須賀敦子

須賀敦子についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [須賀敦子] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

須賀敦子を含むブログ記事

lanさん
  • 頭痛いって
  • 業、写真一筋の人生で無かったジャコメッリ、カメラも高価なものにこだわらなかった、ちょっと変わった経歴のこの人に以前から興味がありました。白水社の高い本ですが、古本で安く手に入れる事ができました。帯には須賀敦子さんのエッセイ文が引用されています。 晩酌を控えるようになってから頭痛が続いているような気がします。関係無いと思うのですが、「なんでやね〜ん」と自分に突っ込んでみたり。明日は元気になるぞぇ。 クリッ...
  • HomeDeliclanさんのプロフィール
taiseiさん
  • トリエステ Trieste
  • 須賀敦子の「トリエステの坂道」を読んで、訪れたかった街。...
  • 佐藤泰生の世界(TAISEI SATO WORLD)taiseiさんのプロフィール
湧水田のたにしさん
  • 2018年大暑の記録、熊谷で41・1度
  • 浴に酔う臆病武士の「秘剣」は誠と正義で勝つアラビア世界の歴史を彩った人物から現代の混迷まで川村記念美術館のスイレンの池はモネの絵のようでした>> もっと見るカテゴリー思い出写真館(2)社会見学(47)須賀敦子の著作(16)国内旅行(47)海外旅行(10)展覧会・美術展(23)鎌スタ(15)劇場映画(56)Lyricism(157)Nationalism(21)本・読書(38)Journalism(181)...
  • たにしのアブク 風綴り湧水田のたにしさんのプロフィール
VINさん
  • 『主よ 一羽の鳩のために』須賀敦子 河出書房新社  〈鹿児島旅行2〉
  • うに流れ・・・すてきな宿でした。天降川翌朝は鹿児島空港で2人を降ろし、そのまま鹿児島中央駅に・・・と着く予定でしたが・・・思わぬハプニングに見舞われ・・・書くと長くなりますので次回に・・・。さて本日は須賀敦子氏著『主よ 一羽の鳩のために』のレビューを少し。 「没後20年にして新発見された自筆詩稿44篇。須賀敦子がローマ留学中の1959年1月から12月まで、30歳の日々、ローマでひとり呼びかけつづけた「あな...
  • VINのらんどくダイアリーVINさんのプロフィール
Blismileさん
  • 各停de読書
  • 30分弱で着くが、今日は微妙に時間の余裕があったし、落ち着いて読みたい本があったので敢えて各停に乗り読書タイムにした。?稀に、その本のためだけにブックカバーを買い求めたくなるような1冊がある。それが、須賀敦子さんとその愛弟子の藤谷道夫さんの翻訳によるダンテの「神曲」だ。かつて、他の方の訳のものは読んでいたが、好きな作家でもある須賀敦子さんのものというだけでなく、この新訳版が生まれたエピソードにも深く感じ入...
  • marginal notesBlismileさんのプロフィール
Enoの音楽日記さん
  • アラン・ギルバート/都響
  • 井聡「国体論 菊と星条旗」1週間前マイスター/読響4週間前上高地から徳本峠へ1ヶ月前ガルミッシュ=パルテンキルヘン2ヶ月前チロル旅行日記3ヶ月前帰国報告3ヶ月前ルドン展3ヶ月前プラド美術館展3ヶ月前「須賀敦子の手紙」3ヶ月前コメントを投稿ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。名前タイトルURL※名前とURLを記憶するコメントコメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。数字4桁...
  • Enoの音楽日記Enoの音楽日記さんのプロフィール

須賀敦子を含むブログ村メンバー

  •  
seitaroさん
maiさん
よめこさん
  • よめことここの日記よめこさんのプロフィール
  • 2006年1月生まれの娘と、新米ママ(+パパ)の日々。読書と展覧会めぐりの記録も兼ねて。

にほんブログ村

>

キーワード

>

須賀敦子について