遠江国

遠江国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遠江国] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遠江国を含むブログ記事

misiriさん
  • 遠江国一之宮 事任八幡宮
  • 掛川駅からバスで20分くらい。遠江国一之宮 事任八幡宮(ことのままはちまんぐう)。主祭神は己等乃麻知媛命 (ことのまちひめのみこと)。初耳。天児屋命の母。天児屋命も知らなかった。春日権現。神仏習合の神なのか。へー。藤原氏の祖神。配神が息...
  • ミシリノキmisiriさんのプロフィール
ろーまんさん
  • 秋の風物詩に足るもの
  • イト月並み寫眞堂界隈初めての小菊盆栽西尾舞衣子のほんわか日記海外旅行記月並み寫眞堂俳人十湖讃歌笠井あのころ「笠井 肆連為市」とは寛政4年(1792年)、現在の浜松市天竜区の郷土研究家内山真龍が著した「遠江国風土記伝」の一文である。ブログ村ランキング法多山尊永寺秋彩静岡県西部地域の遠州三山のひとつ法多山尊永寺の境内は今が晩い紅葉を迎えている。一年中参詣の客で賑わうが、訪れた日はあいにくの雨模様。しかし、そ...
  • 月並み寫眞堂界隈ろーまんさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181109-13
  • 広瀬淡窓の命日である1日、日田市の国指定史跡、咸宜園跡で「平成淡窓祭」があった。市民約50人が参加し、淡窓 ... 磐田市 国分寺跡再整備19年度に一部着工建通新聞磐田市は、国指定文化財(特別史跡)の遠江国分寺跡(見付3220ノ1)=写真=再整備を計画している。2019年度は樹木の伐採などの整備工と、構造物の遺構 .. 探求熱心な江戸時代の調査 出土品などで紹介 九博毎日新聞跡地が再び脚光を浴びるように...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 浜松探訪 その3
  • 長い境内のようです。境内。解説板です。読みにくいので以下に書き出します。創建は大同元年(806年)、伊勢皇大神宮の勧請であると言われる。平安時代初期のことである。三代実録の貞観16年5月11日の条に「遠江国蒲大神に従五位下を授く」とあり、これによって国史現存と言う。蒲氏の祖越後守藤原静並公霊験により蒲二十四郷を開発、これを皇大神宮に寄進神宮御厨となる。鎌倉幕府以来の古文書を保存しなかでも蒲冠者範頼の妻吉...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 浜松探訪 その2
  • より見た拝殿と本殿。浜松八幡宮は町の中心部にありながら広い敷地を持ち、社殿も立派なものでした。武家の時代になってからの同社と武人たちとの関係に関しては、以下に書き出します。延長5年(927年)延喜式に遠江国敷智郡六座の神の一座 許部神社と所載されています。天慶元年(938年)神託により許部の里から曳馬の里(現在地)に遷座、この時 白狐が老翁の姿で松の小木を携えこの宮地に導き松を移し植えた。この故事により...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
オンチャンさん
  • 香宗我部城 - 長宗我部元親の弟・親泰が養子に入り名跡を継ぐ  
  • 羅三郎義光の子孫・源義光から5代目に当たる甲斐源氏(武田氏)・一条忠頼の家臣になるがです。その一条忠頼は、治承4年(1180)に鎌倉の源頼朝を討つべく平氏が送り込んだ追討軍を富士川の戦いで撃破し駿河・遠江国を制圧した富士川の戦いや、信濃源氏・木曽義仲を追討し粟津の戦いで追い詰め討ち取った際にも参加したようで、それぞれの戦で軍功を上げたという。余談になるがですが、元を正せば源頼朝と源義経兄弟、木曽義仲や一...
  • 南国土佐へ来てみいやオンチャンさんのプロフィール
酔石亭主さん
  • 浜松探訪
  • 、息長足姫命相殿神:伊弉諾尊、伊弉冉尊社伝によれば、仁徳天皇が遠津淡海の鎮静のため、海神の玉依比売命(たまよりひめのみこと)を現・浜松市小沢渡町の許部の里にお迎えしたとあります。この許部神社は延喜式の遠江国敷智郡六座の神の中に登録されています。その後、天慶元年(938年)、神託により、当地に遷されました。その節、老翁が白狐の姿となって「浜の松」を移し植え「浜松」の地名になったとも伝えられています。老翁が...
  • 水石の美を求めて酔石亭主さんのプロフィール
ろーまんさん
  • 美しさは丹精の証し
  • イト月並み寫眞堂界隈初めての小菊盆栽西尾舞衣子のほんわか日記海外旅行記月並み寫眞堂俳人十湖讃歌笠井あのころ「笠井 肆連為市」とは寛政4年(1792年)、現在の浜松市天竜区の郷土研究家内山真龍が著した「遠江国風土記伝」の一文である。ブログ村ランキング法多山尊永寺秋彩静岡県西部地域の遠州三山のひとつ法多山尊永寺の境内は今が晩い紅葉を迎えている。一年中参詣の客で賑わうが、訪れた日はあいにくの雨模様。しかし、そ...
  • 月並み寫眞堂界隈ろーまんさんのプロフィール

遠江国を含むブログ村メンバー

  •  
chougouさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

遠江国について