タデ科

タデ科についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [タデ科] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

タデ科を含むブログ記事

Laceyblueさん
  • Transition to Fall !
  • は、何やら見慣れた白い花が・・・「そば」の花です。この時期に開花だと「秋そば」か?食用なら…という話ですが。アメリカでも、グランドカバーに「ソバ」を使うことは珍しくなくなりました。穀物としては珍しい「タデ科」の植物です。タデというと、普通は雑草。元来、中国南部が原産地とされてきた「ソバ」ですが、世界最大の生産国はロシア。もっとも、これは食料としての生産なので、アメリカのようにグランドカバーに使っているケ...
  • Rosemaryとハーブの日記帳Laceyblueさんのプロフィール
四季優彩 Annexさん
  • ミズヒキとキンミズヒキ(赤塚植物園 2018.9.1 撮影)
  • 然を中心とした写真ブログです!ミズヒキとキンミズヒキ(赤塚植物園 2018.9.1 撮影)2018年09月04日 21時00分08秒 |板橋区立赤塚植物園赤塚植物園ではミズヒキの花が沢山咲いています。タデ科の植物でお祝いなどで使われる水引に似ているのが名の由来です。小さな赤い花が咲きます。一方こちらはキンミズヒキ(金水引)です。ミズヒキに似ていますが、キンミズヒキはバラ科の植物で似て非なる物です。花の形...
  • 四季優彩 Annex四季優彩 Annexさんのプロフィール
あがた めのおさん
  • 夏の終わりのポタリング
  • は植えなかったのか? 刈り取った後なのか? 小さな陸稲が実をつけていました。 おや、ここにもソバが植えられてる。去年は何もないただの草地でしたが。蕎麦(sarrasin)はサラセン人と綴りは同じ。タデ科の1年草と辞書にはあります。この辺の土と気候に合うのかな?  クレープだけじゃなしに今にこの辺でも蕎麦が食べられるようになるかもね? 今年はトウモロコシは全滅です。旱魃で実がつかず家畜の餌にもな...
  • フランスの田舎暮らしあがた めのおさんのプロフィール
neofunkorogasiさん
  • 水草観察会?(抽水植物 後編)
  • 差が出るのは面白いですね。YOSSYさんの奥さんは昆虫探しが得意なご様子でした。別地点ではホシクサ消滅していたのでこれで新規開拓。ホシクサブームは去り、今ではほとんど見掛けなくなりました。 お次はタデ科植物コースへ。 ここはアクア勢には少々ハード。一人で調査と思ったら、taketatuさんは付いて来ていたw ホソバノウナギツカミ 水中葉です。この渋みよ。 サイコクヌカボ 水中化...
  • 青春がさがさ同好会メンバーのブログ!neofunkorogasiさんのプロフィール
なでしこBLOGさん
  • 21号に備えて  
  • 乾電池を、そばに置く。雨戸は全部閉めた。台風の情報は今ネット上観るのが大事タイムリーだよ情報がタイムリーにてまた各地メル友からも入って来るよアメリカタカサブロウ。アメリカタカサブロウイヌタデイヌタデ。タデ科。本日の屋内の処理工事方予定・キャンセル日を改める紀伊半島は今、ゴーゴーと海鳴りが響いてます。ただ、風はまだ、序の口。雨は小止み中で、少しなら外に出ることは出来ます。それも、今のうちだけ。 ジャンル:...
  • なでしこBLOGなでしこBLOGさんのプロフィール
れんげの画像日記さん
  • イシミカワ(石見皮)
  • 節の庭の花々、お散歩途中で見つけた野の花、 里山での風景などを、日記風に綴って行けたらいいと思っています。イシミカワ(石見皮)2018-09-04 06:24:35 |野の花日記イシミカワ(石見皮)<タデ科イヌタデ属>河原や田の畔など湿った場所に生えるつる性植物。茎や葉柄に下向きの棘がたくさんあり、他のものに絡みついて伸びる。三角形の葉や、葉柄のつけ根にある丸い托葉が特徴的。葉の長さは2〜4センチで、花...
  • れんげの画像日記れんげの画像日記さんのプロフィール
ココさん
  • 屋久島虎杖、黄蓮華升麻開花、ホトトギス 9/3誕生花・・・コスモス
  • ものは開花がはっきりしたものが花も小さくて小ぶりなのでお茶席にはちょうど良いのかもこの花をはりつけます。黄蓮華升麻・・・ユキノシタ科(日本人が初めて学名を発表した植物の一つだそうです)屋久島虎杖・・・タデ科(盆栽に使うということで小さくてかわいかったのですが地植えしてしまいましたら大きくそだってしまいました)不如帰・・・ユリ科もう開花しました。明日の台風が心配ですねお花が倒れないように組根を・・。にほん...
  • 花の記録 &時々寄り道ココさんのプロフィール
つよしさん
  • 野辺に咲く
  • 金水引と水引。名前は似ているのに金水引はバラ科。水引はタデ科らしいです。...
  • 四季の写ろいつよしさんのプロフィール
natureさん
  • ビーバップ!ハイヒール 日本人の知恵 しきたりの意味を振り返る2
  • っかり洗って乾かせば、何度でも使えるメリットも! かつての日本人の服の色は藍染が主流で、木綿は紺に染めやすく、色が美しかった事に加えある効果もあるという。 その効果とは、防虫効果。 藍染の原料であるタデ科の藍を虫は嫌う性質があるので野良着として最適なのだそうです。 藍染の下着は、武士が鎧の下に着ていたと言われている。 長い戦で体が汚れても藍が、汗臭さや菌の繁殖を抑える抗菌効果があったからだという。...
  • naturenatureさんのプロフィール
林の子さん
  • ミチヤナギ(道柳)
  • 先端部分が桃色を帯びている。開くと白の縁取りのある緑。これは萼片、花弁はない。▲ 蕾の頃の萼(の外側)は、先端部分が桃色を帯びている。▼▲ 開くと白の縁取りがある緑、花弁は無い。▼ミチヤナギ(道柳) タデ科ミチヤナギ属 Polygonum aviculare(2018.08.30 林崎町)−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−...
  • HAYASHI-NO-KO 2林の子さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

タデ科について