右側通行

右側通行についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [右側通行] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

右側通行を含むブログ記事

あめぶらさん
  • ショートな駄文・ここでも東西格差
  • め、自然と、動きたくない人が左に立つのが習慣になったのではないか、とのこと。 なんで江戸の町は左側通行だったのか? それは武士の町だったからだ。 武士は、左の腰に大小、つまり刀を差して歩く。その状態で右側通行だと、どうなるか? 武士同士がすれ違った時、刀の鞘の切っ先同士がぶつかり合ってしまい、「おのれ、無礼者!」「なんだと、そちらこそっ!」ってな感じの刃傷沙汰に発展しかねないからである(実際、そんな事例も...
  • 我が家のお猫様の優雅な毎日あめぶらさんのプロフィール
@部員ひとり@さん
  • 【旅行】伊勢神宮の旅 2018年9月17日
  • は行けないんです。五十鈴川(いすずがわ)宮川水系の一級河川。つまり神聖な川です。祝日(敬老の日)ということで、参拝者で多いですね。宇治橋鳥居です。宇治橋は神の世界への入り口です。もちろん真ん中は歩かず右側通行!川の中にある柱は上流からの流木から宇治橋を守るための『木除け杭』玉砂利を歩きながら、清められます!僕の心が!『神苑』這松の緑が清しい神聖な庭園です。木の柵で囲まれた松は大正天皇が皇太子の時にお手植え...
  • こちら旅ポタ系自転車部@No Bicycle No Life!@部員ひとり@さんのプロフィール
のっちさん
  • KRLジャボタベック マンガライ 2016.9ロンボク・ジャカルタ旅行(11・終)
  • 駅。元東京メトロ05系。2018年現在、引退している。これより古い東急8500系やメトロ5000系が走っているのに、早期引退。転線しながらマンガライへ向かう元東京メトロ6000系。インドネシアの鉄道は右側通行。マンガライ駅構内。元JR205系と203系。日本ではVVVF制御が主流だが、こちらへ移籍した車はチョッパ制御、界磁制御が主流。日本の種車がなくなったら、どうするんだろう。乗降中の元東京メトロ6000...
  • 西訪旅游〜プーケット・ピピ島・諸々旅ブログ〜のっちさんのプロフィール
おのさん
  • 『百年泥』
  • 良くも悪くも夢のようであったように思われる。あるいは当時の私から見れば、今の私のほうが夢のような可能性だけの存在である。一度、道路を横断中、とばしてきた車にはねられそうになったことがある(インドは車が右側通行なので、左右確認を間違えやすい)。運転手に「パーガルホー(馬鹿野郎)!」ど怒鳴られた。あの時死んでいたら、今はどうなっているだろう。無限にある可能性の中のひとつに過ぎない現実。洪水の後のアダイヤール川...
  • 寺日誌おのさんのプロフィール
HARUさん
  • 青森 岩木山
  • 度パノラマの素晴らしい山頂です。岩木山神社の奥宮が祀られています。晴れた日には北海道まで見渡せるようなのですがうーむ、霞んで見えませんね。さて、降りましょうか(ハヤッガレガレで危ないですからね、基本は右側通行です。下りもなかなかのシンドさ。。。13:30 九合目からロープウェイで八合目駐車場に戻ってきました。お疲れ様でした。往復1時間半のお手軽百名山ですね!その割には疲労感がすごいのですが気のせいですよね...
  • 海山ビール戦記HARUさんのプロフィール
スパニッシュ・オデッセイさん
  • コスタリカ 2018年(9)San Miguel から Guápiles へ
  • cute;piles 方面への道に入る。すいすい走って、地図の赤丸印の道路と合流する地点(intersección)にやってきた。  ここからが大変なのである。コスタリカは米国同様、車は右側通行なので、右折はあまり問題ないが、交通量が多い道での左折は大変である。赤丸印の道は幹線道路で Autopista と呼ばれている。小学館『西和中辞典』には「高速道路、自動車専用道路」と訳されている。確か...
  • スパニッシュ・オデッセイスパニッシュ・オデッセイさんのプロフィール
こやじさん
  • ラウンドアバウト って知っていますか?  No2703
  • 点の一種である。3本以上の道路を円形のスペースを介して接続したもので、この円形のスペースの真ん中には中央島と呼ばれる、円形の通行できない区域がある。車両はこの中央島の周りの環状の道路(環道)を一方向(右側通行なら反時計回り、左側通行なら時計回り)に通行する。円形道路の交差点をあらわす単語にロータリー交差点(円形交差点)もあるが、本項では特に断らない限り、ラウンドアバウト(環状交差点)とは環状の道路に信号や...
  • ぼんち揚げのつぶやきこやじさんのプロフィール
宝生直さん
  • 自由散歩☆のパオパオ君
  • す。今度はのっしのっしと歩きます。 線路が見えて来ました。 どんどん近づいて…そのまま、のっしのっし歩いて進入します。 着実な一歩を踏み入れました! 「直進しまーす☆」ほんとは少しナナメw 「ボクは右側通行なんだ♪? ??白線の上を歩けるよ!」 楽しそうに線路を渡ります。 「ww〜♪」 今年の夏は暑さが異常だったので、お家の人がパオパオの散歩に行く時は自宅近くに限定して行っていました。でも、今日は例年並...
  • 白ペキワンコと幸せ生活☆宝生直さんのプロフィール
PONITTIさん
  • ドイツ・ニュルブルクリンク旅行記その1
  • たのは、ナビの使用法です。最初にZIP CODE=郵便番号次に ストリートの名前最後に番地を入力します。マスターした後は、ナビまかせで望みどおりの場所に行けました。フランクフルト空港を出て、久しぶりの右側通行を夜間走行でスタートしました。#ニュルブルクリンク...
  • つぶやきのさざ波PONITTIさんのプロフィール
massy-academyさん
  • “最近 興味を持って読んだ本(自動車関連)”   ‘18-9-18
  • 古車に惚れ込んで、それを擬人化した小説である。兎に角、日本の中古車を買った外国人が、こんなスタンスで書く本は珍しい。しかも通行区分の問題と税金に直面している話であり、中国が30-40年前に左側通行から右側通行に変えた時のことと比べると管理の遅れたロシア国内の様子も良く解る。比較的若い訳者が携われた様だが、すごく大変だつたろうと思う。珍しいタイトルの本で週刊誌、や新聞の書評に色々取り上げられているが、「ハン...
  • massy-academymassy-academyさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

右側通行について