北杜夫

北杜夫についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード
  • 茂吉という光を意識して航海した"どくとるマンボウ"氏逝く
  • '11年10月27日(木)[北杜夫] ブログ村キーワードユーモアあふれる"どくとろマンボウ"シリーズや、大河小説「楡家の人びと」で知られる作家、芸術院会員の北杜夫(本名・斎藤宗吉)氏が24日午前6時2分、腸閉塞のため東京都内の病院で死去した。84歳だった。(讀賣朝刊10/27 1面)大作家だが、人気作家でもあったことは、新聞各紙の朝刊がコラムで取り上げていることでもそれが知れる。それぞれのエキスをつなぎ合わせる・・・続きを読む
  • 聞こえるように独り言 (雑)学者さん(雑)学者さんのプロフィール
あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?

北杜夫を含むブログ記事

Satoruさん
  • そして帝国は滅んだ(ウィーン軍事史博物館)
  • 「家族がだめになっていく話」を読むのが好きだ。 たとえば、チェーホフの「桜の園」。 たとえば、北杜夫の「楡家の人びと」。 たとえば、ガルシア=マルケスの「百年の孤独」。 かつて栄華を誇った一族が、いろいろな要因がからまって、避けようもなく衰退してゆく。ゆるやかな滅びへと向かってゆく。 それでも生きて...
  • ウィーンと私と、旅する子どもたちSatoruさんのプロフィール
なおみさん
  • ぼくのおじさん・居候でお金も入れない屁理屈男
  • お小遣いを上げることもできない状況になり、顔を合わせることができず逃げている自分が居る。このとき嫌いなおじさんがずっと浮かび、血はつながっていると思うと心底自分が嫌になる。「おじさん」のモデルは作者の北杜夫さん自身らしい。子供向けにできているのでそういう現実的なドロドロなどはないのでほんわか観ることができるけど、自分もこの状況から抜け出せず、子供に尊栄されるおばさんになり直さないと、と思う。というのは現...
  • 鬱病は伝染るんです。親子・恋人・友達引き寄せ体験談なおみさんのプロフィール
北海道美術ネット別館さん
  • 8月15日(水)のつぶやき その2
  • 習慣のない野蛮なうちらの国に代わって史料を保管してくれてありがとう」 と思うようになった #NHKスペシャル ― Simon_Sin (@Simon_Sin)2018年8月15日 - 19:50あと、北杜夫のどくとるマンボウ追想記も久々に。北杜夫も東京大空襲の屍累々の修羅場を乗り越えてるんだよなあ。それにしても、本当にあと10年もすると、戦争の実体験者のナマの言葉は聞けなくなってしまう。アーカイブの世界...
  • 北海道美術ネット別館北海道美術ネット別館さんのプロフィール
クプクプさん
  • マリリン・モンロー「only two days」
  • え、用意されてなかった気がするなあ。まあ、いずれにしてもトイレでのお尻の拭き方から、個人個人の、あるいは家庭ごとの「ふつう」は意外に密室化されていて、うっかり話すとビックリされてしまうことがあります。北杜夫の「怪盗ジバコ」の文庫本の解説を書いていたのが、たしか遠藤周作で、マリリン・モンローの話があった。怪盗はマリリン・モンローのパンツを盗むと宣言するのだ。しかも今穿いているパンツを盗むという。そこで来日...
  • るらら科学の子クプクプさんのプロフィール
あらら?さん
  • 【うなぎdays #3】長野市「花ぶき」斎藤茂吉とうなぎと
  • すぎが高じ、かえっておかしみが増す、本当に面白い人物だったそうだ。ユーモア:humorとはhuman:人間が語源というが、茂吉ほど人間くさく、面白い人物はいなかった。という意味であることを、息子である北杜夫が書いていた。茂吉はまた、無類のうなぎ好きでもあった。長男 茂太の見合いの席で、後に嫁となる美智子が、手をつけずに残したうなぎを「いらないならおくれ」と食べてしまったり、 山形へ疎開する際にはトランク...
  • 食べる!観る!読む!聴く!評論家あらら?公式ブログあらら?さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

北杜夫について