網野善彦

網野善彦についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [網野善彦] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

網野善彦を含むブログ記事

ひろかずのブログさん
  • お爺さんが語る郷土の歴史(126) 文観を追え(4)、文観は、加古川の大野で生まれる
  • いうとチョットいかがわしい怪僧であり、てっきりその生まれは、「加西」で、一乗寺で研鑽をした僧侶ぐらいに思っていました。?そしてそれ以上に深く考えませんでした。?それが入門書ばかりですが、中世史の碩学、網野善彦先生の著書を読んでいると、「文観は加古川市加古川町大野の出身で、大野の常楽寺で研修を始めた」と思えてきました。???文観の誕生日:弘安元年(1278 )1月11日?また、昭和29年度氷丘公民館地域学講...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
ひろかずのブログさん
  • お爺さんが語る郷土の歴史(125) 文観を追え(3)、文観ってだれ?
  • 方の城山)?最近読んだ本に、いずれも入門書ですが『日本の中世に何が起きたか』(日本エディタースクール出版部)、『日本の歴史をよみなおす』(ちくま学芸文庫)、『異形の王権』(平凡社)があります。いずれも網野善彦氏の著作です。 ?それに、『歴史の主役たち(永井路子著)』(文芸春秋)も読みました。 ?????文観(もんかん)ってだれ? ?中世に関する本を読みだしたのは、郷土の歴史散策をしていて、虫歯が急にうずく...
  • ひろかずのブログひろかずのブログさんのプロフィール
JAPANなかたさん
  • 宮本 常一 絶筆 民俗学者
  • のさきがけとしても活躍した。 民俗学の分野では特に生活用具や技術に関心を寄せ、民具学という新たな領域を築いた。宮本が所属したアチックミューゼアムは、後に日本常民文化研究所となり、神奈川大学に吸収されて網野善彦の活動の場となった。 イザベラ・バードの旅 『日本奥地紀行』を読む (講談社学術文庫) [ 宮本常一 ]...
  • 言心録JAPANなかたさんのプロフィール
移動祝祭日さん
  • 日本の歴史をよみなおす (全)
  • の中を彷徨う。観たもの、想ったことをただただ漠然と書きとめています。日本の歴史をよみなおす (全)2018-03-17 |book本を読んだ。★日本の歴史をよみなおす (全) (ちくま学芸文庫)著者:網野善彦出版社:筑摩書房 農業中心歴史観のよみなおしです。内容(「BOOK」データベースより)日本が農業中心社会だったというイメージはなぜ作られたのか。商工業者や芸能民はどうして賤視されるようになっていったの...
  • 移動祝祭日移動祝祭日さんのプロフィール
三毛ネコさん
風紋さん
  • 【佐藤優】よりましなポピュリスト、「普通の人」が豹変するストーカー、規格外のトランプ米大統領
  • 秘密」「【佐藤優】原油暴落の謎解き、沖縄を代表する詩人、安倍晋三のリアリズム」「【佐藤優】18歳からの格差論、大川周明の洞察、米国の影響力低下」「【佐藤優】天皇制を作った後醍醐、天皇制と無縁な沖縄 〜網野善彦『異形の王権』〜」「【佐藤優】新しい帝国主義時代、地図の「四色問題」、ベストセラー候補の研究書」「【佐藤優】ねこはすごい、アゼルバイジャン、クンデラの官僚を描く小説」「【佐藤優】外交官の論理力、安倍政...
  • 語られる言葉の河へ風紋さんのプロフィール
OWLさん

網野善彦を含むトラコミュ

山梨県立博物館
  • 山梨県立博物館
  • 山梨県笛吹市の博物館。2005年に開館し、テーマは「山梨の自然と人」。構想には故網野善彦氏が携わり、現館長は平川南氏。歌川甲州文庫に含まれる文書群のほか、広重筆の甲...
  • トラックバック数:8 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

網野善彦について