寂寥感

寂寥感についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [寂寥感] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

寂寥感を含むブログ記事

山本嘉寛建蓄設計事務所さん
  • moving days
  • ことがあります。それは劇的な変化で分かりやすいものです。一方「家」と「部屋」の違いはとても微かで、ひっそりしたものです。でも引越しする時、荷物を運び出してがらんどうになった部屋に入って、言いようのない寂寥感を感じる方は多いのではないかと思います。そういった微かで、しかし着実な変質の姿が良く捉えられているように思いました。さて、この写真展を見に来たのは、写真集に納められている一室が「岡山ビル」のレジデンス...
  • [大阪・奈良] 山本嘉寛建蓄設計事務所ブログ山本嘉寛建蓄設計事務所さんのプロフィール
SV鳩子さん
  • 平穏に入試を迎えるための準備
  • ること(できれば5以内)これ以外はちゃんとクリアできているのです。(※一応、5以内は外すこともあるけど10以内はキープしてます。ダガシカシ過去問の出来は)そう。なんだか最近、弊ブログには隠しようもない寂寥感と倦怠感が漂っておりますが、その割にはちゃんと明るくいられるのは、併願校の条件(上記2番目以降)が揃っているからなんですね。ただうちの場合、偏差値的には安全圏なんですけど、過去問との相性が悪くてですね...
  • 公立出身母が中学受験に挑むブログSV鳩子さんのプロフィール
砂嵐さん
  • 平成時代
  • 、いよいよ平成時代も終わる。この平成時代の間は、様々な出来事があった。僕の中でも様々な出来事があったが、その出来事なんてほんの一欠片である。だが、そんな一欠片な出来事でも僕の中では衝撃的であると同時に寂寥感を覚えたものでもある。ただ、そこで立ち止まっている時間はなく、只管突き進んでいくだけである。それは、4月のブログでも書いた通り、自分の夢に向かい、壁があれば壊して進んでいくだけである。ただ、その夢が達...
  • 砂嵐のブログ砂嵐さんのプロフィール
庭先の四季さん
  • 釣瓶落としの秋の夕陽と富士
  • です。外で夢中で遊んでいた子供たちが、ふと気づくと日暮れとともに辺りはすでに薄暗く、家路を急いだ幼い頃の記憶とも重なって・・ 秋の真っ赤な夕焼け空には、胸を締め付けられるような懐かしさとともに、一抹の寂寥感を感じてしまいます。。沈みゆく秋の夕陽と富士山。(写真は過去の蔵出しです)あっという間に沈んでいきます。。沈んだ後の夕焼け空と富士山。『ささやき』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして...
  • 庭先の四季庭先の四季さんのプロフィール
いぬぶえさん
  • 崖っぷちの意味[J2第35節:熊本戦@エガオS]
  • こんにちはともに課題は明白。熊本は得点力のある千葉の攻撃を我慢できるか(J公式)プレビューお互いに厳しい状況、そう一括りには言えない状況。JEFのそれが焦燥感や寂寥感...
  • 犬魂一笛いぬぶえさんのプロフィール
ひこぱぱさん
  • 62歳、生まれて初めて。落合恵子さん。
  • 動かしたんだなと今さらながら思った。けっして今日の主催者の熱意が不足していたなどと言うつもりではない。ただ、事故後、7年余りが過ぎ、右翼反動の勢いが益々強くなり、改革派市民の運動が敗北し続けてきたその寂寥感が大き過ぎる。屈辱に耐えて闘い続けることの困難さ、偉大さを改めて思う。『諦めない!許さない!』オキュパイ大飯の闘いは永遠に続く(^^)v僕もそろそろ、両親の介護から陥った鬱・引き籠りから脱していかなき...
  • ひこぱぱひこぱぱさんのプロフィール
MAYAさん
  • 娘がプリンセスドレスを卒業してしまった。
  • 雪姫、美女と野獣のベル、シンデレラ、眠れる森の美女、アナと雪の女王、あたりは役柄ごとにサイズごとに3ー4着は買った。お友達と一緒に、アナ。もう二度と袖を通されることはないのだろうか。それはちょっとした寂寥感だ。そして私自身も幼い頃の娘のママを卒業するという事に8年という年月が流れたことを振り返る。子供の成長は止まらない。それはもうプリンセスドレスを着ない娘のようにかつてあったものをざっくりと手放し微塵も...
  • ラグジュアリー旅ブロガーMAYAオフィシャルブログMAYAさんのプロフィール
あつあつさん
  • アメリカへの旅・ポートランド編〜celebration(2/3)
  • ラで描かれた作品にはアメリカの一般庶民の中の良心と独立心がよく描かれていて、そして繊細な描写で描かれる草原の草の一本一本の向きから感じられる吹き渡る風の向きや、冷え込んだ晩秋に一瞬感じる一抹の寂しさや寂寥感までを表して、身近な題材が多いだけに余計に親近感を覚えます。 ロックランド(Rockland)という街、これといった特徴なく本当は一泊する必要ないのですが、相方の妹さんがどうしても思い出作りをしたい、...
  • パリは動く祝祭〜Movable Feastあつあつさんのプロフィール
F45PHOTOSさん
  • 海へ続く電柱
  • から一変、現地に着くや否や黒く厚い雲が垂れ込めるおあつらえ向きの空模様に。見渡す限り、ひと気の無い閑散とした空間に、羽田に向けて最終着陸態勢に入った旅客機が轟音を響かせ頭上を通過する、なんとも言えない寂寥感に襲われるような情景でした。おそらく、もう足を運ぶことはないだろうけど、最後に作品として納得のいく写真が撮れてよかったです。...
  • F45 Photo BlogF45PHOTOSさんのプロフィール
いっこさん
  • 南トスカーナの村 アッバディア・サン・サルヴァトーレ
  • ないと言うので、はて?どんな村ぞや?とずっと思っていたが、ようやく訪れる機会を得た。背後に標高約千七百メートルのアミアータ山が聳える。19世紀末から水銀の鉱山で栄えたが、1970年代には廃坑となった。寂寥感漂う鉱山跡が、今は歴史博物館として残っている。中世には、ローマへの巡礼の道フランチジェナ街道が近くを通っていたことと、この村の名前の由来となった大きな修道院(アッバツィア)があることもあり、この村へ立...
  • フィレンツェの空の下でいっこさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

寂寥感について