蜜ろう

蜜ろうについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [蜜ろう] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

蜜ろうを含むブログ記事

ハマキャンさん
  • ギア着弾
  • ポチッとお願いしますm(_ _)m人気ブログランキングへにほんブログ村turkに付けるグリップをお迎えしました。その名も、asi grip_tk 握り心地が◎ (^-^)v蜜ろうヌリヌリw...
  • キャンプなうハマキャンさんのプロフィール
chokokoさん
  • 野焼き作品他
  • 顔の方が黒くなるよううつ伏せでお願いしていましたが…仰向きになったようですこれはこれでいいか“ウフフ”という名前に!とおもっていましたが、これは…“ソバカスちゃん”になってしまいましたねきれいに洗って蜜ろうを塗りこみました^_^黒化粧の湯のみも出来ていました。そして…前にできていた赤土に中途半端な白化粧の器セット口がヒラヒラしていますねー干支のワンコも全部出来ていたので、これで年賀状を…と思っています。...
  • chokokoのデジイチ日和chokokoさんのプロフィール
carino3さん
  • ◎リースを作ろう会?&クリスマスローズの手入れ
  • ◎リースを作ろう会?&クリスマスローズの手入れ2017-12-04 |花きょうは弟夫婦で来てくれてリースを作ろう会こういうのが好みかどうかわからなくて付き合いだけかと思いきや「蜜ろうでロウソクを作る」が入ったバスツアーに行ってきたんだそうです材料がもう残り少ないので、どうなることかと思っていましたがちょうど無くなりました。3回目にして終了これからまだ弾けて開きそうな綿も使ってもら...
  • ときどき花日記carino3さんのプロフィール
松田安正さん
  • 「キャンドルを楽しむコツは・・・・」
  • たかく演出する小道具として人気のキャンドル。ろうそくの歴史は古く、ヨーロッパや中国では紀元前からつくられていたとされます。日本には6世紀の半ば頃、仏教とともに、ミツバチの巣から取れる蜜ロウを原料とした蜜ろうそくが中国から渡来しました。この頃のろうそくはとても高価で貴重なものだったので、使える人はごく限られていました。時代が下って江戸時代になると、日本でもろうそくが生産されるようになります。それが「和ろう...
  • モンブランkobe「真心日記」松田安正さんのプロフィール
ザンギさん
  • レッドウイングのミンクオイル
  • 諦め、冬靴を買いにいくも納得いくものがなく購入の延期決定(まだ雪、積もってないからいいか!) 商品物色中、レッドウイングのミンクオイルに目が止まり、購入する サブタイトルが、長〜い天然ミンクオイルに蜜ろうと松ヤニをブレンドした100%ナチュラルな高品質保革オイル ね! 夏場は、革のメンテを怠ってしまったので冬の間ぐらい、きちんとしないとね 家に帰り、今まで使用していたオイルとの成分を比べてみる...
  • 湿原のダイナくんザンギさんのプロフィール
ルルさん
  • 七宝焼泥釉の工程を紹介します
  • す。泥釉七宝の魅力は研ぎ仕上げのきれいさにあると思います。仕上げは砥石で砥いだ後ダイヤモンド砥石の120番・200番・400番・800番と砥いでいきます。これは帯留めなので裏に金具を接着し、表面に薄く蜜ろうを塗って完成します。泥釉はかなり扱いが面倒なので時間と集中力が大切です。自分にとっては面白い釉薬なので楽しんで制作しているところです。これは泥釉を始めた時ぐらいの作品で、ヒラメを図案化した合子(蓋物)...
  • アトリエVerdeルルさんのプロフィール

蜜ろうを含むブログ村メンバー

  •  
よしだようこさん
  • Morning Moonよしだようこさんのプロフィール
  • そして、子供も手を離れる今、つくる楽しさに気付き始めた!!

にほんブログ村

>

キーワード

>

蜜ろうについて