ハント症候群

ハント症候群についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ハント症候群] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ハント症候群を含むブログ記事

はるさん
嫁氏さん
  • 産後初の病院/息子の買う物リスト→追加
  • 来たんだよって思われたわよね。私は思ったもの。結果は『大した事ないから大丈夫。口唇ヘルペスも、本当にヘルペスか疑わしいレベルだから大丈夫』との事で一安心。まんま症状が頭部神経痛だったので、ググった先でハント症候群ってのが出てきて、怖くなって受診したので。゚(゚´ω`゚)゚。帰りに、家電屋さんへ。\息子、意外な物に食いつく!/そして意外と様になってる(笑)気に入ったみたいで、ずーっとピアノで遊んでお...
  • 嫁氏のチラシ裏嫁氏さんのプロフィール
はるさん
  • 帯状疱疹はステロイドの内服が必須?外用は禁忌?徹底解説!
  • スが増えるのを抑え、ステロイド薬で痛みをとる目的のため、処方されます。 また、帯状疱疹の発症部位が顔面や耳の周囲だった場合、合併症の予防治療の目的としても処方されることがあります。 合併症にはラムゼイハント症候群という顔面神経麻痺や難聴などの聴覚障害を起こす病気があります。 ステロイドの内服薬は効果が強い分、重大な副作用が起きるケースもあるため、注意が必要になります。 しかし、ステロイド薬は、長期間使用するこ...
  • 今日からはじめる、美容と健康のマメマメ通信はるさんのプロフィール
doctorさん
  • めまい・メニエール病の名医・専門医28名
  • す。秋田県 三好彰三好耳鼻咽喉科クリニックめまいやふらつき、耳鳴りなどの治療を専門としながら、年南京医科大学国際鼻アレルギーセンター主任教授も務めていた名医です。宮城県 長沼英明北里大学病院ラムゼイ・ハント症候群に伴うめまい症やメニエール病など、診断や治療が難しいと言われている病気に対し、大きな効果を生んでいるドクターです。神奈川県 ?関東・甲信越エリア 医師名病院名コメント地 域 山本昌彦東邦大学医療セン...
  • 全国の名医・専門医まとめdoctorさんのプロフィール

ハント症候群を含むブログ村メンバー

  •  
ノブさん

にほんブログ村

>

キーワード

>

ハント症候群について