構造計算

構造計算についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [構造計算] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

構造計算を含むブログ記事

小枝くんさん
  • 間取り設計の最終承認!
  • 1点書きたかったのは、読者様より質問のあった、1F物入れの扉位置変更について ウォーリー先生に聞いてみたら、やはり耐力面材の向き的に変更できないとのこと… 小枝家のほとんどの壁は耐力面材が入っていて、構造計算上、そうそう簡単に変更ができないっぽい…家の設計って難しいんだねぇ 建築の資格を持ってる人って尊敬しちゃうなぁ…と改めて思いました ウォーリー先生「では図面に承認をお願いしますね」 小枝くん「先生...
  • 神奈川に注文住宅しよう。住宅情報館!小枝くんさんのプロフィール
R+house津さん
  • 大切なのは「命」
  • 災害なんて明日は我が身です。良いものは高価ですが、どこにお金をかけるべきなのかはしっかりと考えた家作りが必要なんです。この情報豊かな時代に、もう「安かろう、悪かろう」に引っかかる時代は終わりましたし、構造計算さえもしていない建築士の資格ももたないものが設計したような「良くないものを良い」と売る時代も終わりました。設計者には必ず「資格免許の提示」を求め、構造が確かなものなのか確かめてくださいね。(皆様知らな...
  • お家の勉強をするブログR+house津さんのプロフィール
CRUNKYさん
  • 地震台風等から守る!家を建てる時必ず営業に確認すること!
  • のか2なのか、選ぶと必要な壁量が出てきます。もちろん等級をあげればあげるほど、耐力壁の量は増えます。質問の・耐力壁が大量に必要な理由はなんですか?はこういう理由です。間違えてはいけないのは、壁量計算は構造計算ではありません。構造計算とは許容応力度計算です。木造3階建て時によく行います。壁に加え、梁の計算、基礎の計算が入ってきますが、通常の家で有れば、スパン表を基に梁の大きさを考慮しますので、あえて、許容応...
  • 0から注文して住宅を建てる!CRUNKYさんのプロフィール
まさおくんさん
  • IKEAをパトロールしてるZ
  • くんのブログのアクセス数が急増しとります( ; ゚Д゚)なにごと?と思ったら、久しぶりにアメトピにご採用いただきましたようで…まいどおおきにおおきに、ありがとさんっ謎の柱が、大注目されちゃったですよー構造計算で避けられないこともあるんで、100%思いのままに、って言うわけにはいかないものですなさて。そんなまさおくん今日はIKEAに来ておりますそろそろ、ダイニングテーブルを買いたいなって。ダイニングテーブル...
  • まさおくんのマイホーム365日の軌跡まさおくんさんのプロフィール
まさおくんさん
  • あぁー…残念ポイント?-2  もう一つの目障りな柱
  • き回して考えてもらったのが、二本柱と鬼太い梁。 通常の梁の2倍の太さの梁で横方向の強度を高め、 その太い梁を支えるために二本くっつけた柱で支える。 これで、壁には劣るけれど、太い柱が支えになって、構造計算しても強度が担保できるようになると。 普通はやらないって。 壁のほうが強いから。 設計してる間は、太くするため柱を1本増やすからその分、二本目の柱がオプション扱い(有料)になる ともいわれてまし...
  • まさおくんのマイホーム365日の軌跡まさおくんさんのプロフィール
ユニット馬鹿の猛烈話・・・乞うご期待してください!さん
  • 勉強にはなりますが・・・
  • 2018-09-21 06:09:57 |日記東京都内の交差点に、変わった建物がありました。コンテナを改造した「店舗」ですが、組み方が面白い為にとても目立ちます。こんな組み方があるんだ!!でも・・・・構造計算はどうやってするのだろうか???既存概念を捨てていろいろ考える事は大切です。コンプライアンスを守りながら、いろいろな事にチャレンジしてみたいですね!!ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックし...
  • ユニット馬鹿の猛烈話・・・乞うご期待してください!ユニット馬鹿の猛烈話・・・乞うご期待してください!さんのプロフィール
橘泰一さん
  • 構造伏せ図は間取りを設計した設計士が必ず作図する
  • 数で表記されています。その伏せ図は間取りを設計した設計士が描くか、外部の構造設計士に報酬を払い描いてもらうやり方があります。フラグシップでは木造2階建て以下であれば、僕が伏せ図を描き、許容応力度計算(構造計算)をしています。ただ木造2階建てだから伏せ図を描くのではなく、間取りをプランニングするときに既に伏せ図の基本となるグリッドを描いています。そのグリッドは2間以上飛ばさない。柱の直下率は下げないなど、一...
  • フラグシップブログ灼熱橘泰一さんのプロフィール
ちゃりぼさん
  • 着工します!と言われても疑ってしまう…
  • ていました。結局のところ、そろそろ〜そろそろ〜と言っていた確認申請が降りずに進むことが出来ていなかったのかな?モヤモヤ解消!とはいいがたーいこれも憶測でしかないですが、図面を書く人が変わったがために、構造計算も遅れ確認申請出すのも遅れ…お盆を挟んだことにより更に遅れが生じてしまったのか?と、プラスに考えて居ます。クライアントへの進捗を伝える事によって不安を取り除く作業を、もう少しマメに行ってほしいもんだな...
  • ズボラ主婦がこだわりまくって2000万で家づくり♪ちゃりぼさんのプロフィール
neosさん
AL6063さん
  • アルミ架台が経済産業省に承認をいただけずらい件
  • -C8955/2017基準にて物作りを行なっております。 確かに、計算式や方法を掲示してないため、メーカー独自方法の計算式も出来てしまいます。また、アルミ独自の計算方法では無くスチールでの計算方法にて構造計算書を作成している架台メーカーが90%以上だと思われます、そうすると何が起こるかと言うと、強度不足になります。そして、また大前提の材料にも不明瞭な点がございまして、A6005C-T5という材料はJIS...
  • 太陽光発電とアルミ架台AL6063さんのプロフィール

構造計算を含むブログ村メンバー

  •  
みやの2×4さん
榎さんさん
sgmtさん
msさん
seashouseさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

構造計算について