一握の砂

一握の砂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一握の砂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一握の砂を含むブログ記事

目白芭蕉さん
  • 北海道 釧路巡り【幣舞橋 釧路湿原】
  • 品から逃れることは出来ないんですねw 港文館は1階は喫茶店になっています。2階が展示フロアーです。 啄木で一番好きな歌はこれですね。 かの時に言ひそびれたる 大切の言葉は今も 胸にのこれど 「一握の砂」に載ってる片思いの歌です。 啄木は作品はいいんだけど、人間性が酷かったらしいからね。あまり持ち上げずに早々に立ち去ります。 フィッシャーマンズワーフ周辺を散策。そろそろ夕暮れから夜へ。 幣舞...
  • 歴史と文化 巡礼の旅日記目白芭蕉さんのプロフィール
猫星's守さん
  • 一握の砂:2考
  • 一握の砂は五章構成「我を愛する歌・煙・秋風のこころよさに・忘れがたき人人・手套(てぶくろ)を脱ぐ時」で並ぶ。これらの初めの「我を愛する歌」には既に軽く触れたとおりだ。それにしても石川啄木は何を想って「一握の砂...
  • 詩(short poems)猫星's守さんのプロフィール
猫星's守さん
  • 一握の砂・考
  • 一握の砂を斜め読みした。出版時、石川啄木は満24歳で、22歳ごろの作品。印税などの収入の殆んどを遊興費に使ったらしく、金田一晴彦や与謝野鉄幹ほか多数からの借金も多かったようだ。曹洞宗の住職の長男として産れて学...
  • 詩(short poems)猫星's守さんのプロフィール
新サスケさん
  • 歌誌「覇王樹」11月号より(5)被批評(2)
  • をアップします。 ・突然に再起動に入るパソコンよようやく成った記事が消えるか<批評>私にも経験のある事。慌てふためきいろいろ触りまくって一層混乱させてしまったことも。今月号に掲載の作者の随筆、<啄木「一握の砂」の「道・路」>の考察を読みながら、この原稿が未保存のまま消えてしまったならなどと考えると、パソコンの便利さの裏にある簡単に消去される危うさを再認識する。 写真ACより、「フルーツ」のイラスト1枚。...
  • 新サスケと短歌と詩新サスケさんのプロフィール

一握の砂を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

一握の砂について