遺伝子組み換え作物

遺伝子組み換え作物についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [遺伝子組み換え作物] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

遺伝子組み換え作物を含むブログ記事

ベジバリュー編集部さん
  • 品種改良と種の「はなし」(後編)
  • 全に解明されているとは言えない状況であり、組み換え操作自体が正しいと言い切れるのか検証ができないこと。・通常の自然界では存在しないものを作り出すことによる、生態系・人体への影響が明らかではないこと。・遺伝子組み換え作物と既存作物が交配することで、更なる新しい品種が増殖されてしまい(遺伝子汚染)、影響が範囲が日々拡がりつつあること。...
  • ベジバリューベジバリュー編集部さんのプロフィール
キャベツさん
  • 科学
  • 08 10:34:43 |Weblog 科学 スターシードの話で。『アシュタールは、美しい地球が、科学の発展と共に、破壊されるのが、分かっていました』という話があるが。 科学は、使い方の問題だよね。 遺伝子組み換え作物の話で。「遺伝子組み換え作物が悪なのではなくて、遺伝子組み換え技術を使って、『農薬を掛けて、虫は死ぬけど、農作物は枯れない』作物を作るからネガティブになるのであって」と。つまり、その農薬は、川に流れ、...
  • 暇なので色々考えてみるキャベツさんのプロフィール
Ru-chanさん
  • 安全な牛肉は、どれ? 2
  • 国産牛は、肥育ホルモン剤を使用している米国産牛と比べると、危険性は低いのですが、エサには、牧草だけでなく、遺伝子組み換え作物の穀物を与えることが多いです(穀物を与えた方が、身体が早く大きくなるから)。それに狭い牛舎で 運動もせずに育った牛は、健康的とは言えません。 8割が「牛白血病」に汚染されており、2割の「無汚染牛肉」は...
  • 悩んだら、とりあえず見てみようRu-chanさんのプロフィール
そりゃおかしいぜ第三章さん
  • 極めて危険なゲノム編集のヒトへの応用
  • 入力し、投稿ボタンを押してください。コメントを投稿する「ゲノム編集」カテゴリの最新記事極めて危険なゲノム編集のヒトへの応用ゲノム編集が広く普及される日が近づいているが・・・種子法が廃案になり、海外から遺伝子組み換え作物(GM)の大量輸入の時代が到来するBSE発生から今日で12年になるオバマへの手土産になる牛肉開放米農務省の発表は嘘であるBSE発生に見るTPPの危険性輸入牛肉の規制緩和でアメリカの牛肉は安全かBSEか...
  • そりゃおかしいぜ第三章そりゃおかしいぜ第三章さんのプロフィール
ぽっぷでらいとさん
  • 12月1日「過去の出来事」
  • で地上波デジタルテレビ放送を開始。2007年気象業務法改正により、緊急地震速報が予報および警報として位置づけられた。2011年日本において、米国ハワイ産の遺伝子組み換えパパイアの輸入が解禁。生食向けの遺伝子組み換え作物の輸入認可は初。2011年プロ野球でオーナー会議において、TBSHDより横浜ベイスターズを買収したDeNAの球界への参入が承認。2016年タイ王国国王に、ラーマ9世前国王長男ワチラーロンコーン皇太子が...
  • ぽっぷでらいとな日記ぽっぷでらいとさんのプロフィール
alleventさん
  • 12月1日って何の日?
  • ーナー会議において、東京放送ホールディングスより横浜ベイスターズを買収したDeNAの球界への参入が承認。2011年 - 日本において、アメリカ・ハワイ産の遺伝子組み換えパパイアの輸入が解禁。生食向けの遺伝子組み換え作物の輸入認可は初。2016年 - タイ王国国王に、ラーマ9世前国王の長男:ワチラーロンコーン皇太子が即位し、ラーマ10世となる。2017年 - ホンジュラスにて、大統領選挙後の混乱を収拾するために非常事...
  • オールイヴェント情報ブログalleventさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

遺伝子組み換え作物について