地蔵堂

地蔵堂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [地蔵堂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

地蔵堂を含むブログ記事

瓢箪36同窓会さん
  • 4階建てのアパートが取り壊され、このあたりの風景が一変した。
  • ン編集画面にログインブログの新規登録最新コメントゆみ/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。Unknown/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。ゆみ/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。吉田直樹/地蔵堂にも風よけのビニールシートが。今朝は氷点下、道路の凍結にご注意。nao/今朝も冷えました。まだ溶けずに残っている雪も。拡散中/瓢箪36同窓会 本日(11月5日)午後5時開催です。コトタマ/セミ殻が蜘蛛...
  • 瓢箪36同窓会瓢箪36同窓会さんのプロフィール
おやじのつぼさん
  • (東武日光線「下小代」駅〜「下今市」駅。その3。「日光例幣使街道」。第7日目。)
  • にある四阿で小休止(5分)。左手奥を行ったところにJR線「今市」駅。いよいよ「小倉町」交差点・追分の標示が。前方が明るくなってきて、「日光街道」と合流する「追分」へ。(12:18)合流点の右手に「追分地蔵堂」。「例幣使街道(壬生道)」を振り返る。右手から来る「日光街道」。 着いたとたんに雨風が強くなり、軒先で雨宿りをして、東武線の「下今市」駅に向かいます。 杉並木が強い雨風を防いでいてくれたことを実感し...
  • おやじのつぶやきおやじのつぼさんのプロフィール
saikoroatさん
  • カタツムリ歩行同窓会で石神井公園周辺を歩く(東京・練馬)
  • れている。  さらに奥には弘法大師像を安置する奥の院にあたる御影堂(みえどう)がある。 境内にはほかに、姿見の井戸、たくさんの石仏や石像、「ねりまの名木」であるシラカ シやイチョウ、木遣(きやり)塚、地蔵堂、新しい十三仏、鐘楼など見るべきものが多い。「ねりまの名木」のイチョウ  木遣塚  南側正面の南大門を出た。西武池袋線の高架下を南に抜けると剣道の東松館道場がある。 かなり前から西武池袋線の車中から見...
  • あるきメデスsaikoroatさんのプロフィール
瓢箪36同窓会さん
  • 柿の実も色づいてきました。
  • ン編集画面にログインブログの新規登録最新コメントゆみ/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。Unknown/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。ゆみ/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。吉田直樹/地蔵堂にも風よけのビニールシートが。今朝は氷点下、道路の凍結にご注意。nao/今朝も冷えました。まだ溶けずに残っている雪も。拡散中/瓢箪36同窓会 本日(11月5日)午後5時開催です。コトタマ/セミ殻が蜘蛛...
  • 瓢箪36同窓会瓢箪36同窓会さんのプロフィール
折々スケッチさん
  • 雨の彼岸の入り
  • は大きな公園になっています。本堂にお参りしてお墓の掃除をしてお花を供え線香をあげて合掌。 家の花壇の花に彼岸花も一本添えてお店の花のようには整っていなくてもきっと喜んで くれていると思います。 境内の地蔵堂、マニ車にも手を合わせて・・・ お参りの方にも誰にも会わず静かで、雨で良かったかなと思いながら心の中でゆっくり 話をしてきました。気が付けば傘をさしていたのに腰のあたりがびっしょり濡れて、屈んでお墓掃...
  • 折々スケッチ折々スケッチさんのプロフィール
瓢箪36同窓会さん
  • 桜の葉も色づいてきました。この後、雨。主計町。
  • ン編集画面にログインブログの新規登録最新コメントゆみ/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。Unknown/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。ゆみ/また、一件消えていった。旧彦三1番丁。吉田直樹/地蔵堂にも風よけのビニールシートが。今朝は氷点下、道路の凍結にご注意。nao/今朝も冷えました。まだ溶けずに残っている雪も。拡散中/瓢箪36同窓会 本日(11月5日)午後5時開催です。コトタマ/セミ殻が蜘蛛...
  • 瓢箪36同窓会瓢箪36同窓会さんのプロフィール
うにさん
  • 【鎌倉深奥】〜クイズ付き
  • そうです。 「こんなたくさんの手でじゃらしてくれたらサイコーだにゃ」 長谷寺の長谷観音様ですね・・・ぷくにゃ、なんて恐れ多いことを〜 「これは・・・ネイルかな」 左=円覚寺、獅子の彫り物。右=長谷寺、地蔵堂のお地蔵様たち。 「すごいな〜」「洞窟型アジトの紹介ページまである・・・」 大仏切通し(左)、名越切通し(右)確かに猫が隠れたそうな場所だ・・・ 「これは・・・キャリーの中から見た景色」 向こう側に高...
  • いつでもどこでも猫三昧うにさんのプロフィール
越前さん
  • 『昔の人は偉かった』第十六章 日本 修行場めぐり 17日目・18日目まとめ
  • を坂田金時と改めて、京都へ向かった。そこで大江山に住む酒呑童子退治などで活躍、天下に名を馳せた。 午後1:15、遅れを取り戻すため、とりあえずはお昼ご飯を抜いて、急ピッチで歩く。 スタートから9キロ、地蔵堂に到着。室町時代には創建されていたとされ、中に金太郎の母・八重桐の像が安置されている。八重桐は豪族の酒田氏と結婚したが、酒田の一族で争いが勃発したため、足柄山に避難して金太郎を産んだ。そして、女手一つ...
  • 盛りあがってまいりました・・・姫路。越前さんのプロフィール
saikoroatさん
  • 鉢形城公園から五百羅漢の少林寺と円良田湖へ(埼玉・寄居)
  • 寺で江戸中期の開山。厄除けの不動明王像は、大きさでは日 本の五指に入るとか。  武州寄居七福神の寺で、にこやかな大黒天像は本堂左手にあり、庫裡(くり)前の草地 には大きな清滝不動像が立っている。  地蔵堂横には「しらず地蔵」が祭られ、そばのギンモクセイ↓の芳香を感じながら、地 蔵堂の屋根下を借りて昼食をした。  == 五百羅漢の少林寺から円良田湖へ ==   雨は降り続く中、ミーティングと記念撮影をし...
  • あるきメデスsaikoroatさんのプロフィール
りせさん
  • 千本今出川 浄土院と護念寺
  • 尼五山(他に景愛寺・檀林寺・恵林寺・通玄寺)」は南北朝時代には既に存在していたようです。天台宗の僧侶・護念が開基と伝えられ、寺名となっています。当初は禅宗寺院でした。山門を入って境内まで進むと、右手に地蔵堂があります。極彩色の美しい延命地蔵菩薩が安置されています。幕末の慶応年間(1865-1868)に流行した地蔵信仰の「摺(すり)袈裟」をまとっています。摺袈裟とは、仏を表す梵字や仏の功徳を説いた言葉「陀...
  • 京都を歩くアルバムりせさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

地蔵堂について