脇本陣

脇本陣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [脇本陣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

脇本陣を含むブログ記事

鯨影さん
  • 白河をぶらり おまけ @福島県白河市
  • トです。 今回のぶらりで昼食とおやつを楽しみましたが、昼食を食べた場所はちょっと嫌なことがあったので店名は伏せさせて頂きます。 そして、おやつは「コミュニティ・カフェ EMANON」さんで食べました。脇本陣柳屋の目の前に在るので、合わせ技で利用することをお勧めします。...
  • 963-7837鯨影さんのプロフィール
khimyuさん
  • 宿場町・大内宿を訪ねて
  • 風習があるとの事で 私達も食べてみました。。ネギしか入っていませんが 結構おなか一杯になります。会津若松城から江戸までは61里、5泊6日ほどの旅程でしたが、会津若松から5里の距離にある大内宿に 本陣や脇本陣が設置され、 会津藩の参勤交代や迴米の集散地として重要な駅となっていたようです。一般車両および観光バスなどの駐車場は大内宿の南東にあり、宿場内への車の乗り入れは規制されています。大内宿へのアクセスはや...
  • blog 旅と写真khimyuさんのプロフィール
鯨影さん
  • 白河をぶらり 脇本陣柳屋 @福島県白河市
  • 場所を大きく移動して白河駅の南側のエリアに在る脇本陣柳屋へ行きました。 オイラが訪れた時はボランティアの方がいらして建物の内部を丁寧にご説明して頂きました。脇本陣柳屋 柳屋旅館には、慶応4年(1868)の戊辰戦争白河口の戦いに参戦した新選組斉藤一隊長率...
  • 963-7837鯨影さんのプロフィール
sannkayouさん
  • 下諏訪宿を散策
  • 大社通り(中山道)を歩き、左手のアーチのところから中山道に入ります。下諏訪宿はいで湯と信仰の里。諏訪大社下社への参詣と、いで湯めぐりが旅人の楽しみでもあり大いに賑わいました。宿内家数315軒 本陣1 脇本陣1 旅籠40軒 人口1345人資料館の写真街道に入る手前右側の高札場道を進むと左手に「しもすわ今昔館おいでや」があり、足湯に浸かる観光客が大勢いました。まっすぐ行くと桔梗屋旅館とまるや旅館のところに出...
  • フォト散歩sannkayouさんのプロフィール
オレンジさん
  • 川越街道の宿場跡や最近のちょこちょこ
  • の方はあまり行ったことがなく。昨日行ったフットサロンはそちら方面だったので、向かっていると・・・『川越街道 下練馬宿』と書かれた垂れ幕が。この辺り、宿場町だったのか〜今更知りました 下練馬宿には本陣や脇本陣が置かれていましたが、川越街道を参勤交代で往来する大名家が川越藩主のみだあったので、五街道の宿場町に較べると規模は小さかったそうです。ここで言っている川越街道は、現在の旧川越街道です。旧川越街道を拡幅...
  • オレンジの普通でハッピーライフ♪オレンジさんのプロフィール
いずみちゃんさん
  • 潮見坂・白須賀宿【後編】
  • な見晴らしと一緒に♪ さらに北西に向かって歩きます。当時の面影をちょっと感じさせる道路や家並みが展開しています。曲尺手という大名行列同士がかち合わないように道路を直角に曲げたところが残っていて、本陣・脇本陣跡も(手前は脇本陣跡、その奥には本陣跡)。 ここは国学者であった夏目甕磨(みかまろ)邸跡。 これは火事の延焼を食い止めるために植えられた火防樹です。なお、この向かいには自主防災の可搬ポンプ倉庫があり、...
  • いずみちゃんの徒然草いずみちゃんさんのプロフィール
阿智胡地亭のShot日乗さん
  • 新選組の近藤勇、土方歳三らが生まれ育った「日野」の地を訪ねた。    その2  日野宿本陣跡 
  • 冬の出稼ぎに信州者が多数江戸に働きに出たという。彼らは江戸人から軽んじて「おしな」と呼ばれていたらしい。阿智胡地亭の先祖の中にはこの甲州道中を往還して上諏訪から江戸に働きに出たものもいるかもしれない。脇本陣を出て昼食をとる場所をさがしたが駅周辺はファーストフードの店ばかりだった。ふと横町を見るとインド料理の店があったのでIKさんに聞くと阿智胡地亭のブログを見ているのでインド料理には興味があるとのこと。入...
  • 阿智胡地亭のShot日乗阿智胡地亭のShot日乗さんのプロフィール
阿智胡地亭のShot日乗さん
  • 新選組の近藤勇、土方歳三そして沖田総司らが生まれ育った「日野」の地を訪ねた。     その1
  • 級生、IKさんだ。年賀状の住所に日野市とあるのを見るたびに いつも新選組の日野にお住まいなんだと思っていた。日野は江戸から諏訪まで結ぶ甲州道中(甲州街道)の宿場の一つだった。 次回は東京都文化財の日野脇本陣に続く『デート』 ジャンルのランキング各訪問者のクリック集積数によるアクセスランキングに参加中。 ↓ にほんブログ村コメントTweet«大雨による増水で流されてき... |トップ |このブ...
  • 阿智胡地亭のShot日乗阿智胡地亭のShot日乗さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

脇本陣について