元禄二年

元禄二年についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [元禄二年] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

元禄二年を含むブログ記事

朝寝のカプさん
  • 宮城野に秋を求めて
  • 公園には逍遥の道とでも呼べる坂道がある。ここに地元のロータリークラブが和歌や俳句、文章などの看板を立てた。その一つに芭蕉の仙台入りの奥の細道の一節がある。詠んだ句は「あやめ草 足に結ばん 草鞋の?」 元禄二年五月四日の作だ。それが写真だ。秋を現す木々も少しずつ葉の色を変え普段とは異なる風情を見せている。これもまた宮城野の風景。そんなことを考えながらぐるりと公園内を歩いて見る。常緑樹の松は青々としているが、...
  • 朝寝のカプ朝寝のカプさんのプロフィール
兵庫観光コンシェルジュさん
  • 「舞子六神社」(神戸市)
  • 舞子六神社に行ってきました祭神伊邪那岐大神伊邪那美大神天照皇大神素盞男大神月夜見大神蛭子大神ご由緒創建は、御輿渡御に供奉する金幣の刻銘により、元禄二年(1689年)まで遡ることができるが、神社に関する古記録が失われているので、それ以前については不詳である。江戸時代前期中葉に、播州明石郡山田村の総鎮守として六社大明神の社を建て、六柱の神を祀ったのが創...
  • 兵庫のことを知り隊〜兵庫観光コンシェルジュさんのプロフィール
維新と興亜さん
  • 第十九回『保建大記』を読む会のお知らせ
  • 保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一〜一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこ...
  • 維新と興亜維新と興亜さんのプロフィール
ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさん
  • 10月19日から12月16日「京都国立近代美術館」で開催される「藤田嗣治展」
  • 。楽吉左衛門館の茶室。5月27日までの特別展など「楽美術館」。450年にわたる歴代の当主の作品が観賞できる楽焼の美術館GWに訪れたい美術館。「龍谷ミュージアム」。リニューアルした「堂本印象美術館」創業元禄二年の「半兵衛麩」が収集した芸術品。 食文化を伝える「お辨當箱博物館」[田辺三菱製薬史料館」大阪の薬の町にある企業博物館記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« [粟田...
  • ネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theネコのミモロのJAPAN TRAVEL (Mimoro theさんのプロフィール
クックママさん
  • 半兵衛麩
  •                         一口アイス        見た目よりボリュームがあるのでお腹がいっぱいに             大好きな、お麩なので満足             創業元禄二年(1689年)の京都の半兵衛麩さん                美味しかった〜 ご馳走さまでした...
  • キャプテンクック?クックママさんのプロフィール
貢蕉の瞑想さん
  • 遊行雑記?
  • 曾良はソ良。「初瓜や かふり廻しを おもひ出つ」 不玉が、「三人の 中に翁や 初真桑」 。 玉志良は、「興にめてゝ こゝろもとなし 瓜の味」と続く。 興奮して歌を作り、瓜の味どころではないと鋭し。 「元禄二年晩夏末」と記され、それが石碑に刻まれている。 芭蕉が酒田在住の元禄2年(1689年)6月23日、市内のあふみやに招かれて、即興の発句会を催した時の作で、芭蕉が懐紙に残しており、本間美術館に保存されてい...
  • 貢蕉の瞑想貢蕉の瞑想さんのプロフィール
mimiさん
  • 京都老舗・半兵衛麩の「なま麩の田楽」
  • 半兵衛麩の「なま麩の田楽」創業元禄二年の京都・老舗の半兵衛麩。こちらの生麩を使いました。ごま麩とあわ麩、そして自家製田楽みそと竹製田楽串も入っています。さらに、田楽レシピまで入っていて、まさに「かんたんお料理」。まずは、?あわ麩、ごま麩を...
  • 冥王星へ連れてってmimiさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

元禄二年について