中枢神経

中枢神経についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [中枢神経] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

中枢神経を含むブログ記事

s-bi-taroさん
kiriさん
  • 花は季節通りに
  • 最後の共演って感じです朱色の彼岸花が咲いてました。そうかもうそういう時期なのか綺麗な花ではありますが、どこか怪しい花でもあります綺麗な花には毒がある、経口摂取すると吐き気や下痢を起こし、ひどい場合には中枢神経の麻痺を起こして死に至ることもある。 だそうだ((+_+))怖い怖い。しかし、毒でもあるが薬草にもなるという微妙な植物。素人が手を出しちゃ駄目なやつだね。ミニミニ峠へと続く道々、彼岸花が見頃でありまし...
  • ねこちゃりDO!DO!DO!4plus6kiriさんのプロフィール
里奈さん
  • 夜中に足がつるのは病気のサイン?足がつる時の対処法・予防法
  • 合は多くなりますが、健康な人でも立ち仕事やマラソンなどの激しい運動によって起こることがあります。筋肉の伸び縮みを調整しているのはミネラルや水分などです。ところがそのバランスが崩れたり不足したりすると、中枢神経からの司令が筋肉にうまく伝わらなくなり、筋肉の発作的な収縮(痙攣)が起こります。また、筋肉疲労によってできる乳酸がスムーズに排出されないなど、神経伝達機能の不調から足がつると考えられています。ミネラル...
  • Ballerina〜美姿勢&美脚メソッド〜里奈さんのプロフィール
みやび89さん
  • 妊娠すると#カフェイン は控えた方が良いと言われますが何故控えた方が良いのかご存知ですか?...
  • View this post on Instagram 妊娠すると#カフェイン は控えた方が良いと言われますが何故控えた方が良いのかご存知ですか? カフェインには中枢神経を刺激して緊張させ血管や心筋などの収縮を促し、#基礎代謝 を活発にする働きがあります。 #妊娠初期 に血管が収縮するとお腹が張り、#流産のリスク が上がってしまい ます。 カフェインが多く含まれる#...
  • 新宿 不妊治療 みやび鍼灸院みやび89さんのプロフィール
cocomama-..-さん
  • ゴメンヾ(゚д゚;) ゴッ、ゴメン
  • カカオに含まれる「テオブロミン」排出する機能を持っていない上、  テオブロミンに対する感受性が非常に高くなっているためです。  猫がチョコレートを舐めたり食べてしまったら、テオブロミンの過剰摂取により中枢神経や心臓に害を及ぼし、  中毒症状を起こしてしまいます。昨日、私がチョコを食べようとしたところ コタローがにゃに? にゃに食べてるの?って来たので コタローの食べれないもの って ニオイをかませたら急に...
  • COCOの毎日cocomama-..-さんのプロフィール
Keiさん
  • 「睡眠障害」が治らない人もいるのは…
  • か、脳そのものが不全ならばどうしようもないな…等と勝手に素人なりの解釈をして落ち込んだり、悲しんだり、引きこもったりしていた暗い時期がわたしにもありました。 だけど…「神経発達症」という表現になって中枢神経の伝達経路の発達(成長)にヌケや不全が起きているのだとしたら、そのヌケや育っていない部分が育ったら何とかなるのではないか?という希望が持てました。 …というのも、生まれたての乳児期から既に睡眠障害があ...
  • おしゃべり大好き!自閉っ子「チョロちゃん日記」Keiさんのプロフィール
後藤けいさん
  • 難病はどれもこれも1975年以降から急増
  • に多い。 ----------------------------------- 3) 多発性硬化症(multiple sclerosis=MS)と   視神経脊髄炎 多発性硬化症と視神経脊髄炎は、中枢神経系自己免疫疾患の代表的疾患です。男女比は1:3で、女性に多い。北日本に発症率が高くなっています。海外は、北ヨーロッパ、カナダ、アメリカ北部での有病率が高い。再発と寛解を繰り返し、最後には、寝たきりにな...
  • 潰瘍性大腸炎の改善・全治・根治後藤けいさんのプロフィール
Inedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さん
  • 心から感動できる神経系アロマ
  • 、感情など電気信号と神経伝達物質で制御し、心や身体の健康を維持しますが、アロマテラピー(香り)でアプローチできる得意い分野であることをお伝えします。人体の発生、胚子期において一本の神経管から形成される中枢神経系ですが、私たちが持ち合わせたその素晴らしい機能に心から感動できます。精油成分(香り)が、多岐に渡って働きかける有用性に感動せずにはいられません。全てを統合する中枢神経系、たくさんの神経細胞と神経膠、...
  • 香りと色がもたらす癒しの生活 心と身体に安らぎをInedo アロマ&オーラソーマ 愛知・名古屋さんのプロフィール
ボンタンアメ好きさん
  • 睡眠改善薬のオーバードーズに突入!しかし睡眠の質は改善されず 睡眠改善薬なのに!
  • で、数時間眠る。寝汗を掻いて目が覚める。そしてまたちょっと体力が戻ったらパブロン+カローミン。こんな毎日の繰り返し。どんどん自分でドツボにハマっている感じ。もう自律神経はめちゃくちゃになっていたはず。中枢神経にしたってダメージを受けているに違いない。生きていることに漠然とした怖さを感じる。いつ絶命してもおかしくないのではないか?とにかく、風邪薬(パブロンゴールド・金パブ)とカローミンの相性は最悪だと分かっ...
  • 市販薬 風邪薬依存症克服記ボンタンアメ好きさんのプロフィール
babatanukiさん
  • アルコールは「毒物」でした!
  • ったのは成長発達する 子供であってもたとえ 毒物指定されている薬でも「薬だから飲んで当たり前です」 と いともカンタンに処方する小児科医たちのことです。 コンサータは、発達障害の子供たちに処方される 中枢神経の興奮剤です。意識がスッキリとする 「覚醒効果」があります。「毒物」に指定されています。薬に対して依存性もあります。飲み始めたら 依存性があるのですぐには 止めることが出来なくなります。 私なら揮発す...
  • babatanukiのブログbabatanukiさんのプロフィール

中枢神経を含むトラコミュ

覚醒剤
  • 覚醒剤
  • 覚醒剤(かくせいざい)とは、狭義には覚せい剤取締法で規制されている薬物であり、規制対象としての覚醒剤は「覚せい剤」と記載される。広義には脳内を刺激させる中枢神経...
  • トラックバック数:41 TB参加メンバー数:20人カテゴリー:ニュースブログ
ギラン・バレー症候群
  • ギラン・バレー症候群
  • ギラン・バレー症候群( - しょうこうぐん、Guillain-Barré syndrome)とは、急性・多発性の根神経炎の一つで、主に筋肉を動かす運動神経が障害され、四肢に力が入...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:病気ブログ

中枢神経を含むブログ村メンバー

  •  
mitsuyakkoさん
himawariさん
岡山中枢神経障害リハビリ研究会さん
音響免疫療法患者の会さん
たろひゃんさん

中枢神経を含むアンケート&掲示板

  •  
  • うつ病治療に薬は必要か?レス: 0/24(29件)メンタルヘルスブログ
  • あと睡眠薬、等々です  ※トランキライザーは精神安定剤のこと  ※向精神薬は  中枢神経系に作用し、  生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称(ウィキより)   ※麻薬...

にほんブログ村

>

キーワード

>

中枢神経について