大名屋敷

大名屋敷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [大名屋敷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

大名屋敷を含むブログ記事

akibakankoさん
  • 秋葉原から有楽町への行き方おすすめは?徒歩でも移動できる?
  • 230;。時代の流れとともに変化した秋葉原から東京の由緒ある有楽町への行き方についてご紹介致します(‘ω’)ノ秋葉原駅から有楽町への行き方おすすめは? 江戸時代に大名屋敷が立ち並んでいた有楽町駅周辺は、明治時代「日劇」や「東京宝塚劇場」があり劇場街でした。毎日や朝日新聞社の別館もあり文化発祥の新聞街としてもにぎわっていました。戦後はGHQの司令部が置かれたり、高度経済...
  • 秋葉原の観光情報やオタク文化を発信していますakibakankoさんのプロフィール
Tacacoさん
  • ★まさかの鳥居坂
  • 泣く子も黙る鳥居坂の急勾配 登り坂は息切れ半端ない登山気分 坂の由来は元禄時代に鳥居さんちの大名屋敷があったそーな・・・ ほんとこのくらい傾斜しています Like a king of pop・・・ 坂の途中にあるシンガポール大使館 おそらくここも鳥居家の屋敷跡かと思わ...
  • SELFPAPALAZZI♥ 麻布LIFETacacoさんのプロフィール
NAKANOさん
  • 暗闇坂(白山)
  • る狭い急坂。坂に関する情報が少ないからか、説明板はない。 坂上の道も細い路地だが、江戸時代の切絵図にもある古い道。白山神社の裏から暗闇坂の上を通り、その先で東に曲がり中山道に出るが、江戸時代は右も左も大名屋敷で、この路地も暗かったと思われる。 明治時代の地図を見ると、坂下には川が流れている。その川の水で池が出来ている場所もあり、それは現在の京華商業高校の敷地のようだ。明治の末頃、寺田寅彦はこの坂の上に住ん...
  • ぼのぼのブログNAKANOさんのプロフィール
rekishiさん
  • 11月5日〜11月11日の歴史本
  • で知る戦国武将40話 (青春文庫)11月10日 古地図から読み解く 城下町の不思議と謎11月10日 江戸の異性装者たち―セクシュアルマイノリティの理解のために11月10日 カラー版 重ね地図で読み解く大名屋敷の謎 (宝島社新書)11月11日 日本が忘れ韓国が隠したがる 本当は素晴らしかった韓国の歴史...
  • rekishirekishiさんのプロフィール
そうしゅうさいさん
  • 細川勝元邸(細川管領邸)推定再現ジオラマ制作? 内郭部分完成(中門、築地塀など)
  • の宣教師ロイス・フロイスの日記では細川邸に訪問し立派な庭園で感動したことが記されていて当時の京都でも細川邸の庭園は名庭であったといわれます。戦国時代の飛騨の豪族、江馬氏の復元館にある築地塀。戦国時代の大名屋敷の築地塀を忠実に再現されたものです。当時はこのように土壁の屋根に板を乗せて更に土を盛った形が主流だったようです。ただ絵図では屋根状は全て板状のようなのでアーチの形状は保ちつつも板にしてみました。土壁の...
  • 京都から創造するアートボックス!そうしゅうさいさんのプロフィール
りゅうじじさん
  • On Saturdays / りゅうじじブログ事務局
  • いいのかな〜と思い、昨日は霞ヶ関から皇居までお散歩しながら、小さな秋を見つけてきました! 中央省庁から霞が関坂、そして皇居に向かう途中、綺麗に色づいているイチョウ。 (国土交通省前にて)江戸時代は諸大名屋敷や関所があり、景勝の地と言われていたのだとか。 警戒態勢ながらも、穏やかな国会議事堂の遠景。1936年に完成当時、議事堂中央塔は日本一の高さだったそう。(°o°)wow 国の重要指定重要文化財の「...
  • 億万稼ぐ、りゅうじじのブログりゅうじじさんのプロフィール
haruさん
  • 【大野治長】豊臣秀頼の父は豊臣秀吉ではなくこのお方!?
  • を振るうようになるのです。 関ヶ原の戦い!治長さんは秀吉さん亡き後、秀頼くんの側近となります。 徳川家康(とくがわいえやす)さんは秀吉さんが亡くなるのを待ってましたと、禁止とされていた大名同士の婚姻、大名屋敷への内密な訪問などで連携を強めるような行動をしていました。治長さん他3人が「徳川家康暗殺」計画を企てますが、事前に発覚し家康さんの次男・結城秀康(ゆうきひでやす)さんの下総国(しもうさのくに)(現・茨...
  • 歴史好きのためになるブログharuさんのプロフィール
nyanko001さん
  • 「江戸の災害史(倉地克直)」という本はとてもオススメ!
  • は約1万人と推定されている。地震直後に市中30カ所以上で火災が発生した。吉原はほぼ全焼し、遊女や客など1000人余が死亡したという。地震が起きたのが午後9時過ぎの夜間であったために被害が大きくなった。大名屋敷も大きな被害を受けた。・安政3年(1856年)7月23日、八戸沖を震源とする地震が起きた。M7.5。北海道から三陸海岸で津波が発生した。盛岡藩で潰家100軒、流失家93軒、溺死26人であった。八戸藩や...
  • 目指せ天下統一!(織田信長など)nyanko001さんのプロフィール
おんちゃんさん
  • 「くず屋の災難(其の弐)」の巻
  • そんなこんなで、はや兵衛さんは気を取り直して仕事を再開しました。「さーて、はじめますか。」「くずーーーーーーぃ」ちょうど細川様のお屋敷の、お窓下にさしかかると、呼び止めたのは、若いお侍様。(※ 武家大名屋敷は、建物が大きすぎるので、大名に仕える若侍達は入口まで行って買い物するよりも、窓から竹竿や籠などを使って買い物をすることが多かったそうです。その窓の下の辺りを「お窓下」と言ったそうです。)『かなりの古...
  • 柴犬はや坊の ありYeah!ほにYeah!!おんちゃんさんのプロフィール

大名屋敷を含むブログ村メンバー

  •  
エズミさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

大名屋敷について