稲葉山

稲葉山についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [稲葉山] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

稲葉山を含むブログ記事

羽柴茶々さん
  • 信長の前に散る…三好義継が切腹す〜若江城の戦い
  • との認識だった・・・けど、だからこそ自分を奉じて上洛してくれそうな尾張(おわり=愛知県西部)の織田信長(おだのぶなが)に接触したのです(10月4日参照>>)。自分を奉じてくれる武将を探していた義昭と、稲葉山城(いなばやまじょう=岐阜県岐阜市・現在の岐阜城)を手に入れて(8月15日参照>>)『天下布武』の印鑑を使い始め、上洛のキッカケ=朝廷への大義名分&手土産を探していた信長との利害関係が見事一致・・・永...
  • 今日は何の日?徒然日記羽柴茶々さんのプロフィール
mileageコウイチさん
  • 秋の山ライド?
  • 稲葉山で休憩中。意外と観光客が多くて外国語が聞こえてくる。汗も引いたのでそろそろ帰路につかなくてはならない。来た道を戻るのはあまり好きではないので反対側に下山。道がかなり汚い。落ち葉で路面が見えない。枯れ枝...
  • 適当ペダルmileageコウイチさんのプロフィール
mileageコウイチさん
  • 秋の山ライド?
  • ーシューは大きいのが1枚。写真に見えるのはほんの一部だ。トンコツはあまり好きではないがこの黒いのはくどくなくて良い。 麺は自家製。そつなく美味しラーメンでした。重くなった身体で小矢部へ向かう。次の山は稲葉山稲葉山には牧場があるんだよ。真っ黒な牛が草を食べている。しかしこの山は距離は短いがかなりキツイ。結局、また汗ダクになりファスナー全開でヒルクライム。到着!この一帯は火牛がゆるキャラになったのかね。近...
  • 適当ペダルmileageコウイチさんのプロフィール
ufitさん
  • 『信長の忍び 2』
  • び 2 (ジェッツコミックス)Posted with Amakuri重野 なおき白泉社 2010/2/26Amazonで詳細を見る信長に仕える女忍者を主人公とする4コマ漫画の第2巻。本作では墨俣築城や稲葉山上奪取、お市と浅井長政の縁組、足利義昭を擁しての上洛あたりが扱われていて、千鳥も多くの局面で活躍している。本作では浅井長政、朝倉義景、六角承禎、三好三人衆などが新たに登場している。なかでも、わがままで...
  • 雨読夜話ufitさんのプロフィール
つばめさん
  • 【砺波市庄川】再訪!カフェ「梅香園」でパフェを食べてきました!
  • 07-31【富山県砺波】ラ・ピニヨンでケーキ購入!砺波の老舗ケーキ屋さん「ラピニヨン」でケーキ購入しました! …もっと読むコメントを書く«福井県立恐竜博物館でランチ!「カフェ&…【小矢部】稲葉山牧場のふれあい動物広場…»プロフィール富山のおでかけ記録。スイーツやパンが好き。読者です 読者をやめる読者になる 読者になる検索リンクはてなブログブログをはじめる週刊はてなブログはてなブロ...
  • 富山さんぽつばめさんのプロフィール
つばめさん
つばめさん
つばめさん
cccさん
  • 織田信長と竹中重治(半兵衛)
  • 凌ぐことが困難になっていました。また、龍興は酒や女に溺れ政務を行わず、重治や稲葉・氏家・安藤の西美濃三人衆を政務から遠ざけていました。このようなことから斎藤氏は内部で反乱が起こり、一時期、龍興が居城の稲葉山城から追われる事態になります。その後、龍興は稲葉山城を奪還しますがその機に乗じて信長は美濃への圧力を強くし、龍興は再び稲葉山城を追われます。重治は斎藤家を見限り、一年間浅井長政の客分となったあと隠棲し...
  • 3分でわかる織田信長の歴史cccさんのプロフィール
cccさん
  • 織田信長と浅井久政
  • と信長は出兵します。「森部の戦い」で龍興に勝利し、織田家が斎藤家よりも優位に立つことになります。すると酒や女に溺れて政務を顧みようとしない龍興に嫌気がさした竹中重治や安藤守就の軍勢が、龍興の居城である稲葉山城を占拠するなどの反乱が起こりました。1564年には美濃の斎藤氏を牽制するため、北近江で勢力を持っていた浅井氏と信長は同盟を結び、長政は信長の妹・お市の方を娶りました。しかし、この同盟は信長と久政の盟...
  • 3分でわかる織田信長の歴史cccさんのプロフィール

稲葉山を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

稲葉山について