大名屋敷

大名屋敷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大名屋敷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大名屋敷を含むブログ記事

黒川孝雄さん
  • 徳川美術館(2)  大名の室礼と書院飾り
  • た宝物は、いずれも一級品であり、中国の宋・明代、朝鮮王朝時代、江戸時代の一級工芸品ばかりである。一々、名指しで紹介することはしないが、一級品揃いであることは間違いない。しかし、個々のお宝の紹介よりも、大名屋敷、もしくは名古屋城の室礼を紹介することが目的であり、一度機会があれば、是非拝観して頂きたい。 (本稿は、図録「徳川美術館ガイドブック  2017年」、図録「毛利家の至宝 2012年」、図録「二条城展 ...
  • 黒川孝雄の美黒川孝雄さんのプロフィール
ゆだぽんさん
  • 吉良邸跡(本所松坂町公園)
  • 4日に、「忠臣蔵」で知られる赤穂の四十七士が討入りしたところです。吉良上野介の屋敷は、はじめ鍛冶橋の屋敷を拝領していましたが、松の廊下の刃傷事件の後、赤穂浪士が吉良屋敷に討ち入るという噂があり、周囲の大名屋敷から苦情が出たため、御用地として幕府に召し上げられました。その後、こちらの本所松坂町の松平登之助の屋敷を拝領し移り住みました。江戸城近くの屋敷から比べれば、赤穂浪士の討ち入りは格段に容易になったと、世...
  • ゆだぽんの虹色オーラブログゆだぽんさんのプロフィール
FUSAさん
  • 肥後の山岳信仰 〜阿蘇山と池辺寺〜
  • ントを投稿する「歴史」カテゴリの最新記事肥後の山岳信仰 〜阿蘇山と池辺寺〜今週のカバー写真細川ガラシャイメージの変遷四つ御廟とガラシャ夫人祇園山(花岡山)の石切り出し想い出の町 〜北国街道・木之本宿〜大名屋敷の能舞台ちょっとビミョーな大河ドラマハライソめざし不帰の船出二本木のはなし。記事一覧 | 画像一覧 | 読者一覧 | フォトチャンネル一覧« 今週のカバー写真 〜 薪能 〜カレンダー201...
  • 徒然なか話FUSAさんのプロフィール
クロノクル=ローマの人さん
  • 【ぶらり滋賀観光】安土城跡 その2
  • 、安土城について総括。戦国大名が所領の大規模化と経済重視から、山城から平城への転換をはかったという通説があるが、安土城については双方のいいところ取りをしている小高い山に高層の城を築き、いくつもの階層に大名屋敷があって、それぞれ有事の防衛拠点となるなど、戦闘になったときのことがかなり重視されている。信長の住居のある天守閣へは、ぐるりと回りこんでいかないと踏み込めない天皇の行幸を想定したといっても、都が有事の...
  • アレクサンドリア図書館クロノクル=ローマの人さんのプロフィール
管理人さん
  • そろばん侍 風の市兵衛 第8話 あらすじネタバレ、感想
  • 池端俊策(第1部)、小松與志子(第2部)、森岡利行(第3部)題字 – 涼風花演出 – 榎戸崇泰、中島由貴制作統括 – 陸田元一、土屋勝裕あらすじ&結末渋井の話では大名屋敷に荷が運び込まれているというのだ。唐木は詳細の調査をするのだった。そこで仁三郎に圭助について訊くのだった。なぜ、死んだのか奇妙だと証言する。時期買い(買い占め)を伊右衛門が行っていたのだ。それを美早を...
  • エンタメ王〜ドラマ・アニメのネタバレ寸前ブログ〜管理人さんのプロフィール
まみりんさん
  • 和ルミネーション♪
  • 手町で、和傘を使ったイルミネーションが開催されてました和ルミネーション http://walumination.tokyo/ 伝統工芸の和傘を使ったイルミネーションは、幻想的です江戸時代、この辺りは大名屋敷が立ち並んでいたそうですので、昔にタイムスリップした気分になります 中央には、和傘のタワーイルミネーションです皆さん写真を撮りまくってました〜 こちらのイベントは、丸の内朝大学の「まちづくりプロデ...
  • NO PARTY,NO LIFE!まみりんさんのプロフィール
小暮満寿雄さん
  • 西日本豪雨で思い出した赤坂の浸水
  • い出したのが、赤坂の実家であった浸水です。昔の私の実家は、今でこそ赤坂は知名度の高い繁華街ですが、私が子供の頃はイチ地方都市、下町という面持ちでした。特に実家のある一ツ木通り周辺というのは、青山近辺に大名屋敷が多かったの比べ、下級武士が多く住んでいたところだったらしく、「溜池」などという地名も、もとは溜池があって渡し船で向こう岸に渡っていたような場所でした。そこに流れてきたのが現在の赤坂芸者であり、今とは...
  • 小暮満寿雄 Art Gallery小暮満寿雄さんのプロフィール
NOBORU CutUpさん
  • 7月12日(木)のつぶやき その3
  • @wildriverpeace)2018年7月12日 - 19:38大手町仲通りで、今日と明日、和傘を使ったイルミネーションイベント「和ルミネーション」が開催されています。和の灯りを見ながら、かつては大名屋敷が立ち並ぶ江戸の中心地だった「大手町」を散策してみてはいかがでしょうか。… twitter.com/i/web/status/1… ― 千代田遺産 (@chiyodaisan)2018年7月12日 -...
  • NOBORU CutUpNOBORU CutUpさんのプロフィール
SuperTさん
  • 「敢えて災害と戦わない」〜災害と復興の国 2
  • HKドキュメンタリー「大江戸」(第三集)から学んだことです。 江戸城本丸を焼いた上に6万8000人もの被害者を出した明暦の大火1657)以降、幕府は様々に消防組織や設備、防火対策などを行ってきました。大名屋敷などを校外に移転させて延焼を防ぐための火除地を確保したり、耐火建築を奨励したりといったことです。そして1720年、享保の改革の一環として、ついに私たちの良く知る町火消「いろは48組」が結成されるのです...
  • アフター・フェアSuperTさんのプロフィール
zankuさん
  • 影の軍団 服部半蔵 1980
  • 時は慶安四年、三代目将軍家光の治世。表向きには安泰の徳川政権も、江戸の街には浪人やら押し込み野盗などが溢れ、伊賀忍者の頭目・下の服部半蔵もまた、大名屋敷を専門に狙う盗賊としてそこに棲息していた。 そんな中、三代将軍・家光が急死。江戸城内が混乱を極める中、幼少の新将軍・家綱をさらって権力維持を画策する松平伊豆守と、家綱を守ろうとする補佐役・会津藩主の...
  • 時代劇無料動画チャンネルzankuさんのプロフィール

大名屋敷を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

大名屋敷について