地蔵菩薩

地蔵菩薩についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [地蔵菩薩] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

地蔵菩薩を含むブログ記事

まるいしさん
  • ヌートリア
  • 、コンデジで)※野生のカピバラではありません。以前紹介したのは、このずっと上流の辺りで写したものですが、ハグロトンボ(メス)画面奥から(メス)(メス)(オス)(オス)(メス)(メス)(メス)お大師さま地蔵菩薩お大師さまお地蔵様特に親戚ではありません(他人でもありません)カーブミラーガレージミラーよく歩いて痩せました(もちろん、完全禁酒、間食制限)(9月)(8月)何度も書いているように、真理は絶対的にあるわ...
  • プロムナード♥MARUISHI⚡WORLD♥まるいしさんのプロフィール
お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さん
  • 9月15日(土)のつぶやき
  • 県鎌倉(9)もみじ狩り 港区芝公園(2)2017.11.12長野県小諸市(0)祭り(0)2017.11.18山梨県大月市(0)2017.11.19山梨県富士河口湖(1)最新コメントaga/毛越寺(6)地蔵菩薩・曲水の宴 岩手県平泉癒しとトキメキ/毛越寺(6)地蔵菩薩・曲水の宴 岩手県平泉バックナンバー2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月2018年01月2017年12月2017年...
  • お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さんのプロフィール
SERUNAさん
  • 時宗東福山『西光寺』@静岡県(その2)
  • 皇后 源和子姫がお側に置かれた念持仏、ご自身の守り本尊です。元和六年(1620)入内のため江戸城から今日の都に向かう途中、西光寺にてご休憩され、東福門院より七堂伽藍、東福山の山号、木造弥陀三尊像、木造地蔵菩薩像を賜りました。先に記した通り、元和七年の大火で本堂、諸堂悉く消失しましたが、弥陀三尊像、地蔵菩薩像は、燃えさかる炎のなかで不思議にも焼失をのがれ、ただ今も本堂に安置されております。特にこの地蔵菩薩像...
  • SERUNAさんちのあじふらいSERUNAさんのプロフィール
お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さん
  • 9月14日(金)のつぶやき
  • 県鎌倉(9)もみじ狩り 港区芝公園(2)2017.11.12長野県小諸市(0)祭り(0)2017.11.18山梨県大月市(0)2017.11.19山梨県富士河口湖(1)最新コメントaga/毛越寺(6)地蔵菩薩・曲水の宴 岩手県平泉癒しとトキメキ/毛越寺(6)地蔵菩薩・曲水の宴 岩手県平泉バックナンバー2018年09月2018年08月2018年07月2018年06月2018年01月2017年12月2017年...
  • お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 お寺に神社 御朱印求めて ぶらり 一人旅 さんのプロフィール
見もの・読みもの日記さん
  • 播州清水寺と朝光寺を中心に/神仏人 心願の地(多摩美大美術館)
  • は劣化が進み、よく見えなかったが、玄奘三蔵の姿が古様で、南都との関連性が指摘されているそうだ。確かに播磨は、法隆寺とか元興寺とか、奈良の寺社とかかわりが深い地域なのである。仏像は、ボリュームのある木造地蔵菩薩立像(東古瀬地区)ほか、平安時代の古仏が数体並んでいた。いずれもお顔に個性があるのが、地方仏の魅力である。私が気に入ったのは、室町時代の小さな(30cmくらい)木造仏。自分のものにできるなら、念持仏と...
  • 見もの・読みもの日記見もの・読みもの日記さんのプロフィール
master082さん
  • 2018年8月・四国別格二十霊場・第6番龍光院で、中休み的な参拝を。
  • たら、石の上だった。 鐘楼へ。 大きくていい音。 本堂。 あまり見かけることのなくなった、こうやくん。ここでは健在。 焼香台。まさか一番乗り? なこたぁないか。 大師堂へ。 大師堂前の地蔵菩薩。 ここもあちきの線香だけ。 うーん。でも別格霊場の参拝って、一人だけ、っていうこと結構あるよな。 大師堂の前には、こんな線香立てと蝋燭立てが。 大師堂の軒下に、あぁ、こんな姿で。 納経所へ。...
  • master082オフィシャルブログ"From Sky Across Me"master082さんのプロフィール
譲二 6世さん
  • 第六二八回 自性院豊川稲荷(西落合)
  • を救ったことに由来する。現在で言えば、古戦場から新青梅街道を15分ほど東に歩けば自性院。原野だった大昔なら、見渡せば寺が見えるぐらいだろうからやや不思議な物語。 この出来事に感謝した道灌が奉納した地蔵菩薩を「猫地蔵」と称されているのだけど、それっぽいのが見当たらない。年代的な事から言っても、おそらくこの中央のお地蔵様ではないだろう。ただ、この中央のお地蔵様は肌が白く唇が緋色で目が青い。表情もやわらかく...
  • 江戸御府内千社参詣譲二 6世さんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 朝ラン〜富士見ファーム
  • 周回を走ると、早朝のためまだプレイヤーの姿は見られませんが、名門コースの美しいグリーンが見られました。芙蓉カントリーから急坂を下り茅ヶ崎の赤羽根に出ると、宝積寺の山門前には愛らしい夫婦地蔵や赤ずきんの地蔵菩薩が鎮座しておられ、和めるスポットになっていました。富士見ファームに出ると、広い田園地帯の遥か先の空には雲間に富士山が望めて思わずピッチが上がってきました。稲刈りも進んでいて稲田には最近はあまり見かけな...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール
Kaoさん
  • 2018夏、東北へ?
  • 色」と称される金色堂の内陣部分は、はるか南洋の海からシルクロードを渡ってもたらされた夜光貝を用いた螺鈿細工。そして象牙や宝石によって飾られています。須弥檀の中心の阿弥陀如来は両脇に観音勢至菩薩、六体の地蔵菩薩、持国天、増長天を従えておられ、他に例のない仏像構成となっております。境内にある『松尾芭蕉像』お会いしたかった松尾芭蕉さんはこちらにいらっしゃいました。芭蕉46歳の時に金色堂に参詣したそうです。≪ 五...
  • Kao's Diary in SapporoKaoさんのプロフィール
りせさん
  • 石像寺 釘抜地蔵となる逸話
  • 」となりました。(正面は本堂の「地蔵堂」です。)日本画家・堂本印象が母の回復祈願に1964年に奉納したブロンズの釘抜き、台座は日本画家・岩澤重夫のデザインだそうです。地蔵堂には、弘法大使作と伝わる石造地蔵菩薩立像(苦抜地蔵、釘抜地蔵)、および行基作と伝わる観世音菩薩を祀っています。左には宝珠(ほうじゅ)、右には三鈷杵(さんこしょ)が、本尊とつながっています。密教法具の金剛杵の中で両端が三つの爪状になってい...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール

地蔵菩薩を含むトラコミュ

建長寺
  • 建長寺
  • 建長寺は、神奈川県鎌倉市山ノ内にある禅宗の寺院で、臨済宗建長寺派の大本山である。山号を巨福山と称し、寺号は詳しくは建長興国禅寺という。鎌倉時代の建長5年の創建で...
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:5人カテゴリー:歴史ブログ

地蔵菩薩を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

地蔵菩薩について