武田信虎

武田信虎についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [武田信虎] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

武田信虎を含むブログ記事

気ままな日記だよ?さん
  • 歴史
  • の丈を書いています。歴史2018-10-04 13:29:21 |日記こんにちは 今日の天気は時々が降ったり止んだりです。(歴史観 観ている人で 違うかな) 本当だね 甲府は、永正16(1519)年、武田信虎が躑躅が崎の地に館を移し、城下町の建設に着手したことに始まり、「甲斐の府中」を略して「甲府」と呼ばれるようになりました。そして2019年に、甲府は500歳の誕生日を迎えます。開府500年記念の中心とな...
  • 気ままな日記だよ?気ままな日記だよ?さんのプロフィール
カルビンさん
  • たまには短い記事(飯田河原古戦場)
  • ーり短い記事になります。飯田河原古戦場甲府駅からレンタサイクルで15分くらい西へ向かった、川沿いにあります。遺構は無く、この石碑があるのみで(汗)ただこの古戦場はその戦った相手がちょっと興味ありまして武田信虎vs福島正成なのですが、この名前だけみても?(;・`ω´・;)?ん?ってなるかもしれません。と言う事で真田信尹に続き、解説しまーすwww武田信虎はご存じの通り武田晴信(信玄)の父、かたや福島正成って?...
  • 一期一会を大事に。カルビンさんのプロフィール
まこな。さん
  • 【戦国時代】『あまり』知られていない?戦国武将の末裔の話。
  • 入ります。『甘利』という珍しい?名字から、すぐピンと来た歴史ファンも多かろうと思いますがその"先祖"と言われるのが、甘利虎泰(あまり・とらやす)なる戦国武将です。前述の通り、甲斐(山梨県)の戦国大名・武田信虎(信玄の父)と信玄の二代に仕えました。名前に主君・信虎から『虎』の字を頂き(当時、主君から名前に一文字を頂くのは忠義や信頼の証だった)信玄の『教育係』だった板垣信方(いたがき・のぶかた)と共に、武田家...
  • そのブログ、雑食系につきまこな。さんのプロフィール
三田主水さん
  • 武川佑『鬼女の飯』 変人武将・長尾景虎が食らったもの
  • すのではないでしょうか。たとえそれが無数の人の命を食らう生だとしても……『鬼女の飯』(武川佑 「小説現代」2018年10月号掲載) Amazon関連記事 武川佑『虎の牙』(その一) 伝奇要素濃厚に描く武田信虎・信友伝 武川佑『虎の牙』(その二) 伝奇の視点が映し出す戦国武士の姿と一つの希望...
  • 主水血笑録三田主水さんのプロフィール
山城めぐりさん
  • 日向城?
  • 教来石村に移り教来石氏を名乗る[1]。信春もまた教来石(きょうらいし)景政と名乗り、後に馬場氏の名跡を継いで馬場信房と改名、さらに改名して信春となる[1]。通称ははじめ民部少輔、のち美濃守。信虎時代 武田信虎の時代から武田氏に仕える。はじめは現在の山梨県北巨摩郡一帯に分拠していた武川衆の一員であった[2]。武田晴信(信玄)の初陣である海ノ口城攻めに参加し、敵将・平賀源心を討つという功績を挙げたといわれてい...
  • 山城めぐり山城めぐりさんのプロフィール
右手さん
  • 武田信玄 1(講談社漫画文庫)/横山光輝
  • 97-09-11Amazon楽天市場Yahooショッピング・形式漫画、長編、歴史、日本史、戦国時代・あらすじ無敵の智将といわれた甲斐の虎の戦国絵巻!百年の乱世の中、剣と馬によって甲斐の豪族を斬り従えた武田信虎の嫡男・信玄は、父を追放する一方、おここや里見、そして湖衣姫に心奪われる若き獅子であった。・収録話数鬼側室おここ倉科党青梅の舞謀叛のすすめ山本勘助小県遠征陣中の恋歌信虎追放おここの悲劇晴信策略風の如く...
  • 本の情報ブログ 火の秋のモノガタリ右手さんのプロフィール
純野一益(戦国)さん
  • 根津是広(ねづこれひろ)
  • 丹羽五郎左衛門長秀”と京童代表“細川藤孝”の働きは?根津是広(ねづこれひろ)2018-09-26 00:00:00 |信長公記の蔵:人物篇根津是広(ねづこれひろ)〔現代仮名遣い〕ねづこれひろ甚平。母は武田信虎の女。信濃国小県郡禰津から起こった禰津氏が甲斐に移住し、根津氏と称した。武田勝頼の臣。1575年5月長篠の合戦に参戦し、退却時に討ち取られる。↓ランキングに参加中。クリック応援よろしくお願いします!に...
  • いいかよく聞け五郎左よ!−もうひとつの信長公記−純野一益(戦国)さんのプロフィール
夢酔藤山さん
  • 吉田百景
  • たり出来ません身禄の教えが、御師を支えたそうです。上文司家にはヤーナ川に滝が残されて貴重です。普段、ここは個人宅なので入れません。大国屋の庭。菊谷で同じアングルの古写真が発見されたようです。御師菊谷は武田信虎から文書が与えられた歴史があります。筒屋は現役で宿を経営しています。御神前が屋外に別棟として祀られています。この筒屋さんで発見された朱稿本理慶尼記をもとに、武田勝頼にまつわる小山田信茂非裏切り説を読み...
  • 散文小径夢酔藤山さんのプロフィール

武田信虎を含むトラコミュ

甲府
  • 甲府
  • 甲府という名称は、武田信虎が居館を躑躅ヶ崎館(現在の武田神社)へ移した際に、甲斐国の府中という意味から甲府と命名したことに始まる。戦国時代には武田氏の本拠地とな...
  • トラックバック数:42 TB参加メンバー数:16人カテゴリー:地域生活(街) 中部ブログ
今川義元
  • 今川義元
  • 駿河国(静岡県中部)の守護大名である今川氏の第7代、今川氏親と正室は中御門宣胤の娘(寿桂尼)の間に生まれる。幼名は芳菊丸。正室は武田信虎の娘(定恵院)。子に今川...
  • トラックバック数:24 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:歴史ブログ
武田信繁
  • 武田信繁
  • 武田信繁は、戦国時代の武将。甲斐武田氏18代・武田信虎の子で、武田信玄の同母弟。官職である左馬助の唐名から「典厩(てんきゅう)」と呼ばれ、嫡子・信豊も典厩を名乗っ...
  • トラックバック数:5 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
飯富虎昌
  • 飯富虎昌
  • 武田信虎、武田信玄の2代に仕えた宿老中の宿老で、その剛勇は甲山の猛虎と呼ばれて敵味方から恐れられたほどの猛将であり、武田二十四将の一人に挙げられる。 彼の率いる部...
  • トラックバック数:12 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:歴史ブログ
板垣信方
  • 板垣信方
  • 板垣信方は、戦国時代の武将。武田信虎、晴信の2代に仕えた。武田二十四将、武田四天王の一人。武田晴信が父信虎を追放して家督を継ぐと家臣団の筆頭格となる。晴信が諏訪...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:歴史ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

武田信虎について