採餌

採餌についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [採餌] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

採餌を含むブログ記事

yamasemiさん
  • カワウとサギの採餌に関する共創行動の研究。 A research of co-creation feeding between cormorant and heron.
  • さすがに球磨川、野鳥が多いなぁ・・・感心するだけだったのだが、2年後、同じ球磨川の別のエリアで少数のカワウとコサギ、ダイサギの群れが同居している場面を観察撮影して驚いた! 数羽のカワウが岸沿いで小魚を採餌した直後、岸に陣取っていたコサギ6~8羽が水際で盛んに小魚を突いていたのだ。 ・・・という事は、あのカワウ80羽の大群が騒いでいた球磨川の瀬でも同じ事が大々的に行われていたに違いないのだ! 更に詳しく...
  • yamasemi web blogyamasemiさんのプロフィール
ヒロちゃんさん
  • 無謀にも ヨロネン
  • の個体。こちらはトウネンの幼羽。嘴の長さと肩羽の軸斑の黒さが違っている。上のヨロネンと同じ個体。うまい具合に映り込んだ水面の姿がきれいだ。頻りに歩き回って栄養補給していた。ヨロネンの方が足が長いので,採餌の時の姿勢が違うらしい。それに,トウネンよりスマートな体型に見えた。トウネンも,餌探しに忙しそうだった。最初のとは別のヨロネンで,少し赤味が強い個体。トウネンに比べると,背中の白いV字がはっきりとして...
  • ヒロちゃんの花と鳥日記ヒロちゃんさんのプロフィール
bnjさん
  • 【探鳥】バン(鷭) 残暑の池で子育て【東京新聞2018年9月20日】
  • 新聞2018年9月20日】バン(鷭) 残暑の池で子育て 群馬県館林市の郊外の池で8月30日朝、ひなに餌を与えるバン。黒い産毛がかわいらしい。厳しい残暑の中、ヒナ5羽と親が長い足指で水草の上を巧みに歩き採餌していた。繁殖期も終盤で、今季2回目の子育てだろう。赤と黄色の親子のくちばしが印象的だ。 留鳥で湖沼などに生息するクイナ科。東北や北海道では夏鳥だ。「クルルル」と甲高い声で鳴く。夏は23区内の大きな公...
  • BirdNewsJapanbnjさんのプロフィール
KAZZさん
  • ハマシギさん@石川県 1
  • 波打ち際から。水溜りを経て。採餌しながら、近付いてきました♪ハマシギ(Dunlin)  チドリ目 シギ科  2017 10 28 ihtm...
  • KAZZ的 写真生活KAZZさんのプロフィール
yamasemiさん
mr-walk1704さん
グッジョブ!「インドネシア単身生活」さん
  • スラバヤ東海岸探鳥記 195 (2018/09/20)
  • ている。中にはハトが入っている。以前紹介した伝書鳩の訓練である。自慢のハトを放つ。この日は全部で3組の訓練を見た。さて、ムラサキサギは大抵高い木の上に止まっているか、さもなければ養殖池のほぼ中央付近で採餌している。距離は100mはあろう。やや羽を広げて甲羅干しでもしているよう。懸命に餌を探しているということはないようだ。養殖池の水門によくいるササゴイ、筆者が通ると慌てて水門から出てきたが、水門前に張っ...
  • グッジョブ!「インドネシア単身生活」グッジョブ!「インドネシア単身生活」さんのプロフィール
東京の野鳥達さん
  • ベニバシガモ
  • peposaca)・カモ目カモ科・大きさ:55〜56cm・体重:1000〜2000g・生態:南アメリカ(チリ中部からアルゼンチン・パラグアイ・ウルグアイ・ブラジル南部)に分布(湖沼・池・冬の野鳥)・採餌:水辺に生えた草・水草・植物の種<ベニバシガモ><ベニバシガモ><ベニバシガモ><ベニバシガモ><ベニバシガモ><ベニバシガモ>...
  • 東京の町に住む野鳥たち東京の野鳥達さんのプロフィール
ふくみみさん
  • ひっそりと チュウシャクシギさん
  • ちを見に行きました。いつものように、気持ちだけは張り切って行って、、、張り切り過ぎて、がっかりして帰ってくることの方が多いけど、、この日は、浜の草むらにチュウシャクシギさんが、ひっそりと、ひとりで、、採餌していました。正面顔  少しだけ大きくトリミングしてみました。(^^)シギさんのこの表情、、好き(#^^#)私たちが飛ばしたわけではありません、、でも、飛んだので撮ってみましたが、、、いつもモタモタし...
  • ふくしまの空からふくみみさんのプロフィール
トンボ自然史研究所さん
  • 平野部の沼、初夏のトンボ(1):アオヤンマとの出会い(その1)
  • 両前翅基部付近には、淡赤色の小粒状のものが付着しているようもに見えます。食べている虫の体液が飛び散って、付着したのかもしれません。ということで、この個体のこの飛行は、雌探しも兼ねているとは思いますが、採餌を一つの目的としていたことがわかります。写真5〜7のいずれにおいても、ヨシ類の草丈すれすれ付近の高度で、それもヨシ類群落の開放水面側またはそちらに近い側を飛んでいます。本格的な探雌飛行を激写引き続き、...
  • トンボ自然史研究所トンボ自然史研究所さんのプロフィール