水墨画

水墨画についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • キラキラ言の葉☆こころで色を感じる
  • [水墨画] ブログ村キーワード市民ギャラリーにて、水墨画の展示会。(1枚にまとめたため、原画が欠けてしまって申し訳ありません)橋のたもと 3人の子ども達の絵がお気に入り。悪戯っぽい話し声、傘の上をたたく雨音、速くなった川の流れなどが聴こえてくるようです。紅葉にも、色が変わりつつある姿が見えてきます。色は、そのひとの想いや経験・記憶を彩っていてものを心で観ている時に再び表われます・・・。 ブログネタ:子供の・・・続きを読む
  • キラキラ美人サロン☆心とからだのアンチエイジング 心理カウンセラー*色彩アートセラピスト桜井まどかさん心理カウンセラー*色彩アートセラピスト桜井まどかさんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

水墨画を含むブログ記事

ガーデナー・すけさんさん
  • 7年ぶりに
  • すよ  さて仕事の話ではないのですが 先日久しぶりにこの場所に行ってきました そうです関東でも有名なパワースポット三峰神社です 平成最後の年 7年ぶりにお参りする事が出来ました  葉の落ちた山は水墨画のように綺麗です 神社内から秩父盆地や関東平野が一望できます 雲海も有名ですね  7年ぶりに参拝に訪れた三峰神社 やはりここは特別な場所ですね 次来るときは表参道から山を登ってこようかな ...
  • カラーズ・ガーデンの日記ガーデナー・すけさんさんのプロフィール
(童話)万華響の日々さん
  • 「巡礼への道のり 東山魁夷・平山郁夫展」 市川市東山魁夷記念館 を観た印象
  • ーマを極めた、東山の作品には風景画に溢れ、平山の作品には風景画に加え仏像画が多い、今回の展覧会で二大巨匠の作品比較ができて興味深い、両者とも仏教寺院の精緻なスケッチ、筆さばきはさすがだ、東山の風景画は水墨画の要素色濃く、雲、霧、滝、川、山岳、木々、塔などに画伯ならではの奥深い霊的な印象が込められているようだ、平山では幻想的な描き方が際立つように思う、単なる写生ではなく心象風景が色濃い、仏像の精緻な写生で...
  • (童話)万華響の日々(童話)万華響の日々さんのプロフィール
ヤカーさん
  • 人の記憶に色はない
  • ノクロという順番で、記憶のイメージに近づいていくように感じます。写真は記録装置ではあっても、真実を写すものではありません。そこに写るのはあくまで自分の目を通して見たイメージ、写真はそれを描く画材です。水墨画のごとく色のないモノクロ写真には、記憶を強く揺さぶる力がありますね。...
  • SANNI YAKAOOヤカーさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20181217-2
  • なかっ ... 弘前市立博物館で「ふるさとの画家展」開幕陸奥新報弘前市立博物館で15日、企画展「〜春を待つ〜ふるさとの画家展」が始まった。工藤甲人、蔦谷龍岬、野沢如洋ら津軽を代表する画家による日本画、水墨画、 ... 石井林響展 生誕の地で謎多き生涯たどる産経ニュースゆかりの地にある千葉市美術館(千葉市)で生誕135周年記念の回顧展が開催されており、謎が多いとされる林響の実像と魅力が浮かび上がる。 代表...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
トリトンさん
  • 習作2作品
  • てください」をチェック記事を書く検索ウェブこのブログ内で疾風の如く!弓道と美人画に生きる日々。習作2作品2018年12月17日 |Weblogこの2作品は、どちらも習作です。中国には、雄大なスケールの水墨画がありますが、その中に、優美な女性像を描いたものも多々あります。そこから、気に入ったものを自分なりにコピーしました。女性のお顔は、自分なりに好みのものに変えました。あとは、だいたい構図などは元の絵のま...
  • 疾風の如くトリトンさんのプロフィール
戸阿紀(とあき)さん
  • 「追憶 〜 追憶の雨 〜」 (色紙・一文字)
  • 読者になるKeyword Search▼キーワード検索楽天ブログ内このブログ内ウェブサイトCalendarCategoryカテゴリ未分類(0)★お知らせ★(45)一文字作品(129)二文字〜作品(3)水墨画・墨彩画・墨彩パステル画作品(95)文字&水墨画作品(9)かな&水墨画作品(4)書&風景作品(2)はがき書作品(19)パステル&墨作品(35)パステル&彩書作品(4)パステリア書作品(34)パステリア...
  • 書の道☆すくらんぶる戸阿紀(とあき)さんのプロフィール
ねこいちさん
  • ついてない画材集め
  • ス水彩紙ちょっと変わり種の画材インミンブルーZECCHI → TOSCANA>> もっと見るカテゴリー墨(1)水彩色鉛筆他(0)画材(5)アクリル絵具(1)アクリル絵の具(1)メモ(1)水彩画(15)水墨画(2)パステル(1)日記(3)水彩絵の具(18)水彩紙(7)旅行(0)グルメ(0)最新コメントnekoitiban/ダニエル・スミス山田/ダニエル・スミスバックナンバー2018年12月2018年11月...
  • ねこいちのあっちこっち迷い道ねこいちさんのプロフィール
ねこいちさん
  • 久々の更新
  • り種の画材インミンブルーZECCHI → TOSCANAIsaroで描いた猫>> もっと見るカテゴリー墨(1)水彩色鉛筆他(0)画材(5)アクリル絵具(1)アクリル絵の具(1)メモ(1)水彩画(15)水墨画(2)パステル(1)日記(2)水彩絵の具(18)水彩紙(7)旅行(0)グルメ(0)最新コメントnekoitiban/ダニエル・スミス山田/ダニエル・スミスバックナンバー2018年12月2018年11月...
  • ねこいちのあっちこっち迷い道ねこいちさんのプロフィール
りくいえいさん
  • なぜ竹よく描くの
  • けっこう竹を描いています。竹を描く理由は何ですか、何度も聞かれました。理由はたくさんあります。・好きである・年から年中通じる画題・水墨画の竹以外、自分に感動させる竹の絵は見たことがない・縁起よく、古くから「家内安全・子孫繁栄」とも言われた。・書との関係もあるため(運筆上共通点)、竹を描くと書を書く気分になり、まさに一石二鳥・実物(植物...
  • 水墨画の極意(陸偉栄)りくいえいさんのプロフィール
ほっこりさん
  • 『 温 故 礼 讃  』 −百花繚乱・相国寺文化圏
  • 。金閣では義満が膨大な中国絵画の名品を愛玩し、銀閣の地・東山山荘の同仁斎では、八代将軍義政が中国の隠遁思想を体現しました。また相国寺では画僧たちが将軍家の御用絵師に代々就任し、そこに誕生した画風は室町水墨画史を多様に彩りました。相国寺の文化活動は、室町文化の歴史に新風を吠き込みました。  ※最下段に掲載の「蔦の細道図屏風」はII期(1/13〜3/24)のみの展示。他の作品は全期間展示いたします。 今回の...
  • ClubFame京都−Topics&News−ほっこりさんのプロフィール

水墨画を含むトラコミュ

宮本武蔵
  • 宮本武蔵
  • 二刀を用いることで有名な二天一流兵法の祖。水墨画家・工芸家としても知られる。幼名は「辨助」(弁助)と伝えられる。著書『五輪書』の中では自ら新免武蔵守藤原玄信を名乗...
  • トラックバック数:71 TB参加メンバー数:24人カテゴリー:歴史ブログ
水墨画
  • 水墨画
  • 水墨画は昔、祖父がやっている隣りでちょこちょこっと遊ばせてもらった程度の経験しかありませんが、見るのは好きです。外国人の方々には「墨絵(sumie-painting)」として親し...
  • トラックバック数:67 TB参加メンバー数:11人カテゴリー:美術ブログ
思い付くままの記録
  • 思い付くままの記録
  • 押し花や水墨画に興味の有る方々と仲良く情報交換を楽しみたいです。
  • トラックバック数:10 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:花・園芸ブログ

水墨画を含むブログ村メンバー

  •  
kazuryuさん
本田 一誠  さん
はふさいさん
酒人さん
りくいえいさん

水墨画を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 『日本画』ってどういうものか、御存じですか?レス: 0/38(79件)美術ブログ
  • 、それをペンや鉛筆に持ち替えてきた近代以降の日本人では、前提条件が全く異なって当たり前でしょう。水墨画の本で、批評家によって、「技の終焉」とうい言葉が述べられていましたが・・・まあ、日本の洋画には始めか...

にほんブログ村

>

キーワード

>

水墨画について