仁王像

仁王像についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [仁王像] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

仁王像を含むブログ記事

Hiroshi Ikedaさん
  • 称名寺 金沢文庫をたずねる
  • 。高見順の小説に「誰だってアカ門出だ」というのがある。赤門をくぐって参道には民家が連ねている。昔は称名寺の土地で、売られて赤門と仁王門をつなぐ参道沿いの土地は町屋になった。仁王門は立派な門で、堂々たる仁王像阿吽二体が鎮座しておられた。仁王門をくぐると目の前に少し大きめの池の中之島をつなぐ朱色の反橋と平橋がかかっていて、真正面に金堂が建っている。寺院は金堂、釈迦堂、鐘楼等を残しているが、称名寺の境内は今や...
  • ただ、酔いて…Hiroshi Ikedaさんのプロフィール
文吾さん
n_shuheiさん
  • 百済寺 11月8日 高野山、奈良・長谷寺、室生寺と滋賀・湖東三山(6)
  • .1 Mega Pixelsプログラムオートで撮影 ( f4 1/500秒 48mm ISO1250 ) 露出補正 -0.3段120.本堂に向かって右側の草鞋 正面につり下げられた一対の大草鞋は、昔は仁王像の大きさに応じて50cm程度だったが、江戸時代中頃から仁王門を通過する参拝客が健脚、長寿の願を掛けるようになり、触れると、身体健康・無病長寿のご利益があると言い伝えられ、草鞋が大きいほどにご利益も大き...
  • Studio YAMAKOn_shuheiさんのプロフィール
貢蕉の瞑想さん
  • 知十と有磯の砂
  • と当時の城主土肥政繁は織田家を見限り上杉家に従った為、天正 11年(1583)、信長の旧臣の攻撃を受け弓庄城は落城。 土肥氏は上杉氏を頼って越後に落ち延び、徳城寺は滑川に移ったという由緒。 木彫の阿吽仁王像、新に彫られたよう。 鐘楼も六角堂と凝っている。 徳城寺境内にある芭蕉句碑(有磯塚)は元禄2年(1689)に奥の細道行脚で当地を訪れた芭蕉と曾良が泊まったとされる川瀬屋の後裔である七代目当主彦右衛門(...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
感動野郎さん
  • 多摩モノレール すごろくゲーム 柴崎体育館駅編
  • ていました♪ そしてイチョウもまだ見頃でした♪ そしてそして国宝の「六面石幢」です。ガラスに反射して、写真が上手く撮れない(涙) *****(サイトより引用)六面石幢は立川唯一の国宝で阿金剛・吽金剛の仁王像と、持国天・増長天・多聞天・広目天の四天王像を、それぞれ緑泥片岩の板石に刻み、この六面を六角の柱状に組み合わせ、六角形の笠石と台座で固定した石幢です。造立年代は、刻文により延文六年(1361年)7月6...
  • 感動野郎の感動ことば♪感動野郎さんのプロフィール
文吾さん
  • 宇佐神宮六郷満山霊場の御朱印 (第14番霊仙寺・第15番・實相院)
  • 13 |寺社巡り  第14番霊仙時は、本尊に千手観音をお祀りし、六郷満山末山本寺として最盛期には十二の坊を有していました。 境内に奉安されている石造は高さ4メートルを超す九州一大きな地蔵尊をはじめ、 仁王像・毘沙門天・蔵王権現・扁平五輪塔・国東塔など数多くの文化財を有しています。 山門としても威厳を放つ鐘楼門はもともと六所権現にあったものを廃仏毀釈の際に解体せずに、 村人の信仰により現在の位置に移築した...
  • 風景印集めと日々の散策写真日記文吾さんのプロフィール
ryuさん
  • 会津下郷〜紅葉三昧 (観音沼) 編 ?
  • 11年(1698年)に南山御蔵入三十三観音霊場の十三番札所になり信仰を集めているそうです。御堂は明治25年の再建で唐様式の方三間宝形造りで彫刻が見事。山門は天保13年(1843)建立で左右に彩色された仁王像が祀られています。 ↑ 会津下郷〜紅葉三昧 (観音沼) 観音沼北岸   沼の岸辺や中ほどの島は観音沼の特徴でもある浮島が見えています。浮島と言っても完全に浮遊し移動するわけではなく成り立ちは浮島でも...
  • 福島・四季の風ryuさんのプロフィール
トク爺さん
  • 奈良マラソン? 先ずは観光? 【1】
  • きたいwグッとこらえて向かった先は薬師寺今年で5回目の奈良マラソン同僚さん(若手)に教えてもらった南都七大寺59年間ボーッと生きてんじゃねーよ??チコちゃんだけでなく皆に叱られそうだ( ̄▽ ̄;)山門の仁王像極彩色に彩られてさすが古都は違うな金堂内は撮影禁止修学旅行の学生さんがいっぱい若さが眩しい大講堂当然中は撮影禁止薬師寺のHPで詳細はわかります西塔正面から撮影したが逆光でうまく撮影できず横からの図東塔...
  • アラ還爺ぃのひとりごとトク爺さんのプロフィール
MR.コールマンの挑戦日記さん
  • 湘南海岸ポタリング
  • た。片瀬漁港に着くと、東・西のプロムナードでは、多くの釣り人の姿が見られ長閑な湘南の冬を実感していました。一休みしてかつての刑場跡で龍口法難で知られる「龍口寺」へ立ち寄ってみました。仁王門には、阿吽の仁王像が立ち訪問者を睨みつけるようにチェックしているようです。また門の天井には、素晴らしい一対の龍が描かれていますが、名前にもなっている龍に縁があるようですね〜また山門の表裏には、中国の故事にちなんだ素晴ら...
  • MR.コールマンの挑戦日記MR.コールマンの挑戦日記さんのプロフィール
ハルカさん
  • 【リゾバ】淡路島で働こう![2018年11月 その6]
  • までもうひと上りですよ〜!これが本当に最後の階段です。なんだかんだで結構上らされてるよなぁ。まぁ、慣れっこだけども。やっと朱塗りの門が見えてきましたよ〜!仁王門には金剛力士像と大草鞋運慶作と伝えられる仁王像立派な仁王門に到着。ここにある仁王像は運慶作…らしい。実際の作者は未だ不明。でも私は仁王像より手前の大草鞋に目が行ってしまう。ビッグフットくらいにしかフィットしないであろうサイズ感。(笑)仁王門から見...
  • ∞TRIPハルカさんのプロフィール

仁王像を含むブログ村メンバー

  •  
くまさん
NPO潮高満川(しおた)さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

仁王像について