修験道

修験道についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [修験道] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

修験道を含むブログ記事

こたつさん
  • いよいよ 来週は「コギコギ大集合 in 涸沼」
  • )NPO 山犬 ( 16 )富士山の野鳥 ( 5 )喫煙スペース ( 1 )ジブリ飯 ( 3 )ワンちゃん預かり ( 7 )愛犬の石像 ( 2 )しゃぶしゃぶプラン ( 1 )BBQプラン ( 1 )修験道 ( 9 )201&202コネクティングルーム ( 1 )203 204 205 ( 1 )207 ( 1 )マラソン ( 6 )3Dラテドッグ ( 1 )ワンちゃんメニュー ( 1 )ホタル ( 3...
  • ペンションモンターニャ こたつ君の看板犬への道こたつさんのプロフィール
はな to つきさん
  • 桜の下にて、面影を(40)
  • 言えば吉野、というくらい桜の名所となった山一面を敷き詰める桜が、実は飛鳥奈良の昔から、延々人の手によって育まれてきたものという信じがたい事実。そのような気の遠くなる作業が、苦も無く続けられてきた理由。修験道の開祖役小角(えんのおずぬ)が、吉野の金峰山(きんぷさん)で、『金剛蔵王権現(こんごうざおうごんげん)』を感得し、それを具現化するために、桜の木から本尊をこしらえたという伝承があること。それ以来、桜が...
  • はな to つきはな to つきさんのプロフィール
清範剛さん
  • 當麻の地、その全容 〔157〕
  • ところに住む郎女という意味ではなかろうか。同じ永満寺にある當麻の谷の出口辺りと推定される。當麻の地が天皇家に深く関わっていたことが判った。現在から見れば修験の世界は遥かに過去の世界である。神仏習合後の修験道の原形、山岳信仰の時代である。古事記がその世界を垣間見せていることだけは確かなように思われる。…全体を通しては「古事記通釈」を参照願う。。...
  • 矛・盾 の e-Note清範剛さんのプロフィール
偏平足さん
  • 石仏775高戸山(茨城)馬頭観音、八溝修験
  • で、送電線の鉄塔を目印に尾根に取り付き、踏み跡をたどると桧林の山頂。(注1)鈴木三郎著『八溝山−霊峯八溝山と林業−』昭和62年、筑波書林【独り言】 八溝修験 八溝山にはだいぶ通いましたが、石造物からは修験道の様子があまり見えてきませんでした。そこで手元にある鈴木氏の『八溝山』と藤田氏の「八溝山信仰と近津修験」(注2)から八溝山修験について簡単にまとめておきます。次の写真は、上から八溝山山頂社殿、日輪寺、...
  • 偏平足偏平足さんのプロフィール
たけのしんさん
  • 椿堂2
  • る全国二千余社の本宮として、「地祇猿田彦大本宮」と尊称されています。』〜神社御由緒より椿大神社御祭神の前座に行満大明神とありますが、この行満大明神は猿田彦の子孫であり、役行者の師匠筋であり椿大神社では修験道の開祖とされています。椿大神社は「道別大神の社」といわれますこれは猿田彦が天孫の方々を高千穂に導く先達であったことから来ています。つまり、猿田彦大神は巡礼先達の神様なのです。へんろころがし焼山寺の入口...
  • 番外札所たけのしんさんのプロフィール
kabutomusiさん
  • 静けさ味わう雪の寺社10選
  • 山を出羽三山といい、それぞれに神社がある。月山は過去、羽黒山は現在、湯殿山は未来を表し、2016年にはこの三山信仰が「生まれかわりの旅」として日本遺産に認定された。 雪深い冬は羽黒山だけ参拝できる。「修験道の厳しさが雪の季節だからこそわかる」(岩佐十良さん)。羽黒山頂に鎮座する分厚いかやぶき屋根が特徴の三神合祭殿は、雪煙で屋根がかすむほど。「雪が降ると参拝者も少なくなり、さらに神秘的な雰囲気が漂う」(井...
  • kabutomusi.comkabutomusiさんのプロフィール
鹿児島UFO(石清水長者丸)さん
  • 仏習合・修験道・北斗七星-3
  • 識のエネルギー、共鳴する生命体のエネルギーなどを説明できる、興味深い理論について紹介しよう。それは、フリーエネルギーや核変換にも関わる。これらのエネルギー原理について理解することが、神仏習合、そして、修験道の理解に繋がる。10. 眞名井の宇宙観まずは、スピリチュアルな概念としての眞名井の復習から。物質世界は、主体の創造エネルギーである起源意識が客体的な物質エネルギーに転換した状態で、起源意識の中に浮かび...
  • 「地球維新◎天声会議」鹿児島UFO(石清水長者丸)さんのプロフィール
やまひこさん
  • 玉屋神社から、鬼杉を周回
  • 英彦山の開山伝説に登場するこの一帯から英彦山の歴史は始まったと云っても好い。以前は鬱蒼とした杉の古木に囲まれていた、それも何年か前の台風で倒壊してしまい、このようにカラりと明るくなったのです。周囲には修験道時代を物語る遺構が苔むすままに遺され、奉られていただろう神像や仏像も今はなく、朽ちてゆくままになっている。★ つれづれに一句  盛衰は 歴史の習ひ 雪解風   yamahiko    ・せいすいは れ...
  • 英彦山からの便りやまひこさんのプロフィール
福娘。さん
  • 京都の御朱印は、ちょっと違う。古都を往く、十六社朱印めぐり
  • ・病気平癒)新熊野神社、熊野若王子神社と同様、京都三熊野社の1つです。朱印のカラスは熊野社の神使である八咫烏です。三本足が特徴の八咫烏は、日本サッカー協会のシンボルマークにも使われています。811年、修験道の始祖役小角(えんのおづぬ)の十世僧日圓が、国家護持のために紀州熊野大神を勧請したのに始まります。1090年、白河上皇の勅願により創立された聖護院は、熊野神社を守護神として祟め、別当職を置いて管理して...
  • カネノナルキ | 風水・手相・四柱推命・九星気学福娘。さんのプロフィール
弁護士 鈴木成公さん
  • 婆娑羅日記Vol.27〜熊野古道伊勢路&大嶺北奥駈道旅行記in2016?(大嶺北奥駈道?)
  • 付いただけなのかもしれません。  (七ツ池付近) (七ツ池付近)   七ツ池から25分ほどで、稚子泊(ちごどまり)に着きました。 (稚子泊/標識)  稚子泊の標識には「第六十行所」と書いてあります。修験道の修行の道である大峯奥駈道には、七十五ヶ所の靡(なびき)といわれる行場(修行をする場所)が点在しています。主宰する宗派等によって、若干名称が異なるところもあるようですが、熊野本宮大社が第一行所で、吉野...
  • Tribune〜弁護士 鈴木成公の婆娑羅ブログ弁護士 鈴木成公さんのプロフィール

修験道を含むトラコミュ

岩湧行場の氷瀑
  • 岩湧行場の氷瀑
  • 岩湧山の中腹、山名由来になっている岩行場が凍結、氷瀑となりました。岩湧寺横のこの小さな道標に従います。双瀑が落ちますが、この千手滝の方が立派で、写真はその中段部...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:1人カテゴリー:アウトドアブログ

修験道を含むブログ村メンバー

  •  
naitoukonanさん
でくのぼうさん
幸野孝治さん
本山修験宗護国寺さん
八咫烏さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

修験道について