稲葉山

稲葉山についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [稲葉山] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

稲葉山を含むブログ記事

地球のイノチさん
  • 霊夢のお告げで守られた金華山
  • う一つ土岐氏ゆかりの観音様があります。 岐阜城6代目の城主、土岐氏の守護代だった斎藤利永公の夢に、白衣の童女が現れ、『私は旭見ヶ池(火見ヶ池)の中にいる観音の化身である。 私を火見ヶ池から出して、この稲葉山の南麓にある岩窟の中に祀ってくれたなら、稲葉山の安泰を守ってあげよう』というお告げによって、祀られた観音様です。 土岐氏に霊夢のお告げをして、鬼門と裏鬼門を閉じてあるのが、金華山です。 3月21日の太...
  • 地球のイノチ地球のイノチさんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 信長上洛後…本圀寺の変と桂川の戦い
  • (ほんこくじ=当時は京都市下京区付近)を仮御所として住んでいましたが、今回の信長の岐阜帰還をチャンスと見たのが、阿波へと退いた三好三人衆・・・永禄十二年(1569年)正月元日・・・三好三人衆は、信長に稲葉山城=現岐阜城を攻め落とされた(8月15日参照>>)」斎藤龍興(さいとうたつおき)などの美濃(みの=岐阜県)の老人衆を誘い、薬師寺九郎左衛門(やくしじくろうざえもん)を先鋒の大将として本圀寺の仮御所を取...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
クールCyrusIIさん
  • 予備1
  • )◎ 甲斐(躑躅ヶ崎館、甲府城) 金山・温泉駿河遠江(駿府館、浜松城、駿府城、掛川城) 小京都信濃(高遠城、木曽福島城、上田城) 馬三河(岡崎城、吉田城) なし☆ 尾張伊勢(清州城) 刀鍛冶美濃飛騨(稲葉山城、岐阜城) 温泉(近畿)近江伊賀(小谷城、長浜城、安土城、佐和山城) 鉄砲鍛冶大和(多聞山城、郡山城、筒井城) 忍びの里山城(二条御所、二条城) 朝廷丹波丹後(八上城、亀山城、宮津城) 陶芸□ 摂津...
  • 真のジャーナリズムがここにある!クールCyrusIIさんのプロフィール
チンギスハンさん
  • 【投資】【ブログ】今年の投資とブログを反省。高配当株を売った理由。
  • して始めたブログでした。シニアということもありどんなブログがいいのかも、あるいは技術的なこともわからないです。だから日々書くだけで、改良はあきらめていました。しかしいろいろもがいていくうちに11月に「稲葉山城」さんに知り合うことができました。この方の文はわりと普通に見えるのですが「読者が知りたい点を的確にかいてある」のが特徴です。見習いたいです。自分はレベルが低いだけに改良点はいっぱいあります。今のブロ...
  • チンギスハンのブログ 米国株でリタイア後も大丈夫チンギスハンさんのプロフィール
羽柴茶々さん
  • 日本史の新発見&発掘…2018年総まとめ
  • 経った永禄六年(1563年)に、信長が「んじゃ、小牧山に移るか〜」てな事をいきなり言い出したために、急遽、城を造ったような雰囲気で書かれてあったり、その後、永禄十年(1567年)8月に龍興の居城である稲葉山城(いなばやまじょう=岐阜県岐阜市・現在の岐阜城)が陥落した(8月15日参照>>)事によって、役目を終えるかのように廃城・・・つまり、結果的に、わずか4年間しか使用されなかった事から、かつては、急造り...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
チンギスハンさん
  • 【リタイア生活】【節約】リタイア後の都市、地方都市、田舎の費用と便利さを比較してみた
  • い、間違っていたのは私の方でした。すみません訂正します。「お金はあればあるほどいいです」私はまだそんなに使う場所も知りませんけどね。私は田舎ものでそこら辺の感覚がつかめていないので、今回大阪に行って「稲葉山城さん」と話した帰りに「立ち飲み屋」でインタビューも試みたんですよ。50代の会社員の人たちに。いろいろ聞かせてもらいました。さらに意外な話もあったんですがそれは長くなるので次回にします。以上です。今日...
  • チンギスハンのブログ 米国株でリタイア後も大丈夫チンギスハンさんのプロフィール
チンギスハンさん
ザク様さん
  • 今月のゼノン 感想
  • 自分の死が尾張を信長を生かし、今川への時間稼ぎになるだろうと政秀が信秀、信長二代の守役は楽しかったというと突如部屋の中に雪が舞い込む政秀らしい風流な末期の水だった政秀は見事な最期のいくさを終え息絶える稲葉山城では道三が政秀の手紙を読み、信長と会う決意をする続く信長が政秀からあるものを託されるまでは前回の再録政秀とうとう逝ってしまったか表向きは信長のうつけの振る舞いへの諫言で自害したって事になるのね前田慶...
  • n-zenの葉酸ってなにザク様さんのプロフィール

稲葉山を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

稲葉山について