造血幹細胞移植

造血幹細胞移植についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 造血幹細胞のニュースをもっと広めよう!【店長のボソッ】
  • [造血幹細胞移植] ブログ村キーワードあなたのお肌でエーセンドネットのシンプルスキンケアをお試しくださいまず、このニュースでの東電や保安院の会見を見たとき、本当に腹が立ちました。すべて他人事のように聞こえます。そりゃ〜本人たちは真剣に答えているのだと思いますが、これまでの一連の経過を見ていると、もう信用もできないし、そんなところから『安全面に対してはしっかりやっている』とか『大丈夫だ』とか言われても・・・続きを読む
  • 無添加化粧品屋店長のブツブツボソッ… 無添加化粧品屋さんの店長さん無添加化粧品屋さんの店長さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

造血幹細胞移植を含むブログ記事

ダダピさん
  • 「いつもどおり」が奇跡であるということ!!
  • スマートフォン用の表示で見る<移植獣> 慢性骨髄性白血病(CML)を克服する慢性骨髄性白血病(CML)、急性転化、皮膚浸潤、同種造血幹細胞移植についてトップ>前処置・移植後(2018.10〜)>「いつもどおり」が奇跡であるということ!!2018-10-20「いつもどおり」が奇跡であるということ!!前処置・移植後(2018.10〜)喉の痛みが...
  • <移植獣> 慢性骨髄性白血病(CML)を克服するダダピさんのプロフィール
梅の実学園さん
  • ぼくの学校自慢(その5)
  • それで一般内科に移りました。」巧都「再生不良性貧血だったら、一般内科より血液内科の方が専門的に診てもらえるのに。何で血液内科にしなかったの?」慶海「当時担当されていた小児科医からの話では骨髄移植などの造血幹細胞移植の適応者でないと血液内科はダメだそうで、強制的に一般内科に決められてしまいました。今の担当医である茂春先生(29歳・内科医)は再生不良性貧血のことをあまり知らないらしくて、年に1回の検診のときは困りま...
  • 梅の実学園の仲間たち梅の実学園さんのプロフィール
Bigbossmanさん
  • 顔のない看護婦の話
  • 疲れている中、瀬田さんから聞いた話が頭に残っていて、幻を見たんだろうと、今では考えています。このことは夫には話しませんでした。娘の病状は小康を得ました。ですが、いつまた悪化するかわからず、病院側から、造血幹細胞移植の提案を受けました。生命の危険のある治療ですが、完治する可能性もあります。夫と相談し、受けることに決めたんです。...
  • 怖い話しますBigbossmanさんのプロフィール
boonyanさん
  • 定期診察で造血細胞移植手帳を貰いました
  • たいことです。私が節制が出来ていないだけなんですよね。折角骨髄移植をして助けていただいた命を、不摂生が原因でなくすのは愚かとしかいいようがありません。今晩から節制を始めたいと思います!※LTFU外来:造血幹細胞移植後の患者に向けた看護師による長期フォローアップを目的とした外来。移植後の3か月、6か月、1年後とそれ以降は1年ごとに行う。↓クリックしていただけると励みになります。にほんブログ村にほんブログ村...
  • Ph+ALL急性リンパ性白血病サバイバーの徒然日記boonyanさんのプロフィール
ダダピさん
しーせぶんさん
  • プロトコル(治療計画)について調べた
  • 、白血病の概要と標準的な治療についての知識が必要なので、知らなければ以下のサイトに目を通してほしい。さて、この臨床試験の目指すところは以下の通りだ。新薬を使うことによる治療成績向上予防的頭蓋照射の全廃造血幹細胞移植の適応の縮小新たな治療反応性指標の模索移植前における2種の抗がん剤の比較年齢ごとの治療成績の比較治療後の合併症の評価罹患者として重要なのは最初の3つ。特に、2.と3.は治療後のQOLの向上が期待される...
  • 男22歳「血液のがん」白血病になるしーせぶんさんのプロフィール
光線治療院さん
  • 難病の次男を殺害「介護に疲れた」
  • さでCAEBVで亡くなった。 大阪市内の料理店で働いていた男性は約2年前に高熱を出し、リンパ球内でEBウイルスが増殖する「EBウイルス関連リンパ増殖症」と診断された。昨年、CAEBVと診断され、7月に造血幹細胞移植を受けたが、すぐに容体が悪化。網膜剥離による失明や呼吸困難などさまざまな症状で9月に亡くなった。女性は「EBウイルスは身近なウイルスと知り、難病指定によってこの病気を誰もが知るようになれば、義理の息子...
  • ひなたぼっこ光線治療院さんのプロフィール
ダダピさん
しーせぶんさん
  • 発覚するまでの経緯(腫瘍発見後)
  • ての説明先生からは、今後のプロトコル(治療計画)の紙をいただいた。この日はそれ以上、特に検査などはなかったので、診断された病気について調べた。発生している遺伝子異常の種類や抗がん剤の効き目などにより、造血幹細胞移植(いわゆる骨髄移植)をするかしないか変わってくるが、移植は様々な面で負荷が大きいため、薬だけで治るのに越したことはないようだ。今はとりあえず祈るしかないと思った。移植のことを調べているときに少し不安に...
  • 男22歳「血液のがん」白血病になるしーせぶんさんのプロフィール
たんぽぽ丼さん
  • 「慢性骨髄性白血病」について
  • 学療法のみでは通常約4年で急性転化し、死亡してしまう病気でした。しかし、現在は分子標的療法を受けた患者の85%以上が長期生存をすることができており、8年生存率は90%を超えるともいわれています。また、造血幹細胞移植やインターフェロン療法を受けた患者も50〜70%ほどの人が8年生存率70%以上と長期生存を可能としています。もちろん、副作用はあるし、ずっと薬を飲み続けるなら、お金が相当かかるでしょうけれど以前は、一...
  • ゆるベジ ごった日記たんぽぽ丼さんのプロフィール

造血幹細胞移植を含むブログ村メンバー

  •  
ダダピさん
しんぱちさん
SAGE0526さん
マスター@M's Barさん
てつまりんさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

造血幹細胞移植について