遠江国

遠江国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遠江国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遠江国を含むブログ記事

戦国未来さん
  • 【神社紀行】 鳩ヶ井と窟〜山中八幡宮〜(愛知県岡崎市)
  • たような門があります。 本殿の両側には境内社(東照宮、神明社)があります。 境内には矢竹(山中八幡宮では、徳川家康が地面に突き刺した矢から生じたとして、「御開運竹」と呼ぶ)がありました。 私は三河国と遠江国の神社しか知りませんが、両者を比べて、「三河国の神社の特徴」といえば、・矢竹と矢場・神籬でしょうか。 「刀狩り令」以降、庶民は武器を持てませんでしたが、 ──三河の張り弓、遠州の裸弓、駿州の袋弓 ──...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
箕輪初心:生方さん
  • 箕輪初心:生方▲井伊直政№177『孫:井伊直好と安中桂昌寺』
  • 谷区大溪山豪徳寺 ▲安中久昌寺に安中忠政と井伊直孝の位牌がある。・寛文12年(1672)正月6日、井伊直好は掛川にて死去した。享年55。 跡を長男:井伊直武が継いだ。・宝永2年(1705) 井伊直矩が遠江国掛川藩より、越後与板藩に 入封した。・文化元年(1804) 井伊直朗の時に城主格となった。・文政6年(1823) 与板陣屋が完成した。箕輪初心◆三国街道?:26堀の内〜30長岡〜31与板〜35寺泊ht...
  • 城・武将・陶芸・登山・潜水・スキー・旅行・温泉箕輪初心:生方さんのプロフィール
島根大学ミュージアムさん
  • 第3回特別講座in広島「『出雲国風土記』と古代を探し求めた人々」を開催しました。
  • による『出雲風土記解』、杵築大社千家国造家の千家俊信による『訂正出雲風土記』などがあげられます。 『出雲風土記解』を著わした内山真龍は、天明6年(1786)、『出雲国風土記』の現地調査のために、実際に遠江国から出雲国に調査旅行までしています。内山真龍の『出雲風土記解』は、岸崎佐久次時照の『出雲風土記抄』を底本にして総合的な研究を行ったものです。 ところで、内山真龍は、伊勢の国学者、本居宣長からこの『出雲...
  • 島根大学ミュージアムのブログ島根大学ミュージアムさんのプロフィール
白黒茶々さん
  • 志津城跡と浜名湖GPとオフ会のお知らせ
  • てられていますね。私は近くに住んでいてこのお城のことを知っていながらも、今回初めて訪れました。志津城は、正暦4年(993年)に巡検使として遠江へ下向した藤原共資によって築かれたと云われています。共資は遠江国司として居城し、のちに井伊谷の井戸端で拾った(井戸から発生した?)赤子を養子として育てました。その赤子が、井伊家の御初代となる井伊共保だったのですやがて共保は井伊谷に移り、志津城は廃城となりました。せ...
  • 箔と波のつれづれ日記白黒茶々さんのプロフィール
ろーまんさん
  • 春マジか秋の虫
  • 笠井 肆連為市1月10日はだるま市伝衛門さの金達磨(笠井町だるま市の由来)最近のトラックバック笠井あのころ「笠井 肆連為市」とは寛政4年(1792年)、現在の浜松市天竜区の郷土研究家内山真龍が著した「遠江国風土記伝」の一文である。  「笠井の町は店連なりて市をなす」と訳することばは、笠井の福来寺で毎年1月10日に開かれる「だるま市」に由来する。  この町には、かつて五日ごとに市を開いて多くの人で賑わった...
  • 月並み寫眞堂界隈ろーまんさんのプロフィール
箕輪初心:生方さん
  • 箕輪初心:生方▲井伊直政№173&彦根22『井伊直政の生涯』復刻版
  • 【●】井伊直政の生涯 ・永禄3年(1560) 桶狭間の戦い   井伊直盛は今川義元側として戦死した。・永禄4年(1561)2月19日今川氏の家臣:井伊直親の長男:17代井伊虎松(直政) が生まれた。 遠江国井伊谷説(静岡県浜松市北区引佐町井伊谷)。祝田説。・永禄5年(1562) 今川家家老:小野但馬守の「徳川方に内通した」と讒言井伊直親  は申し開きに駿府に向かう途中、今川氏真の命で、掛川城主:朝  比...
  • 城・武将・陶芸・登山・潜水・スキー・旅行・温泉箕輪初心:生方さんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180212-1
  • 流浪した歴史と伝承がある。奈良県の十津川村や、和歌山県の熊野地方。岡山県の児島地方。そして、伊那谷には信濃宮宗良親王の事績が伝わる。 後醍醐天皇の皇子であった宗良親王は、建武の新政崩壊後の騒乱の中で、遠江国の井伊谷へと逃れ、そこからさらに ... 歴史を漫画で学べるおすすめの本【日本史・平安〜鎌倉】あらいぐま書店 - はてなブログはじめに 偉人の伝記や歴史は漫画になっていることも多いですよね。 子ども用...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
なつきさん
  • 御渡り拝観〜マンガでよむ『諏訪大明神絵詞』 (祭祀部八十段)〜
  • 睡魔に襲われ、寝入ってしまった。翌日、日の出の頃に目覚めて、起きあがって周りを見ると、見知らぬ場所にいる。思いがけず、道の途中で寝ていたのだ。通りがかった人に、「ここはどこですか。」と聞くと、「遠州(遠江国のこと。現在の静岡県西部。)さなき社ですよ。」と言われた。諏訪湖の行き着く先であり、天竜川の流れる場所でもある。諏訪と縁のない土地ではないが、ここに来るまでには本来、七日程もかかるはずなのだ。たふと坊...
  • りんごアトリエなつきさんのプロフィール
戦国未来さん
  • 神社史視点の徳川創世記
  • 洞宗の寺にある松平清康の墓>  松平清孝は、東三河を攻めるため、安祥を出て、西三河と東三河の境・二村山に近い山中城を居城とした。(スーパスター・松平清孝を尊敬する松平元康(後の徳川家康)も真似して、遠江国に侵攻すると、居城を岡崎から浜松に移している。)この時、松平清孝は、世良田清康と改名している。(スーパスター・松平清孝を尊敬する松平元康も真似して、今川義元の「元」を捨てて「家」、松平を捨て(さすがに...
  • 戦国未来の戦国紀行戦国未来さんのプロフィール
てんごく。さん
  • ★出雲大社、奉納まで2か月をきりました
  • 待ちになっていますが当日参加の正式参拝、奉納演奏はまだ参列が可能です。すでに50人以上の方が参列を希望お申込みされていますが拝殿は広いので、まだ今の段階でしたらご参加いただくことが可能です。こちらは、遠江国一宮 小國神社の奉納の模様でおまけにお忍び的に一切告知せずに行なった関係で出雲大社の奉納とは、少し違いますが雰囲気は伝わるかと思います。出雲で奉納に参列される方は、すぐ後ろで参列して、厳かな時を共に過...
  • てんごく。さんのリアルアセンションワールドてんごく。さんのプロフィール

遠江国を含むブログ村メンバー

  •  
chougouさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

遠江国について