一休禅師

一休禅師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一休禅師] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一休禅師を含むブログ記事

tttomgonさん
  • 人魚図
  • ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村«ま心を君に |トップ |このブログの人気記事川姫片輪車片膝を抱いて座る橋姫 2青女房百々爺地獄太夫と一休禅師と骸骨つのくじらair journey地獄太夫と一休と骸骨最近の画像[もっと見る]人魚図3分前ま心を君に7日前でんでけでんでん2週間前嵐を呼ぶ雪だるまさがし3週間前air journey4週間前ガリバ...
  • TTと無言のニッキtttomgonさんのプロフィール
泉原豊さん
  • 酬恩庵一休寺、一休禅師と語らう。
  • 号泣した。彼女は’日本に縁のある大女優だけれど、このお寺で、アニメ「君の名を」体験をしている。それはさておき、大人になって訪れる一休寺は美しかった。茶室、お庭、庭園も清潔で美しい。空気がとにかくいい。一休禅師と語らう。子供の頃ここでよく遊びました。親族の名前を告げる。しばらく話をしていたら、お前は僧になるつもりはないのか?素質?がある。まだ俳優でやりたいことがあります。足を崩させていただく。謝り、胡座をか...
  • YUTAKAの撮影日記。泉原豊さんのプロフィール
T.OKDさん
  • 京田辺市、城陽市の寺社
  • 町時代の1448年に建立されたそうで結構古い。立派な門構えもある。社務所にて御朱印をいただく。水度神社 鳥居水度神社 拝殿水度神社 本殿水度神社の御朱印再び京田辺市に戻り、今度は酬恩庵一休寺へ。ここは一休禅師が堂宇を再興し晩年を過ごし、遺骨もこちらに埋葬されているということで、一休寺と呼ばれている。また一休禅師は後小松天皇の血を引くとあり、「後小松天皇皇子 宗純王墓」として宮内庁管理の札も立っている。一休...
  • 寺社巡りと御朱印収集T.OKDさんのプロフィール
カルムメゾンさん
  • 自宅稽古(2)と一休寺月釜
  • 早めに宝物館も開けて下さり、寒山拾得の        軸、佐川田昌俊のお軸、登竜門のお軸・・・修行しても        龍に成れるのはごくわずか、禅の道の厳しさをお軸に        してありました。一休禅師の文字で。        やはり台風の爪痕があり、古刹の維持管理は大変と        伺われました。  ...
  • 日々是好日(お茶とゴルフ)カルムメゾンさんのプロフィール
tttomgonさん
  • ま心を君に
  • 年09月12日 |Weblog。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村«でんでけでんでん |トップ |このブログの人気記事川姫片輪車地獄太夫と一休禅師と骸骨つのくじら青女房船幽霊髪長女首釣り柳闘屁合戦幽霊とか最近の画像[もっと見る]ま心を君に3分前でんでけでんでん1週間前嵐を呼ぶ雪だるまさがし2週間前air journey3週間前ガリバートンネルw...
  • TTと無言のニッキtttomgonさんのプロフィール
宗恒の茶庭さん
  • 現代にも通じる利休七則
  • 人は「そんなことなら分かっています」と不満そうに言いました。 そこで利休は「そう思うなら私が今言ったとおりにして茶に呼んでください。その心得が出来たら私はあなたの弟子になりましょう」」と切り返します。一休禅師の軸に《諸悪莫作衆善奉行 しょあくまくさしゅうぜんぶぎょう》というのがあります。悪いことはしてはいけない、良いことをしなさいという意味です。 これは子供でも分かってはいますが、実践するのはなかなか難し...
  • 宗恒の茶庭宗恒の茶庭さんのプロフィール
coaching2018さん
  • なんとかなる〜一休禅師の言葉
  • にほんブログ村 こんにちは 夢を実現させるために常にあなたと向き合っていくコーチング Tête à tête(テタテットゥ)です。 ■一休禅師の言葉■大丈夫だ、心配するな、なんとかなる。 とんち(頓知)で有名な一休さん。日本のテレビアニメでも有名ですが、実は室町時代、臨済宗(禅宗)の僧侶、一休宗純(いっきゅうそうじゅん)の言葉。 中々の言葉...
  • パティシエコーチ テタテットゥcoaching2018さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

一休禅師について