一握の砂

一握の砂についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [一握の砂] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

一握の砂を含むブログ記事

sannkayouさん
  • 函館観光スポットめぐり
  • 函館に住んだのは明治40年(1907年)5月から9月までの短い期間でした。この短い期間が啄木にとってもっとも幸せな時間だったんでしょうね。風光明媚なこの場所で家族一緒に安らかに眠っています。お墓には「一握の砂」の巻頭の句 「東海の 小鳥の磯の 白砂に われ泣きぬれて 蟹とたはむる 」が書かれていました。そのとなりに宮崎郁雨の歌碑がありました。郁雨のことは初めて知りました。啄木の義弟で石川啄木一家を支えた人...
  • フォト散歩sannkayouさんのプロフィール
なるかみ音海さん
  • 困難を回避するには、啄木の歌を心に
  •  腕くみて このごろ思ふ 大いなる敵目の前に踊り出でよと? これは石川啄木の短歌で、歌集『一握の砂』に収録されているものです。?落ち込んだ時に読むとよいです一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)作者: 石川啄木,金田一京助出版社/メーカー: 新潮社発売日: 1952/05/19メディア:...
  • 音楽と本なるかみ音海さんのプロフィール
自治会長のひとり言さん
  • ブックカフェを続けています
  • やるか、町内会」ヘルマン・ヘッセ「車輪の下」下村 湖人「論語物語」山本周五郎「日本婦道記」遠藤周作「沈黙」外山滋比古「老いの整理学」ZEIER PAPIER(紙の造形)大森正司「お茶の科学」石川啄木「一握の砂・悲しき玩具」中島さおり「哲学する子どもたち」コンラート・ローレンツ 「ソロモンの指環」遠藤周作「深い河」片野善一郎「数学を愛した作家たち」月刊誌OZmagazine 2018.06 (日帰りの旅)新...
  • 自治会長のひとり言自治会長のひとり言さんのプロフィール
クイズ出題者さん
  • 【歴史】人名あて【クイズ】
  • 3つのヒントから・・・誰のことでしょうか【イ】 時代閉塞の現状【ロ】 悲しき玩具【ハ】 一握の砂答えはこの先————————————-一般教養問題ブログ...
  • 一般教養問題ブログクイズ出題者さんのプロフィール
アッキーさん
  • 啄木のふるさと「渋民村」から盛岡の名園「南昌荘」へ
  • 国道281号から国道4号に入り盛岡へ、途中、石川啄木の故郷「渋民村」へ啄木は明治19年2月20日生(私と同じ誕生日)、渋民で育ち、「一握の砂」を発表するも結核で26歳の短い生涯を閉じます、「渋民公園」には、41年前に訪れたままの啄木の歌碑が、代用教員時代の小学校や寄宿先もそのままに 「かにかくに渋民村は恋しかり おもひでの山おもひでの川」...
  • いつか来た道アッキーさんのプロフィール
rh1さん
  • #2225 やや長きキスを交わして別れ来し ・・・他一首
  • 【旧 十月二日 大安】立冬・山茶始開(つばきはじめてひらく)夜の二時の窓の硝子をうす紅く染めて音なき火事の色かな  〜石川啄木 『一握の砂』 アメリカで消防署に通じる緊急通報電話の番号は911番。救急車を呼ぶときはもちろん、警察への通報も同じ番号です。一方、日本では警察は110番で消防は119番と別々の番号を割り当てています。交通事故な...
  • 万葉歳時記 一日一葉rh1さんのプロフィール
目白芭蕉さん
  • 北海道 釧路巡り【幣舞橋 釧路湿原】
  • 品から逃れることは出来ないんですねw 港文館は1階は喫茶店になっています。2階が展示フロアーです。 啄木で一番好きな歌はこれですね。 かの時に言ひそびれたる 大切の言葉は今も 胸にのこれど 「一握の砂」に載ってる片思いの歌です。 啄木は作品はいいんだけど、人間性が酷かったらしいからね。あまり持ち上げずに早々に立ち去ります。 フィッシャーマンズワーフ周辺を散策。そろそろ夕暮れから夜へ。 幣舞...
  • 歴史と文化 巡礼の旅日記目白芭蕉さんのプロフィール
猫星's守さん
  • 一握の砂:2考
  • 一握の砂は五章構成「我を愛する歌・煙・秋風のこころよさに・忘れがたき人人・手套(てぶくろ)を脱ぐ時」で並ぶ。これらの初めの「我を愛する歌」には既に軽く触れたとおりだ。それにしても石川啄木は何を想って「一握の砂...
  • 詩(short poems)猫星's守さんのプロフィール

一握の砂を含むブログ村メンバー

  •  

にほんブログ村

>

キーワード

>

一握の砂について