清洲城

清洲城についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [清洲城] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

清洲城を含むブログ記事

公星ハウジングのハムスターブログさん
  • 新潟の旅「春日山城跡」と「謙信公と春日山城展」
  • 新潟の旅「道の駅ふるさと村... |トップ |このブログの人気記事車庫証明ハ・テ・ナ?メルヘンなお部屋トイレ今年は早い!桜の開花と桜の危機公園トイレの非常ベル寂しい「サンストリート」の閉館「名古屋城・清洲城・犬山城」めぐり...花貫渓谷の紅葉を見に!「星の王子さまと私」展小浜・高浜・舞鶴へあ!っという間の叔母の死最近の画像[もっと見る]新潟の旅「春日山城跡」と「謙信公と春日山城展」2時間前新潟の旅「春日...
  • 公星ハウジングのハムスターブログ公星ハウジングのハムスターブログさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180525-6
  • 今年は大久保利通(1830〜1878年)が暗殺されて140年になる。5月14日、明治天皇に謁見するため馬車で赤坂仮皇居へ向かう途中、紀尾井坂(東京都 ... 「桶狭間の戦い」の再現イベント 早朝4時に清洲城で幕開け名駅経済新聞清洲城の出陣」「熱田神宮の戦勝祈願」「桶狭間での決戦」をそれぞれの場所で「再現劇」として披露するもの。史実にもとづいて、日本舞踊西川流四世家元・西川 ... 1968年の熱気と空気...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
andohmusicworldさん
  • 桶狭間だぎゃ〜
  • 失して設計図が残っているとはいえ復元する事すら無意味な文化財?となっている生粋の尾張の人間からすると、あすこは尾張「徳川」の城であり豊臣方や織田家からするとなんの愛着もない城だからだ何故に、名古屋なら清洲城や、犬山城が表にならない・・・その上、500億円以上もかかる市民税を投入して名古屋市民の子供から、老人に至るまで徴収される遂、この間まで、河村名古屋市長が、自らを秀吉と宣伝していて今度は、信長だとか、...
  • andohmusicworld移動式の要塞andohmusicworldさんのプロフィール
karinnoyumeさん
  • 清洲城
  • 今月の夫婦旅は、何度もそばを通りながらなかなか行けなかった清洲城の訪問から始まった。後に映画化された三谷幸喜さんの清洲会議を読んでから、ずっと行きたかったお城だ。名古屋までは高速バスを利用。名古屋駅から新清洲駅を目指した。新清洲駅から清洲城までは徒歩15分程。途中...
  • 華凛の夢karinnoyumeさんのプロフィール
シルバー皇帝さん
レイチェルさん
  • レイちゃん 1533
  • きょうは小小梅さんが、ご主人といっしょに出張に出かけにゃした。私はおうちでゆっくりお昼寝してたんだけどにゃ。新幹線に乗って小小梅さんの故郷・京都を出発しにゃす。伊吹山がきれいに見えるにゃ。清洲城が撮れにゃしたよ。名古屋はやっぱり都会。浜名湖でにゃす。いいお天気にゃ。富士山が遠くに・・。浮世絵みたい。多摩川を超えて、いよいよ東京都。上野駅(地下)からやまびこ号に乗りにゃす。小山駅で水戸線に乗り...
  • 浅川家のクロネコ・レイチェルの日記レイチェルさんのプロフィール
ひろくま先生さん
  • 信長の天下統一はここから始まった!決戦地、桶狭間で戦国歴史散歩 桶狭間古戦場公園 名古屋市緑区
  • らいしておくと、今川義元は駿河・遠江を本拠として支配し、三河・尾張への進軍を開始。安祥城(現在の安城市)から大高城(緑区大高)・踏掛城(豊明市)まで今川氏の手中にあったそうです。その数二万五千、対する清洲城の織田氏は決戦か籠城を迫られる事態に。一方、信長は清洲城を出立。熱田神宮に立ち寄り、戦勝を祈願。後にこの桶狭間での勝利の礼として寄贈したのが熱田神宮に今も現存している「信長塀」といわれています。永禄3...
  • たべりゃあ、あそびゃあ ひろくま先生のブログひろくま先生さんのプロフィール
カムカムビートさん
  • 安土城址 摠見寺 
  • 戦いで信長を助けますが結局、信長と不和となり甲斐へ逃亡。あの武田家に仕えたそうです。いろいろ大変だなあ、、、、浮野古戦場 浮剕首塚 上茜部城 跡 安東伊賀守守就戦死の地 跡黄金の織田信長 像沓掛城 趾清洲城山内一豊と千代 婚礼の地...
  • 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
カムカムビートさん
  • 浮野古戦場 浮剕首塚 
  • い脅威が訪れます。その脅威とは、、、、海道一の弓取りと呼ばれた戦国大名今川治部大輔義元。そして敗軍となった織田信賢軍、、、、次回はその後日談?を伝えれたら、、、と思います。(多分)竹中半兵衛重治公 像清洲城沓掛城 趾安東伊賀守守就戦死の地 跡...
  • 歴史のピースカムカムビートさんのプロフィール
Kotaさん
  • ひまじん、みんなに小説を読んでほしい。
  • 会議著 三谷幸喜織田信長が本能寺の変で自害した後、信長無き織田家は家督争いが始まろうとしていた。織田家筆頭家老の柴田勝家と本能寺の変のあと、明智光秀を討ち取った羽柴(豊臣)秀吉。織田のかつての本拠地、清洲城での跡目相続の会議を史実に基づき三谷幸喜テイストにアレンジ。柴田勝家、羽柴秀吉、丹波長秀、池田恒興、滝川一益、黒田官兵衛、お市の方。。。それぞれの視点から進められて行く物語は、現代語で書かれているので...
  • ひまじん、旅に出る。Kotaさんのプロフィール

清洲城を含むトラコミュ

福島正則
  • 福島正則
  • 幼少より豊臣秀吉に仕え、天正11年(1583)の賤ケ岳の戦いでは、七本槍の筆頭にあげられ、数々の戦功をたて、文禄4年(1595)には清洲城主24万石となる。慶長...
  • トラックバック数:12 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:歴史ブログ
清洲城
  • 清洲城
  • 清洲城(清須城)は、応永12年頃に尾張守護斯波義重が築城した。 その後、慶長15年に名古屋城築城にともなう「清洲越し」が行われるまでの200年の長きに渡って、尾...
  • トラックバック数:12 TB参加メンバー数:6人カテゴリー:歴史ブログ
徳姫
  • 徳姫
  • 織田信長の長女。徳川信康の正室。母は信長の側室で、信忠、信雄の母でもある生駒吉乃(いこまきつの)。清洲城で生まれたと云われる。夫、徳川信康が自身の書いた築山殿と信...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

清洲城について