂」を抜けるための苦戦が続きます。(一の坂)  (二の坂)上の写真は、二の坂にある「谷村計介戦死の碑」ですが、谷村は、熊本城の守備で功績をあげましたが、ここで25歳で戦死したそうです。(三の坂)西南戦争は、日本初の本格的な近代戦となりましたが、同時に、日本刀が実戦で活躍した最後の戦いでもありました。連日冷たい雨が降り続く中、濡れると使用できなくなる旧式の銃を使用していた薩摩軍は、日本刀による接近戦に...
  • ウォーク更家の散歩峰さんさんのプロフィール
りゅうぱぱさん
  • 帰路は道の駅・水辺プラザかもと に寄って
  • 伴宿 愛媛県(2)ワンコ同伴宿 広島県(1)その他(25)未選択(0)最新記事帰路は道の駅・水辺プラザかもと に寄って(10/19)道の駅・菊水、古墳公園とトンカラリン(10/17)西郷どんスポット、西南戦争の激戦地 田原坂(10/15)初めての道の駅・すいかの里 植木へ(10/13)菊地公園の十月桜とリニューアル中の市民広場(10/11)御料理民宿・三休で 『お気軽 伊勢海老御膳』 を(10/09)食事...
  • どこでも晴れたらワン歩りゅうぱぱさんのプロフィール
しずかさん
  • 上野恩賜公園の小松宮彰仁親王像
  • 。戊辰戦争では、奥羽征討総督として官軍の指揮を執った。 明治3年(1870年)に宮号を東伏見宮に改める。明治7年(1874年)に勃発した佐賀の乱においては征討総督として、また、同10年(1877年)の西南戦争にも旅団長として出征し乱の鎮定に当たった。明治14年(1881年)に維新以来の功労を顕彰され、家格を世襲親王家に改められる。翌明治15年(1882年)に、宮号を仁和寺の寺域の旧名小松郷に因んで小松宮に...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール

西南戦争を含むトラコミュ

明治維新〜明治時代
  • 明治維新〜明治時代
  • 明治維新(めいじいしん)とは、江戸幕府による幕藩体制から、明治政府による天皇親政体制の転換と、それに伴う一連の改革をいう。英文では"Meiji Restoration"...
  • トラックバック数:620 TB参加メンバー数:44人カテゴリー:歴史ブログ
西郷隆盛
  • 西郷隆盛
  • 幕末〜明治時代初期の政治家。維新の三傑の一人。薩摩藩(鹿児島県)の下級武士の出身で通称を吉之助。南洲と号した。大久保利通とともに薩摩藩を公武合体から倒幕運動へと...
  • トラックバック数:122 TB参加メンバー数:29人カテゴリー:歴史ブログ
谷 干城
  • 谷 干城
  • 龍馬暗殺の現場に駆けつけ、西南戦争では熊本鎮台司令長官、戊辰戦争では土佐藩分軍の大軍監。新政府のもと学習院長、華族女学校長をつとめ、幕末・明治史の貴重な生き証人...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:歴史ブログ

西南戦争を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • 対に明治以降の戦いであっても靖国になぜか祭られなかった戦没者もあります。どうした差別でしょうか?西南戦争はじめ明治政府から「賊軍」とされた人達は、確か祀られていませんね。そういう例はともかく、他に例があれ...
  • 靖国神社参拝ってどうなんですか?レス: 0/235(1000件)政治ブログ
  • ペリーが軍艦4隻を引き連れ、浦賀に来航した時からの、国内の戦乱に殉じた人達を合わせ祀り、明治10年の西南戦争後は、外国との戦争で日本の国を守るために、斃れた人達を祀ることになった神社である」という公式ホー...

にほんブログ村

>

キーワード

>

西南戦争について