四万六千日

四万六千日についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [四万六千日] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

四万六千日を含むブログ記事

R44さん
  • 摩利支天様 ゐのこ祭
  • かりのアメ横の摩利支天様ですが、11月3日にゐのこ祭というお祭り日がありました。一年に一回のビックチャンスらしく、ご開帳があり摩利支天様のお姿も拝見でき、しかもこの日にお参りすると、驚きの太っ腹です!四万六千日分の参拝をしたのと同じ功徳があるという、行かない理由がない祭ではないですか。 早朝のアメ横。先日チラシも頂戴してたのに、気付いたのが前日の夜というアホです。チョロたちの納骨もあるので、朝一番から突撃!...
  • 端っ革の手帳R44さんのプロフィール
バンドル太郎さん
  • なんだか読みたい気にさせる本のあらすじ
  • ) 2018年5月12日「天駆せよ法勝寺」読了表紙の通り寺が天駆する仏教とSFの融合という出オチ感の強い作品。シンプルなストーリーだが、それに反して「佛理学」「宇宙僧」「交響摩尼車」「法勝寺の祈念炉が四万六千日の祈禱の果てに臨界に達し 、第一宇宙速度に必要な推力が得られ」などのクドい表現が最高。 pic.twitter.com/ZaMRn4Cbh9— 紳士 (@Gentle_ST) 2018年7...
  • バンドルゾーンバンドル太郎さんのプロフィール
ocoさん
  • 人気落語家さんたちの十八番と工夫がわかる本「十八番の噺」
  • おもしろいけど、こっからさらにもう一山か」と思われたら嫌なので、「船徳」は前半を削るわけです。とあります。私も「船徳」は好きな噺ですが、前半の若い衆のくだりは何度も聴いているとちょっと飽きがきて「早く四万六千日(後半のスタート部分のセリフ)こないかなぁ。」って思ってました。ベースとしては古くからの形がしっかりとあった上で、面白さや盛り上がりを考えた時、あえて演出を削るという監督的視点。落語家さんにとってはそ...
  • 寝る前読書のススメ!リラックスして熟睡生活ocoさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

四万六千日について