元禄二年

元禄二年についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [元禄二年] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

元禄二年を含むブログ記事

ともっちさん
  • 山梨祇園祭り☆政和殿☆
  • 湧き上がり、打ち上げ花火が一層盛り上げ、まばゆいばかりの夏の風物詩が繰り広げられます。山車の名称「政和殿」の由来は、定かではありませんが言い伝えによると、その昔、第十四代横須賀城主、西尾隠岐守忠尚公、元禄二年生まれ、正徳三年、忠成の跡を継ぎ城主となりました。忠尚は将軍の信任厚く、享保十七年に幕府の奏者番となり、享保十九年には江戸城西の丸の要職に就き、延享三年五月幕閣に列し、老中となり従四位を授けられていま...
  • 〜Sky Wing〜ともっちさんのプロフィール
4ままさん
  • 山門到着。これから1070段の道のりへ
  • 跡を踏む】として、【親子道】【子孫道】とも言われています。せみ塚に到着。松尾芭蕉は奥の細道に【閑さや 岩にしみ入る 蝉の声】という句を残しており、それを想起したのがこの場所と言われています。松尾芭蕉は元禄二年に山寺を訪れており、後に弟子たちが当時を偲んで、ここにせみ塚を立てたそうな。すでに、ここまで、疲労が????笑っほんと水分補給でしばし休む。ここで2組の老夫婦と会い色々お話。何回も山寺きてるらしく、い...
  • LOVE &SMILE CANBODIA4ままブログ4ままさんのプロフィール
維新と興亜さん
  • 第十七回『保建大記』を読む会のお知らせ
  • 『保建大記』は、崎門の栗山潜鋒(一六七一〜一七〇六)が元禄二年(一六八九年)に著した書であり、『打聞』は、同じく崎門の谷秦山が『保建大記』を注釈した講義の筆録です。崎門学では、この『保建大記』を北畠親房の『神皇正統記』と並ぶ必読文献に位置づけております。そこでこ...
  • 維新と興亜維新と興亜さんのプロフィール
ひより510さん
  • 京都旅行で購入した美味しいもの・お買い物マラソンがいきなり来ます!
  • ?ダンデライオンの本?最後にこちら。ちょこんと座った舞妓さんは最終日に立ち寄った nikiniki さんの生八ツ橋!です。可愛らしい創作八ツ橋が並ぶ洋菓子店のようなお店を見てお若い企業さんかと思ったら元禄二年に創業された聖護院八ッ橋総本店 さんによる新ブランドなのだそう。家に帰って来て箱を開けると、やっぱり可愛いよ〜舞妓さん!しかしどこから食べていいのか悩ましいというか、心苦しい。笑もうひとつは千鳥。舞妓...
  • ひよりごとひより510さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

元禄二年について