三河国

三河国についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 美濃・尾張・三河遠征記 (31) 〜砥鹿神社〜
  •  続いては三河国一の宮の砥鹿神社(とがじんじゃ)です。 上の写真は駐車場にいちばん近い鳥居を何気なく撮ったのですが、これは空襲に耐えたものなんだそうです。 デコボコしている所が空襲の跡らしいです。 あとは表に回り境内へ… 鳥居以外は戦後の再建だそうだす。。 拝殿です。 昭和37年再建。 次はお城です。[三河国] ブログ村キーワード・・・続きを読む
  • 四十路直前日記? 四十路さん四十路さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

三河国を含むブログ記事

toukaishi-syaroushiさん
  • 東愛知、西愛知
  • 今年は、100回記念大会ということで、愛知県は、東西に別れて、高校野球の予選が、明日(6月30日)スタートする。知多地区は、何と、三河地区と一緒の東愛知になっています。明治4年から約1年間額田県(三河国と知多郡)が存在したが、それと似た現象!80回、90回も同様に愛知県2校代表だったが、80回大会は、大府が、甲子園に行っている。知多地区の学校の活躍が楽しみです!https://vk.sportsbu...
  • ドラゴンズファンのブログtoukaishi-syaroushiさんのプロフィール
名言メモさん
  • 己を責めて人を責むるな
  • えやす、旧字体: ?川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。勅許され永禄9年12月2...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール
殿上人夢穂さん
  • 青春18きっぷの最後の1枚で出かけた先は、春の信州松本。
  • こちらは少し離れた松本城の北側にある松本神社で 地元で「ごしゃ(五社)」と呼ばれているそうだ 暘谷大神社 松本城主松平康長と子の虎松を祀る 今宮八幡宮 戸田氏の先祖の戸田宗光 片宮八幡宮 戸田氏以前の三河国田原領主一色義遠共武大神社 松平康長 淑慎大神社 松姫 ↑ここまでで五社が合祀された 更には、若宮八幡宮(詳しくは下記で)が合祀 されているそうだ松本神社の境内にある若宮八幡宮の社殿。ここ には島立貞...
  • 殿上人日記殿上人夢穂さんのプロフィール
カミノミヤさん
  • 神話の真実に迫る・その23
  • 子がお産まれになったのです。イサナギの妹のシラヤマヒメ(キクリヒメ、ココリヒメ)が御子を産湯につかわせ、アカヒトというものが、絹糸をひいて献上し、産着が作られました。以来伊勢神宮の神官の神服を織る糸は三河国赤引神調糸と定められているのです。御子の誕生はフタカミを初めトヨケ、諸臣、タミを歓喜の渦に包んだのでした。6月後半の霊断メッセージ■現在受付中の天杵万乃の運命鑑定自分自身の運命計画を知り、自分らしく幸...
  • 木花咲耶姫様の御神示カミノミヤさんのプロフィール
少年おやじさん
  • すこぶるべっぴん / 吉田宿(豊橋市)
  •  (吉田宿本陣跡 / 愛知県豊橋市) 三河国吉田宿(愛知県豊橋市)に到着。 「べっぴん」の語源発祥のうなぎ屋「丸よ」の店先には「吉田宿本陣跡」の標柱がたっています。 なるほど、極上品の「べっぴん」とは鰻なんだ。 にほんブログ村「オヤジブログ」ラ...
  • 少年おやじ少年おやじさんのプロフィール
桐生人ポコさん
  • 2018年日光東照宮御朱印巡り観光した
  • に対し、久能山東照宮は家康公を筆頭に豊臣秀吉公と織田信長公まで祀ってたという事です。お墓の話に移りますが、本光国師日記によると徳川家康公の遺言は「遺体は駿河国の久能山に葬り、江戸の増上寺で葬儀を行い、三河国の大樹寺に位牌を納め、一周忌が過ぎて後、下野の日光山に小堂を建てて勧請せよ、関八州の鎮守になろう」なんだそうです。上左の写真は日光東照宮の奥宮にある徳川家康公のお墓です。上右側の写真は久能山東照宮にあ...
  • 桐生人ポコの行った遊んだ泊まった旅ログ食べログ桐生人ポコさんのプロフィール
hitorimaさん
  • 嬉し恥ずかし?遅ればせながら吉田城に初登城〜2018.06.03(4)〜
  • 置いてありました。近世吉田城の礎を築いた戦国大名・池田輝政(いけだてるまさ)です。戦国時代華やかなりしころ、三河と遠江の国境に近い吉田は、徳川vs今川の抗争の最前線でした。今川氏が滅んだあと徳川家康が三河国の支配権を確立し、太閤・豊臣秀吉の命を受けて江戸に飛ばされるまでその状態が続きます。吉田城は、家康の信頼厚い重臣・酒井忠次が城代として管理していました。家康の関東入りののち吉田城を与えられたのが、豊臣...
  • どこかへ行きたい〜旅に関するあれこれ。ちょい鉄〜hitorimaさんのプロフィール
Fさんさん
  • 神社巡り 伊和神社
  • ては国府(こくふ)にあり、愛知県の国府宮(こうのみや)という駅名は尾張国総社である尾張大國魂神社(おわりおおくにたまじんじゃ)にちなむものであるし、同じ名鉄本線には国府(こう)という駅もあり、こちらは三河国総社である三河總社(みかわそうじゃ)による。また、神奈川県の国府津(こうづ)という駅名は相模国総社である六所神社にちなむものである。 ただ、総社ではあっても、国内の全ての郡の代表神社を祀るというのは珍...
  • 5次元世界へのいざない 神社とスピリチュアルと悟りFさんさんのプロフィール
樋口山城守与六さん
  • 若神子城 山梨県北杜市
  • として利用されたという。武田氏の滅亡後、武田遺領をめぐる天正10年(1582年)6月の天正壬午の乱では、信濃国から相模国の北条氏直が甲斐へ侵攻し、若神子城に本陣を起き周辺の城砦に布陣した。これに対し、三河国の徳川家康は現在の韮崎市中田町中條に所在する新府城に本陣を起き、七里岩台上の城砦に布陣し、北条勢と対峙した。同年10月には徳川・北条同盟が成立し、氏直は甲斐・都留郡から撤兵した。ふるさと公園 若神子城...
  • 古城巡り 写真館樋口山城守与六さんのプロフィール
名言メモさん
  • およそ主君を諌める者の志、戦いで先駆けするよりも大いに勝る
  • えやす、旧字体: ?川家康)または松平 元康(まつだいら もとやす)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将・戦国大名。江戸幕府の初代征夷大将軍。三英傑の一人。「海道一の弓取り」の異名を持つ。家系は三河国の国人土豪・松平氏。幼名は竹千代。通称は次郎三郎のちに蔵人佐。諱は今川義元に偏諱をもらい元信(もとのぶ)次いで元康と名乗るが今川氏から独立した際に「元」を返上して家康に改める。勅許され永禄9年12月2...
  • 名言メモ名言メモさんのプロフィール

三河国を含むトラコミュ

徳川家康
  • 徳川家康
  • 安土桃山時代の武将。松平広忠の嫡男。1542年,三河国(愛知東部)岡崎城で生まれる。幼少時代を織田氏(尾張清洲)・今川氏(駿河)の人質として過ごしたが桶狭間合戦によ...
  • トラックバック数:381 TB参加メンバー数:62人カテゴリー:歴史ブログ
山本勘助
  • 山本勘助
  • 三河国宝飯郡牛久保(愛知県豊川市牛久保町)の生まれと伝わる。諸国を流浪し剣術や軍学を修めたとされる。当初は今川氏への仕官を希望していたが叶わず、天文12年(1543年...
  • トラックバック数:123 TB参加メンバー数:30人カテゴリー:歴史ブログ
長篠の戦い
  • 長篠の戦い
  • 天正3年(1575年)5月、三河国長篠城をめぐり、織田信長・徳川家康連合軍3万5000人と武田勝頼軍1万5000人との間で行われた戦い。徳川氏の信濃国方面の前線であった長篠城が武...
  • トラックバック数:14 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

三河国について