死亡保障

死亡保障についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [死亡保障] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

死亡保障を含むブログ記事

K2Investmentさん
FA熊本光の森さん
  • もしも、今の保険に不安を感じたら?実際の不安の声と回答
  • かしながら高額医療制度のきかない先進医療や自由診療を選択した場合はその限りではありません。一度生命保険の診断をお勧めいたします。 ?今の保険で働けなくなった時に大丈夫?一般的な生命保険では死亡した時の死亡保障や、入院した時の入院保障は保障されますが、仕事が出来なくなった時の保障は付いてないケースがほとんどです。働けなくなった時の保障などの給与サポートは保険種類が違いますので必要であれば保険の見直しが必要か...
  • FA熊本光の森 保険のお悩み解決ブログFA熊本光の森さんのプロフィール
高橋昌也さん
  • 色々と混ざり過ぎの商品は要注意
  • という感じで、色々な保障が一体化している保険や共済も少なくありません。個人的には、この手の商品はあまりおすすめできないかな、と感じています。というのも、見直しがしにくいのですね。 「借金が減ったから死亡保障は減らしたい、でもそうすると通院保障が・・・」という感じでしょうか。それぞれの保障については、別個の契約で対応をするか、でもなければ特約付加が良いかと。この形であれば、自分の状況が変われば見直しも容易...
  • 個人事業特化税理士@川崎・溝の口高橋昌也さんのプロフィール
pari88さん
  • 生保会社のカモになる消費者たち〜保険に入ってはいけない?裏側を元営業マンが告白
  • から解放されてしまうために、冷静な判断を失って結果的には余分なものにお金を使ってしまう、というわけだ。●複雑な商品をつくり、消費者を思考停止にさせる また、保険にはシンプルでわかりやすい商品が少ない。死亡保障、医療保障、介護保障などがセットになり、消費者は他の商品との比較がしにくいが、これも理由がある。 行動経済学によれば、複雑な商品は「情報負荷と権威付け効果(権威服従原理)」と説明ができる。「さまざまな...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
pari88さん
高橋昌也さん
  • 業界独自の保険があることも
  • 保険がないかどうか?という点です。例えば士業等では「◯◯業に従事している人の保険」というものが用意されています。 例えば弁護士業であれば、現場で死亡事故に合う可能性は建設業より低いでしょう。ですので、死亡保障に関していえばかなり割安で加入することが可能となります。 もちろん、その一方で業務上のトラブルにより損害賠償に至る可能性もあります。その確率は建設業で現場仕事をしている人よりも高いでしょう。そのために...
  • 個人事業特化税理士@川崎・溝の口高橋昌也さんのプロフィール
さちさん
  • 妊娠したら保険の見直しをすべき理由3つと見直しのポイント
  • 子どもの学資保険は出産前でも加入することができます。時間に余裕のある妊娠中に比較検討、加入手続きまでしておくと安心です。最近利率が下がっているのですが、学資保険は貯蓄という面だけでなく、親が死んだ時の死亡保障みたいな役割も果たすので加入はありだと思います。(我が家は娘二人とも入っています)妊娠中の保険見直しのポイント妊娠中の保険見直しのポイントを3つにまとめてみました。今入っている保障内容と比べてみてくだ...
  • 節約ママの暮らしを豊かにするヒントさちさんのプロフィール
K2Investmentさん
  • 相続税・贈与税を非課税とするための租税回避スキーム
  • 。03-6215-8600電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。個別相談(1000円/時間)プレミアムファイナンス入門書(マニュアル)を無料進呈します1億円の資金で10億円の保険金(死亡保障)を掛けられる方法です。銀行ローンで預金の3倍にレバレッジ海外生命保険で3億円の保険料が10億円ぼ死亡保険金にレバレッジこれがプライベートバンクが相続税対策で最も使っているスキーム銀行ローンを使うので...
  • 保険アドバイザー和田信泰の海外生命保険ブログK2Investmentさんのプロフィール
K2Investmentさん
バウムさん
  • 退職にともなう保険の手続き
  • 、会社を退職すると、これまで給与引き去りで保険料を支払っていた「がん保険」や「個人年金保険」の【変更手続き】が待っています。この機会に保障内容の見直しなどもできるんでしょうけど、私の場合は数年前から”死亡保障を限りなくゼロにする”などすでに手を打ってあったので、単に支払い方法の変更ということになります。ただ、わずかですけど、毎月の保険料が上がるんですよねー。これまで会社経由ということで団体扱いの割引が効い...
  • <早期退職・同時進行ドキュメント>54歳リタイア計画バウムさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

死亡保障について