三河国

三河国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (31) 〜砥鹿神社〜
  •  続いては三河国一の宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)です。 上の写真は駐車場にいちばん近い鳥居を何気なく撮ったのですが、これは空襲に耐えたものなんだそうです。 デコボコしている所が空襲の跡らしいです。 あとは表に回り境内へ… 鳥居以外は戦後の再建だそうだす。。 拝殿です。 昭和37年再建。 次はお城です。[三河国] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 四十路直前日記? 四十路さん四十路さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

三河国を含むブログ記事

まのぴ〜さん
  • 国道418号線(長野県)をツーリングする!
  • ので、退散します。 が、囲まれる(;^_^A アセアセ・・・w「へぇーそんなところから来てるんだー」ワイワイガヤガヤ・・・脱出! 改めてカブを正面から見てみると、タイヤ細っそwほー、このあたりも天竜奥三河国定公園なんですね。そういえば、茶臼山もありますしね。ちなみに、国定公園とは、都道府県が管理する公園です〜 平谷峠から道の駅 信州新野千石平どんどん走っていきますよ。相変わらず、電線が邪魔ですね。 奥側...
  • 信州ライダーののんびりツーリングまのぴ〜さんのプロフィール
キースオジンQ日記さん
  • 岡崎日本文化講座「中世の宿場と道」
  • 日、岡崎市図書館りぶらで開かれた岡崎日本文化講座に出席しました。今回は、愛知大学の山田邦明教授が講師となり、「中世の宿場と道ー矢作から岡崎へー」と題した講義でした。はじめに奈良時代に東海道が整備され、三河国には3つの駅がおかれました。その中に当地にも駅があり、矢作川には渡船が置かれてました。鎌倉時代に入り、東海道を行き来する旅人が、矢作宿に泊まる様子が色々な古文書に登場します。次に、戦国時代に入り松平氏...
  • キースオジンQ日記キースオジンQ日記さんのプロフィール
白黒茶々さん
  • 平和への誓い、豊川海軍工廠平和公園
  • で箔と波のつれづれ日記日本スピッツ波とゆかいな仲間たち平和への誓い、豊川海軍工廠平和公園2018-09-15 01:13:27 |お出かけこんばんは、白黒茶々です。話は私と波が日本列島公園、伊奈城址、三河国分尼寺跡の豊川市の名所3点セットを訪れた、6月中旬にまでさかのぼります。その中で、最後の最後に立ち寄った三河天平の里資料館というところで「ご自由にお持ち帰りください」状態だった同市内の他の施設のパンフ...
  • 箔と波のつれづれ日記白黒茶々さんのプロフィール
佐嶋みつおさん
  • 東海道五十三次 五十の宿 近江国甲賀郡 水口宿 水口の石にや匂うみましかも
  • m320 2018-09-14 18:24東海道五十三次 五十の宿 近江国甲賀郡 水口宿 水口の石にや匂うみましかもTweet広告を非表示にする関連記事2018-09-12東海道五十三次 三十七の宿 三河国額田郡 藤川宿 馬も四つ足 なれも四つ足 せめてつまもかその頬べ三河国額田郡(愛知県岡崎市) 藤川宿 藤川 棒鼻ノ図 広重の手…2018-09-05東海道五十三次 十の宿 相模国足下郡 箱根宿 うつさ...
  • 折句三昧佐嶋みつおさんのプロフィール
名言メモさん
  • 決断は、実のところそんなに難しいことではない。 難しいのはその前の熟慮である。
  • えやす、旧字体: ?川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。勅許され永禄9年12月2...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
noriさん
  • 2018/09/13【東海の募集情報】
  • 紹介します。主催者さんから情報いただきました、ありがとうございます☆◆2018年10月17日/11月21日/12月19日 10:00〜15:00 ※毎月第3水曜開催【〜とが楽市〜しかファミリー】会場:三河国一之宮砥鹿神社(愛知県豊川市一宮町西垣内2)出展対象:オシャレでこだわりのある手づくり品の販売、キッチンカー出展料:2,000円<イベントの詳細>https://www.facebook.com/%E...
  • ほぼまいにち、出展募集情報!noriさんのプロフィール
名言メモさん
  • 平氏を亡す者は平氏なり。鎌倉を亡ぼしたのは鎌倉幕府だ。
  • えやす、旧字体: ?川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。勅許され永禄9年12月2...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
名言メモさん
名言メモさん
  • 人生に大切なことは、五文字で言えば、「上を見るな」。 七文字で言えば「身のほどを知れ」
  • えやす、旧字体: ?川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。勅許され永禄9年12月2...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
佐嶋みつおさん

三河国を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
山本勘助
  • 山本勘助
  • 三河国宝飯郡牛久保(愛知県豊川市牛久保町)の生まれと伝わる。諸国を流浪し剣術や軍学を修めたとされる。当初は今川氏への仕官を希望していたが叶わず、天文12年(1543年...
  • トラックバック数:123 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:歴史ブログ
長篠の戦い
  • 長篠の戦い
  • 天正3年(1575年)5月、三河国長篠城をめぐり、織田信長・徳川家康連合軍3万5000人と武田勝頼軍1万5000人との間で行われた戦い。徳川氏の信濃国方面の前線であった長篠城が武...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

三河国について