相続財産

相続財産についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [相続財産] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

相続財産を含むブログ記事

横浜 弁護士山本安志さん
  • 夫婦で居住する家は生前贈与か遺言を書いておくべき
  • リックは有効です。)にほんブログ村16日発表された相続法の改正について配偶者の保護が図られることになっています。まず、生前贈与や遺言で、配偶者に居住用不動産を贈与ないし、遺言しておくと、居住用不動産は相続財産からはずれる。遺留分の請求もできない。このような贈与や遺言がなくても、居住用不動産については、居住権が認められ、亡くなるまで居住できる。という配偶者は、とても保護されることになります。でも、生前贈与か...
  • 横浜の町弁 山本安志の弁護士雑記横浜 弁護士山本安志さんのプロフィール
龍之介さん
  • 遺産分割民法改正案〜火に油を注ぐかも
  • tml/20180116/k10011291091000.html残された配偶者が引き続き住んでいる家に住めるようにする『居住権』を新設しようという案です。ニュースの事例だと相続人が配偶者と子供一人、相続財産が3000万円の家屋と5000万円の現金。従来の法定相続分だと2分の1づつで4000万円分け合うことになる。しかし配偶者がそのまま家に住みたい場合、家屋相続したら現金1000万円しかもらえない。問題が...
  • いつも心に太陽を 社労士・行政書士で活きる龍之介さんのプロフィール
新法人保険戦略考さん
  • 相続はとてもおそろしい?
  • とについて問題提起いたしました。遺言がない場合であっても、遺産分割協議による話し合いが全員一致でまとまるのならば、法定相続分(目安)どおりの分割ではなくても何も問題は生じません。しかしながら、すべての相続財産が仮に4,500万円ある中で、相続人である長男は土地建物3,000万円を一人で相続、次男と長女は残りの現金1,500万円を二人で分けて750万ずつ相続等といった現物分割による分割案ではなかなか納得でき...
  • 新法人保険戦略考 会社を守る社長を守る家族を守る〜新法人保険戦略考さんのプロフィール
西谷会計事務所さん
  • 【平成30年度税制改正大綱その4】
  • 億円から数百億円、株式評価額が数億円規模で業績に不安がなく、廃業懸念や後継者問題のない非上場の中堅企業の節税には役立つ制度だと思います。事業承継税制を説明する中小企業庁のパンフレットで登場する事例は、相続財産10億円、うち株式評価額7億円の事例です。相続税は累進税率ですが、相続財産が6億円超で最高税率の55%なわけで、世の中の多くの中小零細企業の社長の相続とはかけ離れている感があります。私自身、相続の件数...
  • 青森市の社長向けのブログ/中小企業の経営戦略西谷会計事務所さんのプロフィール
たそかれの散策さん
  • 相続と不動産問題 <民法改正案 相続、配偶者へ居住権>などを読みながら
  • 綱案の目玉は、自宅所有の夫婦の場合に一方の死亡後の配偶者の経済的利益を保護することに眼目があると言って良いのではないかと思います。一つは居住権保護、もう一つは自宅の贈与・遺贈という2種類の法的処理で、相続財産からある意味除外して、独立の権利に使用というのです。記事は<新設する居住権は、原則亡くなるまで行使でき、譲渡や売買はできない。評価額は、平均余命などを基に算出され配偶者が高齢であるほど安くなることが想...
  • たそかれの散策たそかれの散策さんのプロフィール
弁護士江木大輔さん
  • てるみくらぶ社長宅、700万押収…資産隠しか
  • なので,財産の隠匿に該当する可能性があるということになります。(詐欺破産罪)破産法第265条1項 破産手続開始の前後を問わず、債権者を害する目的で、次の各号のいずれかに該当する行為をした者は、債務者(相続財産の破産にあっては相続財産、信託財産の破産にあっては信託財産。次項において同じ。)について破産手続開始の決定が確定したときは、十年以下の懲役若しくは千万円以下の罰金に処し、又はこれを併科する。情を知って...
  • 弁護士江木大輔のブログ弁護士江木大輔さんのプロフィール
新法人保険戦略考さん
  • 社長の会社で3億円の保険に入る場合、保険証券は何枚ですか!?
  • が必要になるケースを想像してみてください。法人でかけ続けてきた保険を社長個人へ契約者変更(譲渡)して配偶者である奥様を受取人にする。このようなことで個人の相続対策として奥様に遺産分割協議不要な“みなし相続財産”として保険金を残すことができる。あるいは、契約者および保険金受取人を将来の後継者である長男へ契約者変更(譲渡)すれば、一時所得として保険金を残すことができる。なお一時所得の場合は、そもそも最初から相...
  • 新法人保険戦略考 会社を守る社長を守る家族を守る〜新法人保険戦略考さんのプロフィール
綾小路ひみこさん
  • 京都占い
  • _panel …  Kyoto Shjjou street in Japan.near Karasuma secton.★籍の入っている夫婦の住居は、近く遺産相続税対象から外され夫婦の間での所有では、相続財産の合計資産額から外されます。Conjugal dwelling with membership will be removed from an inheritance tax target soon....
  • 魔法使いのブログ綾小路ひみこさんのプロフィール
しまいびとさん
  • 借金を相続しないために
  • 独で行うことができます。この例でいうと、息子のうち一人は、おそらく借金の方が多いだろうからと放棄し、もう一人は、いやいや借金の方が少ないだろうと相続することが可能です。また別の方法もあります。プラスの相続財産を使って、まず借金を返済し、万が一、その遺産が余った場合だけ相続し、万が一、まだ借金の方が多いときは放棄する、といった手法です。これを『限定承認』といいます。とてもいいように聞こえますが、これには一つ...
  • しまいびとしまいびとさんのプロフィール
名古屋市の弁護士 森田清則さん
  • 信託の優位性〜成年後見制度・遺言との関係
  • あっても、遺言能力や、「口授」の要件の具備などでその有効性が争われることがあります。  また、成年後見人は成年被後見人の財産の管理処分権を有することになりますが、被後見人が遺言でその処分を指定していた相続財産についてもその管理処分権が及び、被相続人の意思が達成できない弊害についても指摘されています。  さらに、成年後見制度信託の対象となった財産は、受託者である信託銀行の所有となり、相続財産ではなくなり、遺...
  • 名古屋市の弁護士 森田清則名古屋市の弁護士 森田清則さんのプロフィール

相続財産を含むブログ村メンバー

  •  
hayajimuさん
萩原健志 税理士事務所さん
しのさん
  • 行政書士篠塚事務所/FPワークスしのさんのプロフィール
  • 遺言作成、相続手続きをメインに、農地転用、建設業許可、創業支援、会計記帳代行等取り扱っております。

にほんブログ村

>

キーワード

>

相続財産について