亀山郁夫

亀山郁夫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [亀山郁夫] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

亀山郁夫を含むブログ記事

駅弁祭りさん
  • 偏狭さ
  • 偏狭であっても問題はないということかも。それはもはや偏狭とはいえないのかもしれないけど。 ここ一週間くらい、『1Q84』しか読んでいない。これを読み終わったら、『カラマーゾフの兄弟』に進んで、その次は亀山郁夫『新カラマーゾフの兄弟』かな。最近買った現代思想のハイデガー特集も近いうちに読みたい。...
  • 駅弁祭りの読書、音楽、食べ物日記駅弁祭りさんのプロフィール
<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さん
  • ◇クラシック音楽◇新刊情報
  • による名曲・名盤の紹介および最新コンサート情報/新刊書のブログ◇クラシック音楽◇新刊情報2018-04-17 11:10:57 |新刊情報<新刊情報>書名:ショスタコーヴィチ〜引き裂かれた栄光〜著者:亀山郁夫発行:岩波書店 ロシア音楽史の中で最も激しい毀誉褒貶にさらされる作曲家、ショスタコーヴィチ。ロシア革命、第二次世界大戦、スターリン独裁時代に生きたこの芸術家は、どのように動乱と大粛清の嵐の中を生きのび...
  • <私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽<私のクラシック音楽館(MCM)>  クラシック音楽さんのプロフィール
駅弁祭りさん
  • エスビーのからし明太子スパゲティがおいしい、明日は松屋
  • ら何を読むか、難しい問題。西田幾多郎『善の研究』か、『総特集ハイデガー』か、漱石『猫』か、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』か、ジェームズ『宗教的経験の諸相』か、平野啓一郎『マチネの終わりに』か、亀山郁夫『新カラマーゾフの兄弟』か。悩ましい。 いまレッド・ガーランド『グルーヴィー』を聴いている。これなんか、酒場の音楽という感じ。ウィントン・ケリー『ケリー・ブルー』なんかは、昼の音楽という感じ。...
  • 駅弁祭りの読書、音楽、食べ物日記駅弁祭りさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

亀山郁夫について