立花隆

立花隆についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [立花隆] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

立花隆を含むブログ記事

仏光さん
  • 物理的な極楽
  • います。人間だけでそのように変われるとは思いませんが、もっと違う次元から物理的な力が働くと変わっていけると思います。 そういう意味では私は毎日その違う次元を見ていることになります。昨日ジャーナリストの立花隆さんが書いた臨死体験の本の話を聞く機会がありました。私も上海で一度死んでいるのでこういう話には大変興味があります。立花さんの本によると死ぬと時間と空間の制約を受けずに、心のエネルギー体は何処にでも、ま...
  • 仏光さんの心の相談室仏光さんのプロフィール
ようこさん
  • 河合隼雄・立花隆・谷川俊太郎「読む力・聴く力」(岩波現代文庫)
  • する「芸術的判断」や「勝負師」としての出方も必要だということだが、心を病んでいる人相手の対応として大丈夫なのか?とこれまた素人感覚では危うさをも感じさせる「聴き方」だなと思った。ノンフィクション作家の立花隆氏は子どものころからかなりの読書家だったという。彼は一冊の本を書くために百冊を読み、さらに取材をして「根掘り葉掘り聴く」という。その「聴き方」は河合氏のそれとは大きく異なり、情報、知識を得て理解し、ア...
  • ことばは、今も。ようこさんのプロフィール
くまおさん
flattwinさん
  • 合成生物学の衝撃 須田 桃子
  • が、人工の生命体「ミニマル・セル」の作成に二〇年越しで成功したのだ。エピローグ マダムはなぜ泣いたのか?あとがきhttp://amzn.asia/4vDk3xfわかりやすいと言えばわかりやすいのですが立花隆さんのような書き方ならもっと深く広く理解できたように思えました。さて内容ですが生物の遺伝情報をコンピュータで解析すれば机上で実験ができるということです。これはスパコンが登場したときもそうでしたが何台も...
  • Audio噺flattwinさんのプロフィール
トリダさん
  • 耳をすませば動画をdaily以外でフル無料視聴は可能?
  • 動画に声優としてどんな方が出ているのか?ふと気になったので、まとめてみました。 ★月島雫(つきしましずく)★⇒本名陽子さん★天沢聖司(あまさわせいじ)★⇒高橋一生さん★月島靖也(つきしませいや)★⇒立花隆さん★月島朝子(つきしまあさこ)★⇒室井滋さん★月島汐(つきしましほ)★⇒山下容莉枝さん★フンベルト・フォン・ジツキンゲン男爵★⇒露口茂さん★西司朗(にししろう)★⇒小林桂樹さん★北★⇒鈴木敏夫さん★...
  • 今話題の最新トレンドニュース速報!.comトリダさんのプロフィール
駿河政治さん
  • 苦しいよ・おかあちゃん
  • の判断を示したのについては、あの「喧噪」、あの    「何でもありの状況」は2001・9・11と同じで、管制物書きとマスコミの狂想曲で、冤罪を主張する側まで孤立さ    せられる勢いなのである。あの「立花隆」を筆頭に「事件の焦点をねじ曲げていく」輩達の狂想曲の中では「無実の    A少年」を守るのはきわめて難しかったに違いない。そこで、いかに少年をホローするかに意を注ぐ事を決意して結    審を早めたの...
  • 真相解明のマニュアル駿河政治さんのプロフィール
mew-run7さん
  • 追悼・岸井成格さん〜権力に臆せず、権力を監視して、おかしな点を指摘し続けた真のジャーナリスト
  • 年秋、米ニューヨーク・タイムズは公文書や証言を基に、米中央情報局(CIA)が50〜60年代、自民党に巨額の資金を提供していたと報じた。自民党が「報道は侮辱だ」と強く否定する中、岸井さんは直ちに評論家の立花隆氏らと座談会を開き、朝刊の2、3面をほぼ埋め尽くして多角的に分析してみせた。 米国の思惑と日米関係の闇。文書をきちんと保存する米政府と、それを発掘する米ジャーナリズム等々、座談会では現在につながるテー...
  • 日本がアブナイ!mew-run7さんのプロフィール
短足おじさんさん
  • 影響力のある存在がまた去っていきました。 とても残念です。 心よりお悔やみ申し上げます。 
  • 年秋、米ニューヨーク・タイムズは公文書や証言を基に、米中央情報局(CIA)が50〜60年代、自民党に巨額の資金を提供していたと報じた。自民党が「報道は侮辱だ」と強く否定する中、岸井さんは直ちに評論家の立花隆氏らと座談会を開き、朝刊の2、3面をほぼ埋め尽くして多角的に分析してみせた。 米国の思惑と日米関係の闇。文書をきちんと保存する米政府と、それを発掘する米ジャーナリズム等々、座談会では現在につながるテー...
  • 支離滅裂でも真実を短足おじさんさんのプロフィール
アンダンテさん
  • 下諏訪温泉「みなとや旅館」2あれこれ
  • た作家たちから贈られた本お宿の写真集より女将に直接 お聞きした話によると…誰よりも格好良かったのは白洲次郎軽井沢の別荘からポルシェで来たそうです天真爛漫な岡本太郎頭の中を覗いてみたいと思った人永六輔・立花隆・ヨシイさん(銀座の画廊のオーナー残念ながらアンダンテ判らず)だそうで 何故?と問うと知識が半端なく いつでもそれを取り出せたから…だそう 90歳という女将の引き出しも半端なかったです小林秀雄と白洲正...
  • アンダンテ あっち行ってホイアンダンテさんのプロフィール
アンダンテさん
  • 下諏訪温泉「みなとや旅館」風情あるお宿
  • ) 午後 6:40諏訪湖畔のハーモ美術館に日帰りする予定だったが「みなとや旅館」を写真集で知り一泊することに調べてみると古くは高浜虚子など歌人や白洲次郎・正子夫妻はじめ 岡本太郎小林秀雄永六輔小沢昭一立花隆 などが常連だったらしい興味をそそられる…入り口全5室のこじんまりした宿そしてここは甲州街道と中山道の合流地点右 甲州街道左中山道の道しるべ宿の下駄にも左右 別の街道名が昔ながらのお帳場温泉は「庭湯」...
  • アンダンテ あっち行ってホイアンダンテさんのプロフィール

立花隆を含むトラコミュ

猫の本、猫の映画、猫雑誌〜ネコが好き〜
  • 猫の本、猫の映画、猫雑誌〜ネコが好き〜
  • 登場人物はネコ。主役でなくても脇役でもいいよ。小説家や作家は何故か猫が好き?(大佛次郎〜吉本隆明〜立花隆等々)猫好きな人や猫萌えな人、よっといで。映画や本、雑誌...
  • トラックバック数:34 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:猫ブログ
立花隆さん
  • 立花隆さん
  • 評論家:日本の知性:立花隆さんに関するコミュです
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:哲学・思想ブログ

立花隆を含むブログ村メンバー

  •  
ぼくらの頭脳の鍛え方さん
立花ゼミ生さん

立花隆を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

立花隆について