芭蕉

芭蕉についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 目の不自由な人には筋の通った意志の強さを感じる
  • '15年5月7日(木)[芭蕉] ブログ村キーワードこのブログの管理人は耳鼻科に週1回治療に、眼科には月1回経過観察に通っている。耳は耳管狭窄症に起因する難聴で、目は加齢性黄斑変性症である。人は情報の8割を目から得ているという。しかし、耳からの情報がなかったら、大分、独りよがりの生き方になるような気がする。日経新聞のコラム春秋は新緑の5月とそれを見ることができなかった鑑真和上のことを書いていた。いつのまにか立夏・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

芭蕉を含むブログ記事

KとNさん
  • あおちゃんが好きなあっき&芭瑠
  • お掃除中に自由にさせておくとWであおちゃんをガン見するあっき&芭蕉。上から見る。とにかく見る。やめなさい、嫌われるよ。芭瑠に追い払われたので自由にしているあっき。またカゴに張り付いてる。...
  • ねぇねとあっきっきKとNさんのプロフィール
芳瑩さん
ピヨ子さん
  • 【荒川区】素盞雄神社
  • 囲気で、「御朱印はここでいいのかな?」と迷いましたが、中へ入り、玄関の近くにいたお姉さんに声を掛けたところ、快く受け付けてもらえました。「書置きのものになりますがよろしいでしょうか?」ということと、「芭蕉のスタンプはどうなさいますか?」ということを確認をされました。せっかくなので両方頂くことに。初穂料は「お気持ちで」とのこと。相場の300円を支払いました。御朱印の用紙は半紙ではなく、まるで画用紙?少し...
  • お散歩写真部、ピヨ子さんのプロフィール
すずめのどんぐりさん
  • かぶのそぼろ煮
  • れを聞いて あわてて男の子用のスノーウエアを買いに行ったんですが、 もう出番なさそう。 一度も袖を通さないまま 春を迎えて サイズアウトしていくのかとおもうと・・・・・行く春や鳥蹄き魚の目は泪 (松尾芭蕉) ああ、6,000円・・・・・来る日も来る日も 畑の野菜の消化に追われていることにむなしくなって、 JAのやってる市場へ行ってきました。白菜、 ねぎ、 だいこんしかなくて・・・・・・・ うん、 そり...
  • すずめのどんぐりすずめのどんぐりさんのプロフィール
花日和さん
  • 捜神記 其之二十五
  • ムさま@夙違さまの出番がなかったので、私のモチベーションがダダ下がってました(笑)前回...香葯たち4人が、紅鸞の形見を探して術の掛かった迷いの森の中を彷徨っていて深い霧で動けず食料も無いので、羅刹の芭蕉扇で王城に帰ったところまででした...そして続き...再び迷いの森に戻るために保存食料を作っているお母ちゃんに香葯が 「伏羲の腕にキレイなウロコがあった」 と言ったら様子がおかしくなるお母ちゃん......
  • 花日和花日和さんのプロフィール
はじけ猫さん
  • 梅一輪・・・
  • 梅一輪 一輪ほどの 暖かさという、有名な句をご存知の方も多かろう。作者は、服部嵐雪(はっとり・らんせつ)さんという、江戸時代の俳諧師。松尾芭蕉の最古のお弟子さんで、蕉門十哲のひとりなんだって。(興味のあるオトモダチは調べてみよう!)で。本日の東京。最高気温、桜が咲いちゃうぞ、な15度!!(まさかぁ〜)ちらほら、早咲きの梅がほころび始めました...
  • 続花とワインのある生活はじけ猫さんのプロフィール
貢蕉の瞑想さん
  • 霧濃き多摩川と神炊館の芭蕉
  • 霧濃き多摩川と神炊館の芭蕉2018-01-18 08:16:39 |日記霧濃き多摩川と神炊館の芭蕉平成30年1月18日(木) 朝霧が凄い!何年ぶりか?朝霧青梅だ。 そして、朝霧深霧多摩川!これが堰の上手。堰の下手。 今日は暖か...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
風のyo-yoさん
  • 鳥啼き魚の目は泪
  • よって、琵琶湖は魚とともに、目に見えない底の方から死んでいく。そんなことを知ったあとで、今日の水は心なしか少ししょっぱい。魚たちの涙が混じっているのかもしれなかった。「行く春や鳥啼き魚の目は泪」(松尾芭蕉『奥の細道』より)『コラム』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet...
  • 風の記憶風のyo-yoさんのプロフィール
yo-yoさん
  • 鳥啼き魚の目は泪
  • 、琵琶湖は魚とともに、目に見えない底の方から死んでいく。そんなことを知ったあとで、今日の水は心なしか少ししょっぱい。魚たちの涙が混じっているのかもしれなかった。   「行く春や鳥啼き魚の目は泪」(松尾芭蕉『奥の細道』より)...
  • 遊泳する言葉yo-yoさんのプロフィール
意志による楽観主義のための読書日記さん
  • 京都謎解き散歩 井本伸廣、山嵜泰正 ***
  • 宇治茶の生産地だという。この他にも、京都に関係する歴史上の人物、小野篁、小野小町、安倍晴明、酒呑童子、源融、紫式部、清少納言、和泉式部、藤原俊成、鴨長明、兼好法師、千利休、本阿弥光悦、出雲の阿国、松尾芭蕉、与謝蕪村、与謝野鉄幹・晶子。行事寺社では壬生狂言、葵祭、祇園祭、大文字送り火、鞍馬の火祭りと鬼退治、伏見稲荷、空海最澄と乙訓寺、坂上田村麻呂と清水寺、菅原道真と天満宮、一遍上人と絵伝、法然の教え、フ...
  • 意志による楽観主義のための読書日記意志による楽観主義のための読書日記さんのプロフィール

芭蕉を含むトラコミュ

奥の細道紀行
  • 奥の細道紀行
  • 松尾芭蕉の歩いた下野路を写真で紹介。栃木県内に残る芭蕉の句碑も紹介しています。
  • トラックバック数:43 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
伊賀
  • 伊賀
  • 伊賀市は、三重県北西部に位置する都市である。伊賀市は、2004年(平成16年)11月1日に上野市、阿山郡伊賀町、阿山町、大山田村、島ヶ原村、名賀郡青山町の6市町村が合併(...
  • トラックバック数:94 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ
なばばの里
  • なばばの里
  • なばなの里(なばなのさと)は、三重県桑名市長島町駒江にある長島観光開発株式会社の運営するナガシマリゾートの一部。里内には8店舗のレストランがあり(長島地ビール園...
  • トラックバック数:15 TB参加メンバー数:9人カテゴリー:花・園芸ブログ
長野市のブロガー集まれ
  • 長野市のブロガー集まれ
  • 長野市をベースにしたブログのトラコミュとして、発展してゆくと嬉しいっす。誰もが知っている善光寺さん、松代の武家屋敷群、武田信玄・上杉謙信が戦った川中島古戦場、パ...
  • トラックバック数:26 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

芭蕉を含むブログ村メンバー

  •  
寅次郎さん
por93さん
ばしょうもどきさん
青海(オウミ)さん
和楽園さん

芭蕉を含むアンケート&掲示板

  •