立花隆

立花隆についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [立花隆] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

立花隆を含むブログ記事

にこにこさん
  • アウトプットの基本法則2
  • にもインプットをすることが必要です。インプットとアウトプットを繰り返すことで自己成長できます。「絶えざるインプットによって蓄積され形成された豊かな個性的知的世界こそが、良きアウトプットの土壌である」−立花隆ーらせん状のサイクルは延々と続きますが上昇スピードは結構緩やかです。記憶力は爆発的には上がらない事だと解釈します。しかし続けていけば少しづつ上昇することができる。だから繰り返しインプットとアウトプット...
  • hibinoblogのブログにこにこさんのプロフィール
小浜逸郎・ことばの闘いさん
  • 静かな侵略
  • ップ |このブログの人気記事言葉の虚構性と実体化作用誤解された思想家たち・日本編シリーズ(15)――吉...角栄の政治家魂を復権させよう森友学園問題は財務省の陰謀?高橋洋一VS三橋貴明日本虚人列伝――立花隆(その1)誰が実権を握り、日本を亡国に導いているか安倍政権20の愚策(その3)誤解された思想家たち・日本編シリーズ13――石田梅...「非行」としての保守――西部邁氏追悼最近の画像[もっと見る]静かな...
  • 小浜逸郎・ことばの闘い小浜逸郎・ことばの闘いさんのプロフィール
仏光さん
  • 心は次元の旅人
  • の心ができているとは思えないからです。身体を形成しているのはDNAだけれども、心は全く別のところからやって来てると思います。 こう考えるとこのご婦人が言っていた話も納得がいくのですね。ジャーナリストの立花隆さんが書いている臨死体験の本を見ても、死んでから以降も心はエネルギー体として残り、それがまた違う肉体に宿って輪廻転生していくことが書かれています。私はほぼ毎日除霊などをして目の前で見ている現象を客観的...
  • 仏光さんの心の相談室仏光さんのプロフィール
toikimiさん
  • ユングの臨死体験
  • 受容)」で有名なエリザベス・キュブラー・ロス博士の本を読むうち、さらに広範囲に知りたくなり、たどりついたのが、立花 隆 著『臨死体験〈上・下〉』(文春文庫)でした。臨死体験〈上〉 (文春文庫)作者: 立花隆出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2000/03/01メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 23回この商品を含むブログ (32件) を見る【内容】まばゆい光、暗いトンネル、亡き人々との再会──...
  • かきがら掌編帖toikimiさんのプロフィール
キャットさん
  • 植物
  • まだ日本人ノーベル賞受賞者が少なかった時代のこと。医学生理学賞を受賞した利根川進氏は、立花隆氏によるロングインタビューをまとめた本「精神と物質」で、「古典的な博物学は、学問とは言えない」「今、生物学の主流は分子生物学だ」と語っていた。(分子量を求めるすべすらない昔、できる学問は限られているの...
  • 中学受験のぼやき2019キャットさんのプロフィール
未来ドアさん
  • 「文藝春秋」芥川賞掲載、野球清原の独白あり
  • 「文藝春秋」芥川賞掲載、野球清原の独白あり 清原はなぜか悲しい人生だ。 やっぱり、ネット社会になると思うけど、顔割れしてない方がいいよね。有名って面倒でしょ。文藝春秋2018年9月号【電子書籍】[ 立花隆 ]900円楽天...
  • 未来ドア 芸術情報総合ブログ未来ドアさんのプロフィール

立花隆を含むトラコミュ

猫の本、猫の映画、猫雑誌〜ネコが好き〜
  • 猫の本、猫の映画、猫雑誌〜ネコが好き〜
  • 登場人物はネコ。主役でなくても脇役でもいいよ。小説家や作家は何故か猫が好き?(大佛次郎〜吉本隆明〜立花隆等々)猫好きな人や猫萌えな人、よっといで。映画や本、雑誌...
  • トラックバック数:34 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:猫ブログ
立花隆さん
  • 立花隆さん
  • 評論家:日本の知性:立花隆さんに関するコミュです
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:哲学・思想ブログ

立花隆を含むブログ村メンバー

  •  
ぼくらの頭脳の鍛え方さん
立花ゼミ生さん

立花隆を含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

立花隆について