自虐史観

自虐史観についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [自虐史観] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

自虐史観を含むブログ記事

もうチョットで日曜画家さん
  • 熟練2号と特別永住者を学ぶ
  • 永住許可延長の手続きに甘んじてまで帰化することなく、韓国(北朝鮮)国籍に拘るアイデンティティは計り知れないものである。当初は2世までの特別永住許可であったものが3世以降も永住できるようになった背景には自虐史観に彩られた日本人の贖罪意識が働いていたであろうことは想像に難くないが、今回の入管法の改正に合わせて3世以降の在日韓国人を他国からの入国者と同列に扱うことも考慮すべきではないだろうか。偉大な韓国人であれ...
  • もうチョットで日曜画家もうチョットで日曜画家さんのプロフィール
たん吉さん
  • 東京裁判判決から70年 無関心は風化を呼び込む <毎日新聞社説>
  • 1月12日に判決の言い渡しが終わり、7人が絞首刑を宣告された。それからあすで70年になる。 この判決は歴史認識をめぐる摩擦の発火点になってきた。戦前日本を肯定的にとらえたがる民族主義的思考の人びとは「自虐史観をもたらした」と東京裁判を攻撃する。 特に自らもA級戦犯の容疑者となった岸信介元首相は、裁判について「絶対権力を用いた“ショー”だった」「『文明』の名に汚点を残したという記録に過ぎない」などと切り捨て...
  • No Nukes 原発ゼロたん吉さんのプロフィール
塾長さん
  • 11/10のツイートまとめ
  • yutaka1290 「日本人の自虐史観からの意識転換」を訴えております。 帝国政府声明文 「戦勝国は日本だった」 : 12月20日発売予定の「国の防人8号」の目次がネットに出てましたのでアップロードします https://t.co/PU...
  • 安濃豊ー戦勝国は日本だった塾長さんのプロフィール
美しい日本さん
  • NHKはなぜ反日番組を続けるのか 「ジャパンデビュー」を検証
  • 作しています。その原因となったのは、戦後GHQによる占領政策の中の放送独占政策、即ち当時のラジオ放送を独占しNHKに担当させ、「戦争はかうだ」(日本は侵略戦争をした犯罪国家をイメージ)などのWGIP、自虐史観の日本人への植付けに利用したのが発端で、その後のGHQによるメディアの「検閲廃止」にもかかわらず、所謂「自主検閲」の強制が続き、占領終了後もその風土が色濃く残っていると、識者は見ています。 その辺の事...
  • 美しい日本美しい日本さんのプロフィール
HARRY IIさん
  • サンクチュアリ通信11月号の紹介
  • ?サンクチュアリ通信 11月号     − パウロ神学と王国の神学・トランプは神の贈物・自虐史観克服 −1面 9月から10月・サンクチュアリ教会の主な出来事文亨進2代王のみ言      はり川英治2面 内外情勢 自虐史観の克服を! 佐々木章 トランプは神の贈り物  山下滋子 Coffee bre...
  • サンクチュアリ NEWSHARRY IIさんのプロフィール
塾長さん
  • 11/07のツイートまとめ
  • yutaka1290 @YouTube でライブ配信中です。こちらからご覧ください: https://t.co/PPPaDcjnzR 11-07 18:30 「日本人の自虐史観からの意識転換」を訴えております。 帝国政府声明文 「戦勝国は日本だった」 : 再掲:中間選挙 トランプ圧勝 8月26日投稿 拙ブログより https://t.co/GMeMeEz4ge 11-0...
  • 安濃豊ー戦勝国は日本だった塾長さんのプロフィール
blueさん
  • 「朝鮮半島植民地支配、強制連行」と義務教育で教えていた。今はどうなの?
  • り合いの娘さんが小学校高学年の時に授業中に使われた更紙のプリントです。今から約20年前のものですから、それ以前も同じような教育を受けていたと思います。BLOGOSの弁護士は50歳ですから、同じかもっと自虐史観に染まった教育を受けたのでしょう。それは左翼系の政治家は勿論の事、中高年の自民党議員も同じ認識かもわかりません。またネットでの情報を得ない方の多くも同じかもしれません。これでは韓国のような反日国には立...
  • 気になる事  blueのためいきblueさんのプロフィール
塾長さん
  • 11/06のツイートまとめ
  • oLtDEXMmiB 11-06 21:13 @YouTube でライブ配信中です。こちらからご覧ください: https://t.co/wrIY3lEvoO 11-06 18:08 「日本人の自虐史観からの意識転換」を訴えております。 帝国政府声明文 「戦勝国は日本だった」 : 原稿200枚を展転社に送付完了しました https://t.co/XBgqfeRjub 11-06 17:12...
  • 安濃豊ー戦勝国は日本だった塾長さんのプロフィール
BBの覚醒記録さん
  • ついに日本が提訴、徴用工
  • しては遅きに失しましたが、徴用工に対しては素早かったと思います。しかしながら、韓国による竹島の不法占拠こそ提訴すべきです。裁判をばねに、世界に韓国の不正を知らしめる。幸い国際司法裁判所からGHQ由来の自虐史観権化、小和田恒氏は去りました。提訴を受けた時の韓国側の言い分は、前もって解ります。韓国のあたかも広報工作員ではないかと思われるほどの、東海大/金慶珠教授いわく、「政権が変われば司法判断も政府方針も変わ...
  • BBの覚醒記録BBの覚醒記録さんのプロフィール
塾長さん
  • 11/04のツイートまとめ
  • も」が多すぎるので、詳細に亘る私の経歴をyoutubeに載せました。 - 帝国政府声明文 「戦勝国は日本だった」 https://t.co/BdTUrfXTK6 11-04 10:25 「日本人の自虐史観からの意識転換」を訴えております。 帝国政府声明文 「戦勝国は日本だった」 : 歴史好きな「田舎のオッサン」と勘違いしている「民草ども」が多すぎるので、詳細に亘る私の経歴をyoutubeに載せました...
  • 安濃豊ー戦勝国は日本だった塾長さんのプロフィール

自虐史観を含むトラコミュ

自虐史観
  • 自虐史観
  • 自虐史観(じぎゃくしかん)とは、日本において第二次世界大戦後の歴史学会で主流であった歴史観を「自国の歴史の負の部分をことさら強調し、正の部分を過小評価する歴史観...
  • トラックバック数:19 TB参加メンバー数:8人カテゴリー:哲学・思想ブログ
新しい歴史教科書をつくる会
  • 新しい歴史教科書をつくる会
  • 新しい歴史教科書をつくる会(あたらしいれきしきょうかしょをつくるかい)とは、1996年に結成された日本の社会運動団体である。従来の歴史教科書を「自虐史観」であるとし...
  • トラックバック数:22 TB参加メンバー数:4人カテゴリー:教育ブログ
堂々と語りたい近現代史の真実、日本の誇り
  • 堂々と語りたい近現代史の真実、日本の誇り
  • わが国の歴史教科書には書かれていない近現代史の真実を堂々と語り合い、9条教(9条原理主義)や自虐史観に染まった同胞に反省を促しましょう♪
  • トラックバック数:18 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
自慰史観
  • 自慰史観
  • 自慰史観(じいしかん)とは、「戦後民主主義教育が生み出した歴史観は自虐史観である」として批判する勢力を、揶揄する目的で作られた造語。「自国の歴史に於ける負の部分...
  • トラックバック数:2 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:哲学・思想ブログ

自虐史観を含むブログ村メンバー

  •  
阿蘇地☆曳人(あそち☆えいと)さん
阿蘇地☆曳人さん
まつしたまさよさん
リンドスさん
我知がちさん

自虐史観を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 民主党と自民党 どっちがいい?レス: 0/309(1059件)政治ブログ
  • らべて、その実日本を属国にしようと企ててます!・・マスゴミはすでに占領されてます!日本人は戦後の自虐史観と日教組の教育、マスゴミのおかげで全く気付かずお花畑な脳になってしまってます!
  • 橋下徹 大阪市市長を支持できますか?レス: 0/262(904件)政治ブログ
  • 国家観が無い人はダメです。日教組と対立している様に見えて、歴史認識はバリバリの日教組仕込の自虐史観。マルハン、ソフトバンクと言った在日韓国人勢力の支援。「一般的な外国人参政権には反対だが、コ...
  • 放射能汚染された瓦礫土壌をどう処理すべき?レス: 0/9(103件)環境ブログ
  • ー(石炭)・一次産品の重要な産地で、当時は過酷な労働もあった様に聞いていますが、敗戦を機に左翼思想・自虐史観に取り込まれ、自立心の欠如・他力本願となってしまったそうです。現在の北海道の最大の癌は「北海...
  • 民主党と自民党 どっちがいい?レス: 0/309(1059件)政治ブログ
  • 外国人参政権・人権擁護法案・死刑廃止・半島勢力・日教組)etc,を感じていた。日本の政党とは思えない自虐史観の化物みたいなこんな政党はここ数カ月or長くて1年で二度と再起はできないだろう。今のうちに彼らの顔ぶ...

にほんブログ村

>

キーワード

>

自虐史観について