ダブルボランチ

ダブルボランチについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ダブルボランチ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ダブルボランチを含むブログ記事

文系講師マゴメさん
  • 難問奇問は無視してもいいんですが
  • 集者の酒場でのおしゃべりネタみたいな問題」と書かれているそうです。 こういうのは国語講師も妙に燃えるはず。 「清少納言・鴨長明・兼好法師の3トップは確実だろう」 「トップ下は紫式部ね」 「漱石と鴎外がダブルボランチ」 「滝沢馬琴と十返舎一九がサイドバックかな」 「紀貫之はDFの要」 「松尾芭蕉はやはりリベロだろう」 「ちょっと待て、井原西鶴が入らないじゃないか」 「江戸川乱歩、樋口一葉、入れようよ」 「藤原定家...
  • 世界は「ことば」でできている・文系講師の受験ブログ文系講師マゴメさんのプロフィール
harryさん
  • なぜ名波監督はW杯中断明けの4分で残留争いを意識したのか
  • ンバーでの打開は難しいところまできていましたあまりにも武器が無かったんですよね……今季は守備よりも攻撃に課題があったシーズン2017年シーズンのジュビロ磐田の武器は、中村俊輔選手のセットプレイとアダとダブルボランチの推進力、アダと川又選手のコンビネーション、川辺選手と川又選手のホットラインでした上記を見てもらえれば分かるように、2018年では昨季に築いた攻撃パターンがほぼ使えないという状況でしたでは、なぜW杯中...
  • ジュビロ磐田とエンタメ情報harryさんのプロフィール
グッチさん
  • やばかった銀河系軍団
  • る。私はコーチ仲間2名(共にジュニアユースのコーチ)と共に試合を観戦したが、銀河系軍団の体付きやアップ時の動きを見たコーチ仲間2名も驚きを隠せなかったようだ。本日の息子はスタメン出場。CBかと思いきやダブルボランチの守備的ポジション。形的にCB3名の5バックに近いフォーメーションとなっていた。相手の破壊的な攻撃力に対応する為の作戦だと感じた。試合が始まると、初っ端から相手の猛攻が始まる。1試合平均5点以上を取っ...
  • 少年サッカーよもやま話しグッチさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
Samurai GOAL 管理人さん
  • ケガ人続出、新助っ人の契約解除。今季アクシデントが続いた磐田がJ1に残留できた理由
  • した場面など、指揮官が掲げたチームコンセプトを選手が理解し、続けた。危険な場面もあったが、先制したことで、名波監督は「これでゲームを自ら動かす必要がなくなった」とプランを継続。後半はトップ下の大久保とダブルボランチの距離が長くなったり、アダイウトンが孤立するなどし、押し込まれる場面もあったが、交代選手を適時に入れ、最後は「スタジアムの雰囲気をもう一度サックスブルーに」と、指揮官は中村を後半ロスタイムに投入。万全...
  • Samurai GOAL〜海外日本人選手まとめSamurai GOAL 管理人さんのプロフィール
nuruinuさん
  • 小島選手が契約更新。攻撃的センスをさらに活かしてほしい
  • どうも、わたしです。小島選手の契約更新が、発表になりました。今期の後半戦はレギュラーに定着し、攻撃的なセンスを活かしたと思います。序盤はジェフがアンカーを使っていたので、やや出場機会に苦しみましたが、...
  • アディショナルタイム+7minnuruinuさんのプロフィール
ペタワロスwwwwwwwwwさん
田舎暮らしのサッカー好き@さん
  • バーンリー戦を見て、ボーンマス戦のスタメン予想
  • ファンダイク、モレノMF ワイナルドゥム、ファビーニョ、シャキリFW サラー、スタリッジ、フィルミーニョ中盤の構成として、ワイナルドゥムとファビーニョはバランスよくいいコンビではないかと思っています。ダブルボランチでもいいですし、どちらかがワンボランチになる形でもいいですし。3トップはやはりフィルミーニョがいないと停滞感がでてしまうため、スタメンとしています。次節はどうなるでしょうか。楽しみですね。ここまで読ん...
  • 田舎暮らしのリバプールファンブログ田舎暮らしのサッカー好き@さんのプロフィール
サカまるさん
NFNL_CBさん
  • 12/1 明治安田生命J1リーグ第34節 VS 横浜F・マリノス @ 日産スタジアム
  • 脱した影響で前節は左SBにイッペイ・シノヅカを起用したが今節は畠中を5試合ぶりに起用。また大津に代わって喜田が3試合ぶりに起用されている。このメンバーでもわかるようにマリノスは10試合ぶりに3バック+ダブルボランチの布陣を採用。4-3-3では左WGに入る遠藤が左WBへとポジションを移している。そして開幕前には今季限りでの引退もほのめかせていた中澤が8月15日の台22節以来となるベンチ入りとなっていた。一方、セレ...
  • セレッソ大阪を分析するブログNFNL_CBさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ダブルボランチについて