凝灰岩

凝灰岩についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [凝灰岩] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

凝灰岩を含むブログ記事

ばとるーのパパさん
  • 日本キャニオン!?から十二湖庵、落口の池
  • そうです。 ちょうど駐車帯があってそこから写真を撮りました。 煙が・・・ いや雲でしょう。山頂の部分です。 日本キャニオンは、青森県西津軽郡深浦町松神にある景勝地である。浸食崩壊によって凝灰岩の白い岩肌がむき出しになったダイナミックなU字谷大断崖で、アメリカ合衆国のグランドキャニオンにヒントを得て命名されたそうです。(ネットから引用) アメリカのグランドキャニオンに比べたらレベルが違うで...
  • バロンとルークのライバル日記ばとるーのパパさんのプロフィール
気旅さん
  • [45日目(2)] 白絹の床
  • 国が休憩ポイントになってしまう。きのこ汁を頂くつもりだったが、朝の丼で今は何も入らない。駐車場の端っこにある湧水「ホロホロの恵」で喉を潤すだけである。白絹の床。火山灰が河床に堆積してできた七色の「緑色凝灰岩」が美しい自然の造形美…なんだそうだが、自分にはイマイチ。...
  • 気ままな車中泊一人旅気旅さんのプロフィール
bekomochiさん
  • 黄銅鉱と方解石 Chalcopyrite & Calcite
  • らにその上に小さな黄銅鉱がぽつんとのっている。大きいほうの黄銅鉱には、方解石がびっしりくっつく面と、そうでない面とがあるようで、後者のほうは、やや変質しつつも、にぶい光を放っている。方解石は母岩(緑色凝灰岩か)にも部分的に着生している。「どうしてこうなった?」と思わずにはいられない。From Oyama vein like another sample. A small chalcopyrite sit...
  • 古伊万里の猪口と鉱物bekomochiさんのプロフィール
khimyuさん
  • 塔のへつり
  • リング(^^;)。 また、吊り橋を渡った先に「虚空蔵菩薩」があります。スリル満点で峡谷沿いを歩けますが、滑りやすいので履物には注意して下さい 基本的に手摺りがないので滑落に注意が必要です。一帯は第三系凝灰岩、凝灰角礫岩、頁岩などが互い違いになっており、軟岩部が長年の歳月による浸食と風化の作用によって形成された柱状の断崖で岩にはそれぞれ 屏風岩、烏帽子岩、護摩塔岩、九輪塔岩、櫓塔岩、獅子塔岩、鷲塔岩などの...
  • blog 旅と写真khimyuさんのプロフィール
sazanamiziroさん
  • 猪目洞窟・夢で見たら必ず死ぬミステリースポット
  • 沿いに看板がありますが、道路から一見しただけでは、漁船関係の資材置き場のようにも見えます。しかし、道路わきの細道を下ると、神秘的で異様な光景が広がっていました。ここは島根半島北西部の西側断崖下にある、凝灰岩を海食した洞窟遺跡です。1948年の漁港修築工事に伴い、同洞窟内の土砂を採掘中、弥生時代から古墳時代にかけての人骨を十数体発見。1700年前の女性の白骨が状態よく残っていたという特異な遺跡です。腕には...
  • 神秘と感動の絶景を探し歩いてsazanamiziroさんのプロフィール
ぺんさん
  • 諏訪神社古墳【群馬県藤岡市】
  • すると鍵を貸し出してくださいます。開口部から撮影。全長5.9mの両袖式横穴式石室で、羨道部の開口部側は自然石を積み上げて築かれた乱石積みで、途中から切石積みに変わります。羨道部の途中から玄室側を撮影。凝灰岩製の切石はとても優美で、持ち送りがあるのが特徴的です。玄室を撮影。全長3.1m、幅1.9m、高さ2.2mで、奥壁は一枚の大きな石材が用いられていました。奥壁から0.7m手前には棺を納めるための間仕切り...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
KABUOさん
  • 関山街道の史跡と歴史をご紹介! 関山街道を行く
  • ちらです。www.yamagatakabuo.onlinewww.yamagatakabuo.online山口の大仏成生庄の豪族二階堂氏の造立した説があり若松観音信仰を目的に建てられたと言われています凝灰岩の石質により砕いてオコリの妙薬に使われてしまった為所々削られてしまいました。春日神社地元の方々に信仰されている春日神社立派な社殿で近くには道満の三光ヒバと呼ばれる天童市の市天然記念物に指定されている樹...
  • KABUOカブで激走 山形 東北街道巡りの旅KABUOさんのプロフィール
Yuminaさん
  • 地下通路が交錯する廃墟の町チェッレーノ
  • には道がほとんどないんです。道を通すスペースがあるなら、家を建てようという感じ。 では住人はどうやって町の中を移動していたのか。 地下に通路をはりめぐらせていたのだそうです もともとはエトルリア人が凝灰岩の丘の絶壁を掘って住んでいたんですね。やはりブラッチャーノ近郊にあるスートリという町の円形競技場、あれと同じですね。この辺りに住んでいた古代人の建築技術は、石を積み上げるのではなく、岩を掘って作る、と...
  • 古城と湖の町、イタリア ブラッチャーノ通信Yuminaさんのプロフィール
ぺんさん
  • 下大賀遺跡-十林寺古墳【茨城県那珂市】
  • 月17日に現地説明会が行われました。残念ながら撮影した写真をSNSにアップするのは禁止とのことですので遠景から。画像中央の見学者が集まっている辺りに古墳が存在しています。現地説明会資料から画像を拝借。凝灰岩の切石を用いた横穴式石室の下部が見つかり、玄室から直刀3、瑪瑙製勾玉1、骨片が出土。周溝は幅3〜5.8m、深さ0.4〜1.4mほどで土師器・須恵器が見つかっています。築造年代は6世紀後半。古墳の東半分...
  • ぺんの古墳探訪記ぺんさんのプロフィール
Yuminaさん
  • チヴィタ・ディ・バニョレージョで裏道散策
  • ピナスのブルーにアジサイの白が涼しげな裏通りの一角。 ブラッチャーノの旧市街は黒っぽい石造りの家なんですが、それがなんとなく暗い雰囲気なんですよね。いかにも中世の街並みって感じ。 チヴィタはベージュの凝灰岩で、それが町全体をほっこり明るい印象にしていると思います。おとぎの国っぽいのは、そのせいかもしれません。...
  • 古城と湖の町、イタリア ブラッチャーノ通信Yuminaさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

凝灰岩について