誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [誤嚥性肺炎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

誤嚥性肺炎を含むブログ記事

mqxsj853さん
  • 発達と老化の理解〜問題〜
  • ?ステロイド剤の使用や、喫煙習慣は、骨粗鬆症の原因になりうる。 ?骨粗鬆症の原因には、?ステロイド剤の使用、?喫煙・飲酒の習慣、        ?骨折の既往、?カルシウム摂取不足、偏食、運動不足 ?誤嚥性肺炎は、口腔内に繁殖した病原菌を含む分泌液を微少        吸引することや、病原菌が付着した食事を摂食して        気道内に入り込むなどによって生じる感染症である。 ?帯状疱疹は、帯状疱疹ウイル...
  • LGBT介護士のひとりごとmqxsj853さんのプロフィール
maejima1978さん
  • 【訃報】渡辺恒雄死亡か(信頼出来るソースあり)
  • adlines.yahoo.co.jp/article?a=20180821-00547411-shincho-soci 「頸椎が折れると食事をしたり痰を切る力が衰えます。結果的に、痰が肺に詰まる誤嚥性肺炎のリスクが急増するのです。一般論ですが、度合いの軽重を問わず、65歳以上で頸椎を損傷すると、1年以内に28%が亡くなるとの研究結果もあるほどです」 25番組の途中ですがアフィサイトへの転載は禁止です...
  • 速報にゅ〜すmaejima1978さんのプロフィール
ゆりの花さん
  • 誤嚥
  • もつと、このむせる事が日常茶飯事になります。それが、途中で咳などで出せる時は良いのですが、気付かない、咳などで押し出せない時、期間に残ったり、肺まで至ったりします。それが肺炎になってしまいます。コレを誤嚥性肺炎と言います。ごっくんができないのが問題だとよく言われますが、その前に舌で食べ物を丸くできない、奥に持っていけないなども誤嚥に繋がります。だからまず、一番にして欲しいのは、口の中を清潔にする事です。歯磨...
  • RehabilitaionーPTゆりの花さんのプロフィール
新潟のライフオーガナイザー 渡辺史枝さん
  • 親の介護で役に立った意外なモノ
  • 遂げた仲ではあっても所詮は他人なんです。なのでことあるごとにものすごく衝突します。まぁ、その辺のグチ的な話は長くなるのでやめておきますが(笑) 気管切開をして喉にカニューレという装置を入れている父は誤嚥性肺炎の危険が非常に高いため一般食が食べられません。訓練をして少しずつ細かくした固形物を食べられるようになってきましたが最初の頃は赤ちゃんの離乳食のようなペースト状のものしか食べられませんでした。 医療従事...
  • 建築士ママの子育て収納スタイル新潟のライフオーガナイザー 渡辺史枝さんのプロフィール
カズさんさん
ななっち通信 (^_^)vさん
  • またもや 断捨離 !?
  • モン治療‥‥リュープリン注射2年間側弯防止‥‥プレーリー君着用(効果あり)脚装具‥‥トルネード君予定(側弯防止に)前傾姿勢‥‥痰とヨダレが半端なく多く、嚥下障害もある為、前傾姿勢での生活が多い。注意は誤嚥性肺炎と側弯歯科‥‥歯科麻酔科。痰とヨダレが少の時。主に夏と秋がしっかり受診できている。口から食べてないので、なかなか乳歯が抜けず。3回程麻酔で抜歯。後は奥歯の抜歯のタイミング。奥歯は大きいので抜けた時に誤...
  • ななっち通信ななっち通信 (^_^)vさんのプロフィール
ゆりの花さん
  • 食べる行為の最初
  • 右に分かれた一方の穴を通じて、食道に流れて行く。その後気道を塞いでいれば、気道には流れこまないで、食道に真っ直ぐ入って行く事が出来る。しかし、気道が塞がれていない時、気道に食べ物が入ってしまう。これが誤嚥性肺炎になって行く。実は、少なければ、自力で外に出せるし、入っても害とならない。麻痺があるとこれが起きやすく、注意を要する。姿勢を正しくする事はその始まりと言える。脳性麻痺児が親と共に行う体操体験会】開催メ...
  • RehabilitaionーPTゆりの花さんのプロフィール
SPOTさん
  • えっ!?口で人の印象が変わる〜口腔ケアの重要性〜
  • と呼吸時の空気を判別する役割を果たしています。これを間違えてしまうと気道に入ってしまい、激しく咳き込んだり、嘔吐のしたりして押し戻そうとする反応がでます!!高齢者ではこの症状がよく起き、良くなる病気が誤嚥性肺炎です。◆何気なく見ている口の印象は重要!!人間は集団の中で生活する生き物であるため、バーバルコミュニケーションが非常に重要になります。また人の印象は8割型、見た目で決まるとも言われております。口元など...
  • リハビリテーション研究会SPOTSPOTさんのプロフィール
ななっち通信 (^_^)vさん
  • 平熱になり
  • モン治療‥‥リュープリン注射2年間側弯防止‥‥プレーリー君着用(効果あり)脚装具‥‥トルネード君予定(側弯防止に)前傾姿勢‥‥痰とヨダレが半端なく多く、嚥下障害もある為、前傾姿勢での生活が多い。注意は誤嚥性肺炎と側弯歯科‥‥歯科麻酔科。痰とヨダレが少の時。主に夏と秋がしっかり受診できている。口から食べてないので、なかなか乳歯が抜けず。3回程麻酔で抜歯。後は奥歯の抜歯のタイミング。奥歯は大きいので抜けた時に誤...
  • ななっち通信ななっち通信 (^_^)vさんのプロフィール
ゆりの花さん
  • 食する
  • 方が工夫されており、食べ方も研究されているのに愕然としてしまいました。(実は、車椅子も同じ状況です。)後になって、詰まらせて亡くなった方が何人かいる事を知った時とても悲しかったです。何故って、老人では誤嚥性肺炎とかが大いに問題になっているのに、脳性麻痺児の場合は、何十年も経っているのに、親まかせの場合が多いのです。研究があまりなされていません。リハビリの専門家の一人として、愕然としてしまいました。その時、喉...
  • RehabilitaionーPTゆりの花さんのプロフィール

誤嚥性肺炎を含むトラコミュ

口腔ケア
  • 口腔ケア
  • マニュアル 高齢者 手順 目的 看護研究誤嚥性肺炎予防や経口摂取を可能にするために、病院・施設・在宅で口腔ケアが注目され始めてきました。看護師や介護職が口腔ケアに取...
  • トラックバック数:65 TB参加メンバー数:18人カテゴリー:健康ブログ

誤嚥性肺炎を含むブログ村メンバー

  •  
satorichさん
柴はんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

誤嚥性肺炎について