デカルト

デカルトについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [デカルト] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

デカルトを含むブログ記事

バルテマイさん
  • 東西哲学を統合した新しい世界哲学の時代 西田幾多郎
  • き世界的世界を構築することはできないのです。  さて,西田幾多郎については以上ですが,彼と非常に関係の深い人物についても触れておきましょう。 それは,フランスの天才的哲学者アンリ・ベルクソンです。 デカルトからヘーゲルまでの西洋哲学は,知性によって真理を認識しようとしました。 しかし,ベルクソンは知性ではなく直観こそ,真理を認識するための主要方法であると主張したのです。 知性とは,人工衛星が地球を周回し...
  • 真理の研究バルテマイさんのプロフィール
柑橘類好きさん
  • 読んでもなかなか理解できない本
  •  私の場合、西洋哲学系の本の中でもスッと頭に入ってくるものと何回読んでも頭に入らないものがあります。たとえば『方法序説(デカルト/岩波文庫)』や『読書について(ショウペンハウエル/岩波文庫)』はスッと頭に入って、かなりの程度記憶に定着している感じがします。その一方で『知性改善論(スピノザ/岩波文庫)』や『プロレゴメナ(カント/...
  • ニート生活の記録ですよ柑橘類好きさんのプロフィール
近代科学研究会さん
  • 「一生幸せになる機械」に脳を繋ぎたいか
  • らね。ネコの見え方を真に理解することは難しい。あるいは、聞こえるものも当然違います。では、人間とネコ、どちらが「本当の世界」を認識しているのでしょうか。はたまた、次のような場面を想像してみてください(デカルト『省察』に出てくる話のアレンジです)。円筒形の建物が遠くに見える。近くまで歩いていくと、六角柱の建物だった。遠くから見ると美人・イケメンでも、近づいてみると……というのは、よくあることです。デカルトは...
  • 近代科学を切開する近代科学研究会さんのプロフィール
Tommy.Juneさん
絵じゃないかおじさんさん
  • あ@われ思う 001 我思うゆえに我あり青リンゴ
  • nglish translation 001 我思うゆえに我あり青リンゴ ↓(無料のとある英訳)Green apple cogito↓(無料のとある英訳からの和訳戻し)グリーンアップルコギトつづく註;デカルト「我思う、ゆえに我あり」(『方法序説』)コギト出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』コギト(cogito)とは、ラテン語であり、自己意識という事柄が意味されている。これは元々は...
  • 絵じゃないかおじさん絵じゃないかおじさんさんのプロフィール
moshimoshiさん
  • 今までと、これからの学校体育の在り方について考える
  • の算術的総和として身体全体の機能がアップする」という発想である。言い換えれば、今のスポーツ界には「OSのバージョンアップ」・「全体のシステムの組み換え」という発想がないと指摘している。この発想の源は、デカルトを祖にした心身二元論に立脚する近代科学の「要素還元主義」の考え方にまで遡るのではないかと私は思う。本来、近代科学のパラダイムは、生命的な対象、例えば人間を対象にした研究には不向きであり、非連続的・非線...
  • ようこそ!「もしもし雑学通信社」へmoshimoshiさんのプロフィール
柑橘類好きさん
  • 西洋哲学に その2
  • 、ようやく知識が定着し始めましたが、本来ならもっと早くそうすべきだったんだろうなと思います。 そもそも2015年くらいまでは、西洋哲学の全体像がまだつかめてなかったというのもあるかもしれません。例えばデカルトの著書を読むにしても、デカルトはそれ以前のプラトンやらアリストテレスやらトマス=アクィナスやら、色々な哲学者・神学者の考えを継承・批判しているわけで、デカルトの著書だけ読んでいてもダメなのだと思います...
  • ニート生活の記録ですよ柑橘類好きさんのプロフィール
hanakasanさん
  • 「歩くこと」で見えてくるもの
  • す。どんなに社会が発展しても人は二足歩行する特性を離れて生活することはあり得ないので、「歩くこと」を起点として哲学を考えていくことは理にかなっているし、なかなか面白い切り口だと思います。まっすぐ歩いたデカルト、跳んだりはねたりしたモンテーニュ、散歩をよみがえらせたルソーなど、面白いエピソードが満載です。それぞれの哲学者に添えられた見出し文も洒落ていて興味をそそります。考え方や思考方法を表現する場合に「歩く...
  • 1枚のメモが世界を変えたhanakasanさんのプロフィール
柑橘類好きさん
  • 西洋哲学に その1
  • を教えていたにも関わらず、主要な哲学者やその主著の内容をほとんど把握せず、「とりあえず名前を知っている」程度の知識で教えたつもりになっていたと、2012年になって気づきました。 例えば2012年まで、デカルトの『方法序説』を読んだことはありませんでした。大学時代(2001〜2005年)に一般教養科目の『哲学』を4単位分取り、世界史や公民系科目の高校教科書でもデカルトの名前や『方法序説』という書名は出てきま...
  • ニート生活の記録ですよ柑橘類好きさんのプロフィール
ウインさん
  • 「プラグマティズムを学ぶ人のために」加賀裕郎/高頭直樹/新茂之[編]
  • 気にかかった文章 プラグマティズムという思想が基本的に問おうとするのは、われわれが真理を求めようとする場合にあって、自分が使用すべき対話の形式や、問答の枠組みのあり方である。  反デカルト主義としてのプラグマティズムの位置づけということになるだろうし、他方では多元主義的哲学としてのプラグマティズムの位置づけということになる。  ジェイムズにおいてプラグマティズムは真理の確定の方法として...
  • ウインの「LIFE」ウインさんのプロフィール

デカルトを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

デカルトを含むブログ村メンバー

  •  
ebisuさん
スワさん
デカルトさん
  • デカルトのブログデカルトさんのプロフィール
  • 夏はドール(SDや等身大など)、冬はタンチョウの撮影を中心に、日常「徒然する」ブログです。
ルネ・デカルトさん

デカルトを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

デカルトについて