脇本陣

脇本陣についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [脇本陣] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

脇本陣を含むブログ記事

浮草剣之介さん
  • 中山道 美濃宿を歩く 大田宿秋の陣「中山道まつり」其の一
  • した 天保14年(1843)の「中山道宿村大概帳」によると宿内の街並みは東から上町、仲町、下町と分かれ、その長さは6町14間(約680m)ありました。人馬継立問屋場は上町に一カ所。中町に二カ所。本陣・脇本陣に一軒づつ配置され、旅籠は20軒。高札場は下町にありました。戸数は118軒で505人(男子259人・女性246人)が住んでいました。宿高1939石で、多くの人々は農・商を兼ねて生活をしていました。(美...
  • もっと気軽に居合道!熊谷道場 剣酔記浮草剣之介さんのプロフィール
toshin-SHINANO,s blogさん
  • 望月宿トレーニングツアー
  • →牧布施道標一里塚→瓜生坂石碑「百万遍供養塔」→林中の昔道(石仏)→長坂の石仏群→大応院(当山派真言宗修験寺)→長坂橋→枡形→ばん龍窟→井出野屋→地蔵→神明宮→本陣(歴史民俗資料館)→生活道(裏道)→脇本陣→大和屋→たて看板→大伴神社→金井原より百沢の男女の双体道祖神。モデルはその服装からも高貴な方と思われる。左側の女性と思われる人から、右の人はお酒を注いでもらっている。高遠の石工が彫った本格的なもの。...
  • toshin-SHINANO,s blogtoshin-SHINANO,s blogさんのプロフィール
まつなるさん
  • 宿場町矢掛
  • ところで、元禄の頃からは庭瀬藩の所領となった。幕末には天璋院篤姫も宿泊したという。井原鉄道の駅から5分ほど歩くと西国街道に出る。現在の幹線道路は国道486号線だが、一本手前の旧道が観光スポットである。脇本陣の建物が残されていたり、昔の家を飲食店に改装したり、なかなか賑やかな通りである。毎年11月(今年は11日)に大名行列の祭りが行われる。奥方と姫君は毎年公募しており、大名行列の観光ポスターにも登場する。...
  • まつなる的雑文〜光輝く明日に向かえまつなるさんのプロフィール
sannkayouさん
  • 日光街道を歩く・間々田宿〜粟宮交差点
  • 思川にあった船着き場へ行く道。江戸時代においては江戸への物資輸送手段として大量輸送が可能な船運が重要な役割を果たした。間々田駅入口交差点にやって来ました。間々田宿に到着です。宿内家数175軒 本陣1 脇本陣1 旅籠50軒 人口947人12:23乙女不動原瓦窯跡へ寄り道するために左折。道がわからなくて困っていたら、乙女中学の女子学生が案内してくれました。この日は行事があるとかで登校日のようでした。ほんと助...
  • フォト散歩sannkayouさんのプロフィール
弁天小僧さん
  • 目指すは稲荷山 舞阪大太鼓まつり往還を超える
  • 舞阪漁港の船のフライキ(大漁旗)たなびき浜名湖にズシンズシンと太鼓のが響き、手踊り賑やかに行く神の供、舞阪大太鼓まつりこと岐佐神社祭典の往路が続いています。往路の御輿休所舞阪脇本陣を出た列は先頭が年番の新町、続いて仲町、西町、砂町の順でそれぞれ大太鼓・手踊りがその技を見せながら進みます。400年を超える伝統のまつりは今も旧暦9月15日を守り開催されています。往還通り(旧東海道)...
  • 南浜名湖あそび隊!弁天小僧さんのプロフィール
弁天小僧さん
  • 手踊り賑やかに御輿休所舞阪脇本陣を目指す神の供
  • へ、旧国一新町交差点の北にある稲荷山を目指す神の乗った御輿は年番新町の衆に担がれていきます。御輿の列は往路で一か所、復路で一か所の御輿休所が設けられています。午前の休所は旧舞阪町が今に残した江戸時代の脇本陣です。御輿の据台を清めるのは天狗さん、大榊をふるい葉をまき散らして御輿を待っています。荒ぶる天狗さん、荒ぶる大太鼓の響きの中を神の列がやってきます。御輿休所に収まる、出立は見事にやりとげることが年番町...
  • 南浜名湖あそび隊!弁天小僧さんのプロフィール
弁天小僧さん
  • 舞阪大太鼓まつり岐佐神社祭典本まつりはじまる
  • 男たちに担がれ大太鼓勇ましく行く往路がはじまります。目的地は舞阪往還通り(旧東海道)を東へ、新町にある稲荷山へと向かいます。御輿の後ろには岐佐神社の宮司さんを中心に舞阪四町の総代のみなさん、午前は舞阪脇本陣を休所として寄り、稲荷山を目指していきます。大太鼓が響き、手踊り賑やかに東へと向かいます。※岐佐神社ホームページ※岐佐神社祭典2016(西町年番)※岐佐神社祭典2015(仲町年番)※岐佐神社祭典201...
  • 南浜名湖あそび隊!弁天小僧さんのプロフィール
sannkayouさん
  • 日光街道を歩く・野木宿
  • も楽しい時間でした。説明ありがとうございました。皆さんに別れを告げ日光街道に戻ります。野木交差点の陸橋を過ぎた辺りにあった距離ポスト。左手に野木宿入口の標識が立っています。宿内家数126軒 本陣1軒 脇本陣1軒 旅籠25軒 人口527人10:24木戸跡からさらに進むと、左側の塀のところに野木宿説明板があり、ここが本陣跡のようです。野木宿は小さな宿場町だったので、通行量が増大すると、その負担に耐えられなく...
  • フォト散歩sannkayouさんのプロフィール
tyakoさん
  • 興津宿から府中宿まで
  • 道興津宿の東海道ですが、土曜日のためかたまに車が通る程度の静かな宿場町でした。興津宿の碑東海道17番目の宿場町で、興津という地名は、「象潟神社」の興津宮を勧進してお祀りしたことに由来しているそうです。脇本陣脇本陣水口屋初代当主は武田信玄の家臣であったといわれ、武田家亡き後は、商人として財を成し、江戸時代には脇本陣になり、明治以降は、政治家、皇族、財界を始め多くの文人墨客が訪れる別荘旅館になっていったいえ...
  • tyakoの茶の湯往来tyakoさんのプロフィール
sannkayouさん
  • 日光街道を歩く・古河宿
  • い。古河宿入口です。日本橋から数えて9番目の古河宿は、古河城を中心に城下町として栄えました。旧日光街道沿いには、歴史的建造物やレトロな建物等が多く残るので散策が楽しいです。宿内家数1105軒 本陣1 脇本陣1 旅籠31軒 人口3865人街道の左側にある長谷観世音参道寺標その先にあるのが古河城お茶屋口門跡。歴代の将軍はここから古河城に入りました。街道沿いには行燈風の案内板が立っていて説明などもあるので助か...
  • フォト散歩sannkayouさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

脇本陣について