短距離ミサイル

短距離ミサイルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [短距離ミサイル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

短距離ミサイルを含むブログ記事

mizuhoさん
  • 【米高官】INF廃棄離脱「中国の脅威に対抗」 富士山会合
  • の理由として「新たに伸びている中国の脅威に対抗」することがあると述べた。富士山会合で講演するトム・ローズ米副大統領補佐官(28日午前、東京都港区)INF廃棄条約は米国と旧ソ連が1987年に署名し、中・短距離ミサイルを全廃することを定めている。ローズ氏は同条約について「異なる時代に作られたものだ。ロシアは(新型の巡航ミサイルシステムの配備などで)違反している」と指摘した。中国が「米グアムを標的にできるとされる中距...
  • MIZUHO no KUNI ≪2ch≫特亜ニュースmizuhoさんのプロフィール
monoさん
  • トランプ大統領、中露が挫折するまでミサイル軍拡表明
  • 58 ID:7xs 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は22日、ホワイトハウスで記者団に対し、ロシアとの中距離核戦力(INF)全廃条約の破棄を表明したことに関連し、ロシアや中国に対抗するため中・短距離ミサイル戦力を「増強させていく」と表明した。 トランプ氏は、ミサイル戦力の増強は「中国とロシアが正気に立ち返るまで続けられる」と述べた上で、「米国にはどの国よりも資金がある」と指摘。中露が米国との軍拡競争で勝...
  • 物見ニュースmonoさんのプロフィール
城内みのるさん
  • アメリカ INF条約破棄意向表明
  • 破棄する意向を表明、ロシアも対抗措置を取ることを警告しております。  中距離核戦力全廃条約は、1987年12月に米ソ二国間で締結された史上初の核軍縮、特定兵器全廃条約です。トランプ大統領は、ロシアが中短距離ミサイルを開発し、中国も同様の兵器を開発しているのに対して、米国だけがINF条約を順守という状況は受け入れられないと指摘しました。  米国、ロシア、中国の核戦略は、日本の平和と安定に大きく影響する問題であり、...
  • 城内みのるオフィシャルサイト城内みのるさんのプロフィール
スパシーバ  プーチンさん
  • 米のINF条約離脱に迅速に対応できる  プーチン
  • っと前に起こっていた」と述べた。先にトランプ大統領はINF全廃条約について、ロシアが条約に違反しているとして条約を破棄する考えを表した。またトランプ大統領は、米国は軍備を増強する方針を示した。中距離・短距離ミサイル廃棄条約は、1987年に米国とソ連が調印し、翌1988年発効した。双方は、自国の射程1000から5500キロの中距離ミサイルと、射程500から1000キロの短距離ミサイルを完全に廃棄する義務を負ってい...
  • スパシーバ  プーチンスパシーバ  プーチンさんのプロフィール
たかりん。7さん
  • 2018年10月23日のつぶやき
  • 露が挫折するまでミサイル軍拡を表明https://t.co/KKBq10YMKG →ミサイル戦力の増強は「中国とロシアが正気に立ち返るまで続けられる」。中露が米国との軍拡競争で勝ち目がないと悟り、中・短距離ミサイルの開発・配… at 10/23 13:32takarin_7 / たかりん。7RT @YES777777777: 【論点ずらさず答えろ】東京新聞・望月衣塑子「辺野古移転の件で普天間基地が争点化したのは...
  • 余命解釈と繋がる「つぶやき」のまとめコーナーたかりん。7さんのプロフィール
ロードさん
  • 米中軍事衝突を回避するためのINF全廃条約破棄
  • 施は米ソの信頼醸成に大きな役割を果たしたとされ、INF全廃条約の締結を「冷戦の終わりの始まり」とする見方もある。 一方で、航空機搭載型や海上・海中発射型のミサイル、核弾頭は対象外。中国など第三国の中・短距離ミサイルの配備を制約するものでもない。91年12月のソ連崩壊により核戦力を継承したロシアが当事国となっている。(平田雄介)−−−−−中国「グアム・キラー」実戦配備 最新鋭ミサイルDF26、空母への精密攻撃もh...
  • サンクチュアリアンのエッセイブログロードさんのプロフィール
そりゃおかしいぜ第三章さん
News U.S.さん
  • トランプ氏が歴史的な決断で中国に圧力をかける  世界は新たな段階へと突入
  • 施は米ソの信頼醸成に大きな役割を果たしたとされ、INF全廃条約の締結を「冷戦の終わりの始まり」とする見方もある。 一方で、航空機搭載型や海上・海中発射型のミサイル、核弾頭は対象外。中国など第三国の中・短距離ミサイルの配備を制約するものでもない。91年12月のソ連崩壊により核戦力を継承したロシアが当事国となっている。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181021-00000...
  • 中国・韓国・在日朝鮮人崩壊ニュースNews U.S.さんのプロフィール
そりゃおかしいぜ第三章さん
  • 世界を破局へと導くトランプ
  • 医師として、この国の食料の在り方、自然保護、日本の政治、世界政治を問う世界を破局へと導くトランプ2018-10-21 |トランプトランプは昨日(20日)、アメリカと旧ソ連が1987年に締結した中距離・短距離ミサイル(INF)全廃条約を破棄すると表明した。トランプは「アメリカは条約を尊重してきたが、ロシアは尊重してこなかった」と非難し、「ロシアや中国が(中・短距離核戦力の拡充を)実行している中で米国だけが条約を順...
  • そりゃおかしいぜ第三章そりゃおかしいぜ第三章さんのプロフィール
スパシーバ  プーチンさん
  • 米・  中距離核戦力(INF)全廃条約からの離脱
  • を度外視した米国の離脱表明はここ数年にわたり米国が国際舞台において着々と推し進めてきた急激な動きの延長だと指摘した上で、いかなる状況下においても自国の安全を保障することができると自信を示した。中距離・短距離ミサイル廃棄条約は1987年に米国とソ連が調印し、翌1988年発効した。双方は、自国の射程1000から5500キロの中距離ミサイルと、射程500から1000キロの短距離ミサイルを完全に廃棄する義務を負っている...
  • スパシーバ  プーチンスパシーバ  プーチンさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

短距離ミサイルについて