須賀敦子

須賀敦子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [須賀敦子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

須賀敦子を含むブログ記事

yutaromaさん
  • 名作を生みだし続けた巨匠。偉大なイタリア人女性作家2人
  • とエルサ・モランテ、そしてその代表作を紹介してみたいと思います。ナタリア・ギンズブルグ日本で最も知られているイタリアの女性作家といえば彼女、ナタリア・ギンズブルグではないでしょうか?特にエッセイストの須賀敦子さんの翻訳や紹介を通して日本では有名になりました。彼女の経歴を少し追ってみましょう。経歴出生ー作家業のはじまりナタリア・ギンズブルグ(ナタリア・レーヴィ)は1916年にシチリアのパレルモで、トリエステ...
  • BUONO! ITALIA(ボーノ!イタリア)yutaromaさんのプロフィール
中臣モカマタリさん
  • その日を摘め
  • 岸見一郎さん。「ホラティウスの書いた八行詩に、carpe diem「その日を摘め」という言葉がある。この言葉について須賀敦子が次のような説明をしている。『これ(carpe)は、花を摘むみたいに、葉の間に見え隠れする実を、ぱっと摘み取るとか、そんな言葉なんだよ。ぐずぐずしてないで、さっと摘め。そんな感じだ。ぷちん。その瞬間、...
  • 中臣モカマタリの今日の一言中臣モカマタリさんのプロフィール
mamanさん
  • 須賀敦子さんのエッセイ
  • うですからそれもできそうにありません。うーん。ドラマも見られないのだろうか。そんな中、やっぱり「この声をきみに」がおもしろくて。ドラマの中でチラッと見えた、「ミラノ霧の風景」という本。ミラノ霧の風景―須賀敦子コレクション (白水Uブックス―エッセイの小径)もしかしたら以前にも紹介したかもしれませんが、須賀敦子さんのエッセイは美しい文章で私たちが先入観として持っている明るいイタリアとは別の側面を見せてくれる...
  • 人生なんとかなる!浪人生の母日記mamanさんのプロフィール

須賀敦子を含むブログ村メンバー

  •  
seitaroさん
maiさん
よめこさん
  • よめことここの日記よめこさんのプロフィール
  • 2006年1月生まれの娘と、新米ママ(+パパ)の日々。読書と展覧会めぐりの記録も兼ねて。

にほんブログ村

>

キーワード

>

須賀敦子について