ダブルボランチ

ダブルボランチについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [ダブルボランチ] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

ダブルボランチを含むブログ記事

GAMEさん
  • 「一刀両断」 第26節 山形戦(前編)
  • 佐々木匠、西弘則あたりはそのあたりを配慮しての温存だろう。そういう意味では木島徹也の疲労もかなりあるハズだが、徹ちゃんはスタメン起用された。重松健太郎のベンチ外がきにはなったが…少々驚きは中盤の布陣。ダブルボランチを岡村和哉と田中英雄が務め、右SHには佐々木渉、左には永田亮太が入った。永田クンが前を向いた時の視野の広さやパスセンスを考えた時、右半分しか使えないのは痛いが、前を向く機会が増えるのは悪いことじゃない...
  • がめがま。GAMEさんのプロフィール
サカまるさん
鳥脳さん
  • 戦う喉に浅田飴【J2第33節:vsカマタマーレ讃岐】
  • ホームでカマタマーレ讃岐と対戦。 博多からいそいそと大分の家に帰り参戦です。 大銀ドームではチキンカツカレーを食す。トリ勝つカレー。トリニータの布陣は以下の通り。 スタメン発表を受けて、前節に引き続きダブルボランチのツーシャドーかと思っていると、馬場がボランチまで下がってトリプルボランチでツートップだったと感じた。ツートップは藤本と三平。岩田は前節の影響なく出場。 ベンチスタートは、キョンゴン・岡野・清本・國分...
  • 生温かい眼鳥脳さんのプロフィール
サカまるさん
GAMEさん
  • 必殺のカウンターは応用編で
  • 組みます。ただ、守備ブロック一辺倒ではなく、プレスも状況に応じて使ってきたりするので、守備力は高いチームです。3バックは対人守備にも空中戦にも強い。ラインコントロールも振り幅が大きく、とても厄介です。ダブルボランチの中村選手、本田選手ともに守備は上手く、中央突破はなかなか簡単じゃなさそう。CBあたりでボールを回収すると、サイドにボールを展開。ここからウイングバックとボランチがうまく連携しながら前に持ち上がります...
  • がめがま。GAMEさんのプロフィール
aratasuzukiさん
  • [JEF] ジェフのビルドアップと福岡のジェフ対策
  • 思います。 福岡戦でのジェフはボランチの1人がDFラインに下がって、後方の3枚で回す形からスタート。 最近は相手が2トップの時はボランチが下がって、数的優位を作ろうとしているようにも感じます。 現在のダブルボランチになってからは、熊谷が前で小島が下がることも多いですね。 後方の3枚が極端に低い位置でボールを持つことによって、相手のプレスを引き出しておいてかわし、前方にボールを供給する。 それがジェフのビルドアッ...
  • ゆっくりいこうaratasuzukiさんのプロフィール
ヒグチさん
  • しぶとくゲームを制する〜J1第26節 ベガルタ仙台vsFC東京〜
  • した展開となった。まずはこの辺りから見ていきたい。 東京の前プレのメカニズムを見ていくと、まずは2トップが縦関係になる。ディエゴ・オリヴェイラが頂点に、永井がその下になる。オリヴェイラは大岩へ、永井はダブルボランチを監視する役目となっていた。 そして平岡と板倉に対しては、サイドハーフが前に出て対応していた。サイドハーフは平岡と板倉にボールが入るとプレッシングを開始していった。 そして仙台のビルドアップを窒息状態...
  • ヒグのサッカー分析ブログヒグチさんのプロフィール
GAMEさん
  • 「胡馬北風」 第33節 大分戦(前編)
  • 攻撃参加でほぼMF化。実質2バック状態。 讃岐は引いて守るだろうから、前線に残る木島徹也のマークだけ2人でしておけばいい。そういう考え方をしてきた。大分帝国の方針は圧倒的支配なのか。 中盤も いつものダブルボランチではなく、丸谷をアンカーに据えてインサイドハーフに小手川宏基と馬場賢治を置く中盤を逆三角形にした配置。 2トップには藤本憲明、三平和司を置いた。 一方の讃岐は4-2-3-1。 契約上出場できない竹...
  • がめがま。GAMEさんのプロフィール
burnworksさん
  • 2018 Jリーグ 第26節 日産スタジアム アウェー 横浜F・マリノス戦
  • 必須となる試合。勝点差も今節開始時点で「3」しかなく、下位とはいえお互いに負けられない事情がぶつかり合う注目の対戦となりました。 さて今日のスタメンは最終ラインに岩波、マウリシオ、槙野。ダブルボランチに青木、長澤。ウィングバック、右に橋岡、左にウガ。2シャドーに武藤、マルティノスを置いた上で、1トップに興梠という並び。GKは西川。前節の負傷でファブリシオさんが残念ながら全治7カ月の診断(左ひざ前十...
  • Keep on Jumpin'burnworksさんのプロフィール
ruinさん
  • 疾風迅雷・船山貴之 第33節 vs福岡 △3-3
  • 手達を自由にさせず、前半から押し込まれて、ラインを下げざるを得ない。そして、ボールを下げる事で、選手の距離が遠くなり、思うようにボールを回す事が出来ない、苦しい試合展開を余儀なくされました。ジェフは、ダブルボランチの熊谷、あるいは小島が、守備時には近藤と、鳥海の間に入って3バックの形になり、守備のバランスを取る守り方。ただ、そうなってしまうと中盤の枚数が足りなくなり、距離も開いてしまうので、早めに指宿、サイドの...
  • JEFSPIRIT.com Newsruinさんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

ダブルボランチについて