相続財産

相続財産についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [相続財産] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

相続財産を含むブログ記事

おびちゃんさん
  • 代償相続では保険金の受取人を誰にする??
  • なりました法定相続分を超えた財産を相続する相続人との相続分の差を埋めるための生命保険の加入なのに、なぜ相続分の少ない相続人が保険金の受取人になってはいけないのか??代償相続では、一旦、特定の相続人が全相続財産を相続し、その財産の中から、全相続人が平等に相続できるよう代償金を渡すといった相続方法となります(*^ー^)ノつまり、代償相続を選択するのであれば、みなし相続財産である死亡保険金もひとまず、特定の相続...
  • 世界一わかりやすい?!相続知識配信BLOGおびちゃんさんのプロフィール
(相続PRO)相続手続支援センター®さん
  • 723.生前贈与
  • 合意があって成り立っています。そのため、お互いが納得していることが前提です。例えば、内緒で父親からお子様名義の口座に預金を積んでいた場合、お子様への贈与とはみなされず、税務上、「名義預金」として父親の相続財産として課せられることがあります。せっかく「贈与」をしたと思っていた預金も、財産をもらった人が財産を自分で所有や管理をしながら自由に使える状態にないと税務上では贈与とはみなされなくなってしまうのです。そ...
  • (相続PRO)相続手続支援センター®スタッフブログ(相続PRO)相続手続支援センター®さんのプロフィール
相続税すごく好きさん
  • 貸地・借地がある場合の相続税評価額の計算方法
  • 相続財産の中には、現金や預金のほかに土地があることもしばしば。しかし、土地は権利関係が複雑で、その評価額の計算や相続税の計算もややこしくなります。ここでは、いくつかのケースをあげて、相続税評価額の計算方法を解...
  • 遺産相続税 | 税理士相談カフェ相続税すごく好きさんのプロフィール
kt01mkさん
  • 2級学科201709問題55
  • 者が、契約者(= 保険料負担者)および被保険者を被相続人とする生命保険契約に基づいて受け取った死亡保険金は、相続税の課税対象となる(相続税法第3条第1項第1号)。2. 相続または遺贈により財産(みなし相続財産を含む)を取得しなかった者が、その相続開始前 3年以内に被相続人から暦年課税による贈与により取得した財産は、相続税の課税対象とならない(相続税法第19条第1項)。3. 被相続人に対する給与のうち、相続...
  • ...というわけでkt01mkさんのプロフィール
富山マネジメント・アカデミーさん
  • アメリカと中国の個人消費市場と日本の劣化
  • ある。しかも、貯蓄性向が低く、リスクのある投資市場へのマネーへの流入がある。このような循環構造は、世界経済をアメリカが牽引する動力となる。中国の消費市場は、政府の政策により、住宅の個人所有制と市場性、相続財産制を基軸に展開したので、国家的なリスクは不動産にかかわる不良債権が懸念される。しかし、ここに来て、国家的なリスクを伴わない「日常雑貨市場」が膨大な人口数に応じて、爆発的な需要が需要を生み出すことで、国...
  • 富山マネジメント・アカデミー富山マネジメント・アカデミーさんのプロフィール
中小企業のホームドクターさん
  • 民法と相続税法における相続財の違い〜名義財産とみなし相続財産を例にして
  • 業の「ホームドクター」起業支援、中小企業,NPOの強い味方!!安村税理士オフィスブログトップ記事一覧画像一覧土地・建物の譲渡所・・・ »民法と相続税法における相続財の違い〜名義財産とみなし相続財産を例にして2017-11-17 05:25:15NEW !テーマ:税理士 相続税の計算。民法を前提にしてやるのは確かなのですが、両者の考え方には、違いがある場合があります。前者は私的権利義務の公平を図...
  • 中年税理士独立開業奮闘記中小企業のホームドクターさんのプロフィール
鹿児島の身近な司法書士 藤原司法書士事務所さん
  • 相続人と遺族の違い1165
  • うございます。柏・藤原合同事務所(藤原司法書士事務所)http://fujiwarahoumu.lolipop.jp/index.html?0120-996-168遺産分割、相続放棄などの相続手続き、相続財産調査その他相続に関するお悩みをお持ちならお気軽にご相談くださいませ!債務整理等もその他養育費に関する随時相談受付中!行政書士との合同事務所なので幅広い相談に対応しております!相談だけなら料金は掛かりま...
  • 相続人と遺族の違い 藤原司法書士事務所鹿児島の身近な司法書士 藤原司法書士事務所さんのプロフィール
いい相続.comさん
  • 相続対策「何もしていない」が8割強
  • 全国で展開しているハイアス・アンド・カンパニー(株)は、このたび、「相続に関する意識調査2017」を男女1210名に実施した。調査期間は2017年10月10日〜10月19日。それによると、想定相続人(相続財産を受け取る側)に配偶者と子どもが含まれる回答者の相続資産に対する考えでは、「出来る限り子どもには残したい」(39.9%)が最も多く、次いで「出来る限り配偶者には残したい」(25.9%)、「出来る限り自...
  • 大阪の土地家屋調査士、和田清人のいい相続な日々いい相続.comさんのプロフィール
所長(Y税理士)のひとりごと・・・さん
  • 本当に嬉しい出来事・・・
  • にご主人が亡くなられたとのこと。なにをどうしたらいいかわからないので相談に乗ってほしいという相談。具体的に具体的に勧めるべき事柄を順を追ってご説明させていただいた次第。お持ちいただいた資料であらあらで相続財産を計算したところ、基礎控除を超える財産に。相続財産の把握をまず行う必要がある旨を伝え、その後その遺産の分割について相続人全員で協議するための予定を立てていただくようお願いしたところ、ぜひ、その手続きは...
  • 所長(Y税理士)のひとりごと・・・所長(Y税理士)のひとりごと・・・さんのプロフィール
ソフィーさん
  • 4年目(2012年)
  • なくてはなりません。その上、後妻が(母が亡くなってから10年後の79歳で父が再婚した)遺言書を不服として裁判を起こしてきたのです。相続税相続税のことを税理士に相談したところ、納税に係る申告書類作成が、相続財産の10%とのこと。相続財産は、現在私が住んでいる土地(相続時精算法で生前贈与)、父が後妻と住んでいた土地建物、賃貸マンションの土地建物(建物は同じく私に生前贈与)生前贈与分も相続財産に入れて計算します...
  • おばさんでもできる!長期投資の世界へようこそ!ソフィーさんのプロフィール

相続財産を含むブログ村メンバー

  •  
萩原健志 税理士事務所さん
hayajimuさん
しのさん
  • 行政書士篠塚事務所/FPワークスしのさんのプロフィール
  • 遺言作成、相続手続きをメインに、農地転用、建設業許可、創業支援、会計記帳代行等取り扱っております。

にほんブログ村

>

キーワード

>

相続財産について