鹿鳴館

鹿鳴館についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [鹿鳴館] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

鹿鳴館を含むブログ記事

きらこさん
きかなのさん
うるさん
  • 帰省準備中
  • 飼い主とうーちゃんは、明日から実家に帰省してきます。まだ何も準備できてないこちらはお土産清閑院 金胡麻と抹茶のせんべい鹿鳴館 恵みのしずく銀のぶどう シュガーバターの木うーちゃんは恵みのしずくが好きなのかなこの前は寝てるところを起こして早朝に出掛けたから、ごはん食べてなくて鳴きまくりだったので、明日はちゃんと食べてから出掛...
  • うりの出来事うるさんのプロフィール
カツQさん
  • 静嘉堂文庫・岡本民家園の緑の中を散策:旧小坂家別邸/多摩川テラスの武家屋敷門
  • いることでも有名です。(岩崎家納骨堂)この静嘉堂文庫の庭園内には、岩崎家の納骨堂である廟があります。  この廟は、本ブログでたびたび出てきたイギリス人の建築家ジョサイア・コンドルの設計によるものです。鹿鳴館の設計で知られるジョサイア・コンドルは、三菱グループの迎賓館となっている開東閣(御殿山散策(1)">御殿山散策(1)を参照して下さい)、丸の内にある三菱一号館(丸の内・八重洲のちょっと知らない史跡・見...
  • 「踏ん張り投資」と「東京散歩」カツQさんのプロフィール
由美さん
  • 秋田の思い出
  • こわくび温泉?東北にはまだまだ味のあるいいお宿がいっぱいでした。秋田杉☆ 一枚板の廊下鹿鳴館をモデルにした階段。大正〜昭和初期の洋風建築いいです。こんな家に住んでみたい!こちらは朝ごはん。夜は川蟹フルコースをいただきました。お米はもちろん、北秋田のお料理は美味しいです。??もよし。数千円しか...
  • Fournil由美さんのプロフィール
六角堂さん
  • 華ひらく皇室文化 ☆明治150年記念☆彡京都文化博物館
  • 皇と皇室の波乱に満ちた時代から始まります。1869(明治2)年、明治天皇が東京へ移居し、天皇を中心とした近代国家の建設が進められますが、欧米と並ぶ文明国家をめざす明治政府は、欧米諸国との融和を図るため鹿鳴館や明治宮殿で外国使臣をもてなすなど欧化政策をとります。一方で江戸時代から続く日本独自の優れた美術・工芸を世界に発信するため、帝室技芸員制度を作り、その保護・育成にも努めました。京都から多くを輩出した帝...
  • 烏丸かわら版六角堂さんのプロフィール
別宮孝司さん
  • 条約改正史(主な外務卿・大臣7人就任順)
  • 催した。 ? 青木周蔵が、大津事件により外相を辞任した。 ? 大隈重信が、玄洋社の一青年により負傷させられた。 ? 条約改正会議において、日本国内を外国人に開放する「内地雑居」の提案がなされた。 ? 鹿鳴館が竣工した。 ア I→?→?→?→? イ ?→I→?→?→?ウ I→?→?→?→? エ ?→I→?→?→?オ I→?→?→?→?カ ?→I→?→?→?」(答:オ ※まず(???)→?→?がわかる。この...
  • DAIMAJIN-BOX別宮孝司さんのプロフィール
犬山にゃん太郎さん
  • ◇ 旧吉田町 香林堂(今井家)
  • 「越後の鹿鳴館」とも称される洋館内部らしいのだが。外観を撮るだけだったり、前を素通りなどで何度目かの旧吉田町香林堂になるけれど、一度も中へと入ったことはない。ともかく立派にここは民家であり、プライベートになるので公...
  • 冬来たりなば春遠からじ 2.0 Daily犬山にゃん太郎さんのプロフィール
良いとこ撮りさん
  • アラスカツアー2011年 ホテルアリエスカ
  • .【フル歌詞】"サザンカ" SEKAI NO OWARI /『NHK ...アラスカツアー2011年 アラスカ鉄道の車窓より琵琶湖で観た黒い鳥 オオバン尻尾が無い訳じゃなく。。。旧三笠ホテル 軽井沢の鹿鳴館と言われていたというエス小山さんのスペッシャルブラウニー焼きました朝摘みバラとジャネット暴風雨警報発令中 汗最近の画像[もっと見る]アラスカツアー2011年 ホテルアリエスカ35秒前アラスカツアー20...
  • 良いとこ撮り良いとこ撮りさんのプロフィール

鹿鳴館を含むトラコミュ

国粋主義
  • 国粋主義
  • 国粋主義(こくすいしゅぎ)とは、歴史や文化・伝統に裏付けられたその国の美点を他国よりも優れたものであるとし、それらに重きを置く国家体制を求める価値観・思想。国家...
  • トラックバック数:30 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:哲学・思想ブログ

鹿鳴館を含むブログ村メンバー

  •  
ふるさとさん
  • Welcome to Town of Pavilion ふるさとさんのプロフィール
  • 北米版「とび森」生活謳歌中!住民達を芸能人に例えたりして森生活を楽しんでます。QRコード配布してます。

にほんブログ村

>

キーワード

>

鹿鳴館について