一休禅師

一休禅師についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一休禅師] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一休禅師を含むブログ記事

tttomgonさん
  • 最高気温は、
  • した?。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村«扇風機つきです。 |トップ |このブログの人気記事地獄太夫と一休と骸骨玉藻前橋姫 2地獄太夫と一休禅師と骸骨百々爺肉吸闘屁合戦川姫片膝を抱いて座る片輪車最近の画像[もっと見る]最高気温は、2分前扇風機つきです。6日前この暑さに…7日前4メートルが限界4週間前余裕w1ヶ月前第2弾1ヶ月前隊長死す2ヶ月前...
  • TTと無言のニッキtttomgonさんのプロフィール
Ritsukoさん
  • ・・・夜もすがら仏の道をたずぬればわが心にぞ尋ね入りぬる(一休)夜を徹してま...
  • ・ ・ ・ 夜もすがら仏の道をたずぬれば わが心にぞ尋ね入りぬる(一休) 夜を徹してまでも仏の光明を探し尋ねてまわってみたが、結局それは自分の中にあった。 という一休禅師の詩。 ・ ・ ・ #アーユルヴェーダサロンサンドーラ #一休さん #一休禅師 #一休宗純 #仏の光明は #自分自身の内にあった #仏教 #仏眼セラピスト #アーユルヴェーダセラピスト #スピリチュア...
  • 札幌のアーユルヴェーダサロン ≪Cand-ra≫Ritsukoさんのプロフィール
市堀玉宗さん
  • 裸のお坊様?!
  • 緑陰に仏の遊びしてゐたる 玉宗一休禅師の逸話に金襴のお袈裟に惑わされる民衆の愚を諭されているものがあった。お袈裟の色に迷わされるのはいつの時代も同じなのかもしれない。見栄えよき有難いものを求めたがる一般の心理がだれにでもある。翻ってお坊さ...
  • 再生への旅市堀玉宗さんのプロフィール
うまりーのさんさん
  • 京都・建仁寺の塔頭 両足院の半夏生の庭はちょうど見頃でした。
  • 6月17日(日)あの大阪北部地震の前の日です。うまりーのさんは東京からみえた散歩の会Opus1の皆さんを京都駅で出迎え早速行ったのは建仁寺。まずは、建仁寺の塔頭・霊源院 一休禅師や甘茶の庭甘露庭で有名なところです。ところがこの日は、法要のため公開は午後から…。うまりーのさんは以前、京の冬のグルメ旅で訪れていますがその時は、アジサイに似た甘茶はもちろんは枯れていました。その時の...
  • うまりーのさんのグルメ旅散歩うまりーのさんさんのプロフィール
交通事故むちうち労災整骨院|武庫之荘名倉堂接骨院さん
tttomgonさん
  • 扇風機つきです。
  • 日 |Weblog。ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村«この暑さに… |トップ |このブログの人気記事地獄太夫と一休と骸骨青女房地獄太夫と一休禅師と骸骨玉藻前闘屁合戦人魚を高い高〜いする河童百々爺この暑さに…片膝を抱いて座る片輪車最近の画像[もっと見る]扇風機つきです。4分前この暑さに…1日前4メートルが限界3週間前余裕w4週間前第2弾1ヶ月前...
  • TTと無言のニッキtttomgonさんのプロフィール
tttomgonさん
  • この暑さに…
  • ジャンル:ウェブログランキングに参加中。クリックして応援お願いします!にほんブログ村«4メートルが限界 |トップ |このブログの人気記事地獄太夫と一休と骸骨玉藻前肉吸川姫橋姫 2地獄太夫と一休禅師と骸骨座る、両手上げてる百々爺鬼一口青女房最近の画像[もっと見る]この暑さに…4分前4メートルが限界3週間前余裕w4週間前第2弾1ヶ月前隊長死す1ヶ月前相手のゴールにボールをシュゥゥゥッ!2ヶ月前カラ...
  • TTと無言のニッキtttomgonさんのプロフィール
さちりんさん
  • 家族のこと…
  • かもしれませんが、 集合体の一部の様に思うと、がん細胞をやっつけるNK細胞のような役割が死刑制度のようにも思える。 まあ、今一時的にそんな気になっているだけなのかもしれないけれど。 本当の自分の死には一休禅師のように死を受け入れられずもがくかも知れません。 それもまた人間。...
  • Sachirin's diaryさちりんさんのプロフィール
テンコさん
  • 酬恩庵一休寺のお庭
  • または非公開の庭など 合計5つもあることを知りました。( ..)φメモメモ画像を探してたら2枚、2009年9月撮影、もう9年も経ってました。┐('v`;)┌ 方丈南庭平庭式枯山水庭園背後にある建物は 一休禅師の御廟、その隣(檜皮葺屋根)は 一休さんが住まわれていた建物(虎丘庵) 虎丘庵は京都東山にあったものを 応仁の乱の時移築。奥の山々と手前の白川砂の無の空間、加えてサツキの植栽が 柔らかな風情を出してい...
  • 日々の雑記帳テンコさんのプロフィール
sokoさん
  • 妙勝寺2
  • 大応国師の開かれた妙勝寺であるが広大な伽藍をもち多くの修行僧がいたらしい。しかしながら元弘の乱によって荒廃をした。そのまま時は流れ一休禅師が63歳の時にこちらの地に開山堂をつくり国師の木像をまつった。そこから師の恩に酬いると意味をこめて酬恩庵とされたのであった。しかし開山堂の歴史はここで終わらない。明治大正昭和と廃仏棄釈など仏教界はたい...
  • 徒然日記sokoさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

一休禅師について