北杜夫

北杜夫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 茂吉という光を意識して航海した"どくとるマンボウ"氏逝く
  • '11年10月27日(木)[北杜夫] ブログ村キーワードユーモアあふれる"どくとろマンボウ"シリーズや、大河小説「楡家の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫(本名・斎藤宗吉)氏が24日午前6時2分、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳だった。(讀賣朝刊10/27 1面)大作家だが、人気作家でもあったことは、新聞各紙の朝刊がコラムで取り上げていることでもそれが知れる。それぞれのエキスをつなぎ合わせる・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

北杜夫を含むブログ記事

aoinorichanさん
  • 斎藤茂吉
  • 斎藤 茂吉1882年(明治15年)5月14日〜1953年(昭和28年)2月25日(70歳没)没後136年命日。歌人、精神科医。長男は『楡家の人びと』の北杜夫。茂吉が子供のころ手習いを受けた生家の隣にあった宝泉寺の和尚佐原窿応(りゅうおう)が、後年、蓮華寺(滋賀県米原市番場511)の住職になったことから、茂吉も何回か蓮華寺を訪れている。「松風の おと聴く時...
  • 森のぐらさんaoinorichanさんのプロフィール
shinさん
  • 【Book】北杜夫 『ぼくのおじさん』
  • しているくらい。でもそんなダメなおじさんを鋭く観察し、呆れたりツッコミながらも、なんだかんだで二人は仲良くつるんでいる。和田誠氏のとぼけた表情の挿絵が、本当にこの小説の雰囲気にぴったりだ。***作者の北杜夫は、本名を斎藤宗吉という。父親は歌人の斎藤茂吉。大学で詩を創作し始めた時、茂吉の息子だとわからぬよう、ペン・ネームを作ったという。『ぼくとおじさん』は、北杜夫自身が、東北大学医学部を卒業し、インターン...
  • 紙とペン*shinさんのプロフィール
HHPさん
  • ハワイが舞台になっている映画。。そして小説・・ぼくのおじさん
  • 018-05-14ハワイが舞台になっている映画。。そして小説・・ぼくのおじさん本・テレビ番組・映画本・テレビ番組・映画-映画ぼくのおじさんってクスって笑いたくなる映画2年前に公開された映画です。原作は北杜夫。松田龍平のぬぼーっとした雰囲気がいいねぇ。まほろ・・の行天をもっと狡くした感じでしょうか、、出来た甥っ子とダメなおじさんっていう組み合わせでそのダメなおじさんがいろいろとしでかしてくれちゃうっていう...
  • Happy Hawaii PhotoHHPさんのプロフィール
がりでぶさん
  • ぼくのおじさん
  • 時点の情報です。現在は配信終了している場合もありますので、詳細はHuluの公式ホームページにてご確認ください。)監督:山下敦弘さん出演:松田龍平さん、真木よう子さん、大西利空さん、戸次重幸さんら原作は北杜夫さんの小説。ぼくのおじさん (新潮文庫) [ 北杜夫 ]ただし、映画では設定が現代になっています。映画「ぼくのおじさん」の感想ほのぼのコメディとして楽しめました。週に1度しか講義のない、大学講師のおじ...
  • 映画・ドラマ 定額制見放題サービスがりでぶさんのプロフィール
快速みえさん
  • 怪盗ジバコ
  • 怪盗ジバコを見れたよ記念絵(^_^*)原作はなんと、北杜夫さん!...
  • Japan Station快速みえさんのプロフィール
Papaさん
  • 日経新聞 私の履歴書について
  • ) 野村克也(元プロ野球監督) 島野喜三(シマノ会長) 篠田正浩(映画監督) 佐藤安弘(キリンビール相談役) ルイ・シュバイツァー(ルノー会長) 仲代達矢(俳優) 片山九郎右衛門(能楽師)2006年 北杜夫(作家) ジャック・ニクラウス(プロゴルファー) 早石修(生化学者) 宮沢喜一(元首相) 金川千尋(信越化学工業社長) 遠藤実(作曲家) 小松左京(SF作家) 小堀宗慶(遠州茶道宗家) 三浦雄一郎(プ...
  • ひまろぐPapaさんのプロフィール
Papaさん
  • 日経新聞 私の履歴書について
  • ) 野村克也(元プロ野球監督) 島野喜三(シマノ会長) 篠田正浩(映画監督) 佐藤安弘(キリンビール相談役) ルイ・シュバイツァー(ルノー会長) 仲代達矢(俳優) 片山九郎右衛門(能楽師)2006年 北杜夫(作家) ジャック・ニクラウス(プロゴルファー) 早石修(生化学者) 宮沢喜一(元首相) 金川千尋(信越化学工業社長) 遠藤実(作曲家) 小松左京(SF作家) 小堀宗慶(遠州茶道宗家) 三浦雄一郎(プ...
  • ひまろぐPapaさんのプロフィール
天王寺こくご教室さん
  • 大阪星光 2018年
  • ものを問うていますね。)され、言い換えの記述問題が出題されています。この「コンテクスト」がようわからんとなってしまいますと、大幅な減点となります。国語の成績が悪かった生徒はここが原因かと。物語文では、北杜夫の文章です。傍若無人なふるまいをする「立原君」にふりまわされる「私」がかわいそうな文章です。最後で、立原君にナイフを突きつけられ、失敗作のスープを無理矢理飲ませられるシーンはなかなか印象的です。記述問...
  • 天王寺こくご教室天王寺こくご教室さんのプロフィール
sugikanさん
  • 「モタさんの”言葉”」★斎藤茂太著
  • が本棚に並んでいて、読んで見ると面白く、近くの本屋さんには置いてなかったので、Amazonに注文すると早い早い。翌日には届きました。斎藤茂太さんと言えば、斎藤茂吉さんの息子さんで、精神科のお医者さん。北杜夫さんのお兄さんにあたりますが、まだ達者かとおもったら、2006年に90歳で亡くなっておられました。この本、NHKで放送されたものを絵本にしたもので、あと2,3冊出版されているので、入手することにしまし...
  • 千々石(ちぢわ)deその日暮らしsugikanさんのプロフィール
やまの宿 下藤屋さん
  • 塩原もの語り館で斎藤茂吉展開催
  • 塩原を旅した歌人斎藤茂吉の短歌と、歌中の昆虫などを紹介する「斎藤茂吉と昆虫のものがたり」展が塩原もの語り館で開かれている。茂吉が詠んだ歌約30首や、茂吉の次男で芥川賞作家の北杜夫のエッセーなどを通じて塩原の昆虫や自然と茂吉との関わりを紹介する。「本物の出会い 栃木デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせ、6月24日まで無料公開される。「関屋いでて 坂路になれば ちらり...
  • 日本秘湯を守る宿 塩原温泉やまの宿「下藤屋」ブログやまの宿 下藤屋さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

北杜夫について