デカルト

デカルトについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [デカルト] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

デカルトを含むブログ記事

はじめての哲学さん
  • 抜粋  蔵本由紀『新しい自然学』非線形科学の可能性 ちくま学芸文庫 二〇一六年
  • 述べたように、述語的な世界というものにより関心を向ける態度から生まれる科学描写を私は念頭においているのであるが、 科学にとって宿命的とも思われる「孤立分断的記述」ということについて少し考えてみたい。 デカルト『方法序説』は分析の重要性を強調するが、総合の困難性にはわりに無頓着だったように見える。 それは、科学における「孤立分断的記述」が「全体的記述」に安易に対比されてしまうということである。多少挑発的な言...
  • はじめての哲学はじめての哲学さんのプロフィール
シャスタヒーリングさん
  • 「感性を育てる瞑想」p.109
  • 「自分が何を感じて、何を思って、何がしたいのか?」本当にまさに、人生とはそういった事柄を考え続けるのが目的なのかもしれません。「我思う、故に我あり」16世紀のフランスの哲学者、デカルトはそう言いました。しかし英訳の内容は少し違っていて、「I am here, because I think.」と言うそうで、日本語に訳すと、「『私が考える』という行為が、『私が此処に存在する』事の証明...
  • エナジークリアリストシャスタヒーリングさんのプロフィール
あがた めのおさん
  • 方法序説 第4部 その?
  • 私の本性に依存するものであり、そして、もしそれらが完全でないのならば、私はそれらを無から得ている、すなわちそれらは私が欠点を持っているが故に私の中にある、と信じることが出来たからである。<訳者ノート>デカルトは1633年、30代で「世界論」を書き上げていました。その中には「地動説」を支持する考えが示されていましたが、ガリレオ・ガリレイが宗教裁判にかけられ地動説を撤回させられたことを知って、出版を諦めます。...
  • フランスの田舎暮らしあがた めのおさんのプロフィール
チキンさん
  • 長時間勉強法
  • 勉強らしい勉強は  していなかったのですが、  まんがで読破シリーズをよく読んでいました。 このシリーズの中には、  古文常識が学べる源氏物語、平家物語、  倫理で出てくる、西田幾多郎の善の研究、  デカルトの方法序説など  知っておくとお得な知識が学べるマンガが  多くあります。     また、スタディサプリの動画を  もう一度見直すということもやっていました。  特に社会科科目の倫理政経は一度見ただけ...
  • チキンハートの医学部再受験 → チキン医学生チキンさんのプロフィール
だいちさん
  • 統合失調症とナラティブアプローチとか
  • 母親の語りと合わせても、かつて才気にあふれ神童と言われ患者が、思春期に哲学書を耽読し、受験期の激しい競争、不登校と独学を経て、芸術に開眼し、展覧会でも入選、それを哲学的に理解しようという試み、そして、デカルトの理論にのっとった、美学を記号や数式に還元して理解し尽くす方法の「発見」の直後の発症と、その後の入院の繰り返し、という、自分に引きつけて考えても、統合失調症の経過としてはありがちに見えるが、従来の精神...
  • 生きる苦しみと希望の記録だいちさんのプロフィール
hiroyuki-hayashiさん
  • 意識はいつ生まれるのか
  • 意識はいつ生まれるのかマルチェッロ・マッスィミーニ / ジュリオ・トノーニ第2章 疑問が生じる理由・二元論には長い歴史があり、正式にはデカルトから始まった。デカルトの考えでは、精神と物理的な世界のあいだには断じてなんの関係もない。(中略)精神的なもの(思惟実体)と物質的なもの(延長実体)のあいだには埋めがたい溝があるという考え方が、二元論の...
  • ラーンフォレスト〜非言語コミュニケーション研修〜hiroyuki-hayashiさんのプロフィール
hkaihoさん
  • 人間ってどんなもの
  • はこの複雑怪奇さを持て余してきたようである。人間をいろいろなものに「たとえ」て理解しようとしてきたのも、そのあらわれとも見ることができる。 もっともよく使われたたとえは、その時代の最先端の機械である。デカルトの自動人形によるたとえ、フロイトの蒸気機関車によるたとえ、そして通信システムから、現代ではコンピュータによるたとえ、という具合である。いずれのたとえも人間のある種の特性を機械の特性によって際立たせたも...
  • 認知的体験hkaihoさんのプロフィール
老松望さん
  • 生きることを難しくしてしまったシステム
  • 次はじめに一 情報化/消費化社会の展開 自立システムの形成 1 新しい蜜蜂の寓話 管理のシステム/消費のシステム 2 デザインと広告とモード 情報化としての消費化 3 欲望の空虚な形式 または、欲望のデカルト空間 4 資本主義の像の転換 純粋資本主義、としての〈情報化/消費化社会〉 5 誘惑されてあることの恍惚と不安 システムの環としての幸福/幸福の環としてのシステム 6 システムと外部二 環境の臨界/資...
  • 朝のうちにあなたの種を蒔け老松望さんのプロフィール
あがた めのおさん
  • 方法序説 第4部 その?
  • 前回「Je pense, donc je suis」について書きましたが、もう少し。 方法序説はフランス語で書かれたので「Je pense, donc je suis」となっていますが、これをデカルトの友人のメルセンヌがラテン語に訳し「Cogito ergo sum」としたのですね。そして後年「cogito」の方が有名になってしまい、一人歩きするようになりました。デカルト的な考え方をフランス語でカ...
  • フランスの田舎暮らしあがた めのおさんのプロフィール
照井正邦さん
  • ハリー王子、メーガン(似顔絵)
  • タンを押してください。コメントを投稿する「・その他似顔絵」カテゴリの最新記事ハリー王子、メーガン(似顔絵)泉麻人(ハンコ風似顔絵)「アクリルガッシュ」茂木健一郎(かわいい似顔絵)「ポートレイト」ルネ・デカルト(似顔絵)似顔絵グループ展最終日(席描き似顔絵)似顔絵グループ展での席描き(一般の方の似顔絵)「似顔絵の勉強会」大杉蓮、遠藤憲一(似顔絵描き方川柳)東国原英夫(カリカチュア的似顔絵)「Illustra...
  • お絵描き日記〜イラストレーター照井正邦照井正邦さんのプロフィール

デカルトを含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ

デカルトを含むブログ村メンバー

  •  
ebisuさん
スワさん
デカルトさん
  • デカルトのブログデカルトさんのプロフィール
  • 夏はドール(SDや等身大など)、冬はタンチョウの撮影を中心に、日常「徒然する」ブログです。
dokkyosanさん
ルネ・デカルトさん

デカルトを含むアンケート&掲示板

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

デカルトについて