下屋敷

下屋敷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [下屋敷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

下屋敷を含むブログ記事

こんさん
のりさん
  • 幽霊の涙
  • 7 |526 |525 |524 |523 |幽霊の涙2018/07/13 (Fri)諸田玲子『おう、やっと、珠世どののえくぼを見せてもろうた。眼福、眼福』〜工藤伊三衛門 「ボタモチと恋」より松前藩の下屋敷にて、珠世に 里の縁談の相談の中で 珠世のえくぼはみんなを幸せな気持ちにさせるのかな[0回]PRComment(0)この記事にコメントするNameTitleColorBlack LimeGreen S...
  • 行動の前に・・・のりさんのプロフィール
四季優彩 Annexさん
  • 陸軍板橋火薬製造所跡
  • 造所跡2018年07月13日 23時25分58秒 |まち歩き板橋区立加賀公園の隣にある旧陸軍の火薬工場跡です。明治9年に発足した官営工場で建物の一部や実射試験に使われた弾道管が残っています。加賀藩江戸下屋敷跡に建てられました。板橋区では産業遺産として2020年頃までに整備をして一部を公開する計画を進めているそうです。こちらは加賀公園内の射撃用の的の跡です。まだ、公開されてませんので外から見るしかありませ...
  • 四季優彩 Annex四季優彩 Annexさんのプロフィール
後藤和弘のブログさん
  • 国宝の五つの城は日本が世界に誇れる独特な建築遺産
  • 随所に見られます。建造年、1537年、築城者:織田広近 別名:白帝城主な城主:織田信康、池田恒興、織田勝長、三好吉房4番目の写真は、国宝、彦根城(滋賀県彦根市綱)です。天守をはじめ、重要文化財の各櫓、下屋敷の庭園である玄宮園、内堀・中堀などが当時の姿を留めています。全国的に見てもきわめて保存状態のよい城跡です。様々な破風があり細部まで美しく味わいあるお城です。建造年、1622年、築城者:井伊直継 別名:...
  • 後藤和弘のブログ後藤和弘のブログさんのプロフィール
まるのんちゃんさん
  • 北茨城市に小旅行 天心遺跡 その2
  • の横浜商館「石川屋」の番頭に命じられます。そこで武士を辞め、石川屋善右衛門と名を改め商人となってしまいました。明治維新後の廃藩置県で福井藩は消滅。石川屋も廃業となりますが、東京・蛎殻町にあった福井藩の下屋敷跡で旅館「岡倉旅館」を開業します。母親の名は「この」。後妻として岡倉家に入ります。覚右衛門の前妻は4人の娘を残して亡くなっていました。「この」は三人の息子と一人の娘を産みますが、産褥熱のため37歳で身...
  • アウトドア親爺の徒然日記まるのんちゃんさんのプロフィール
日高千湖さん
  • 恋文・2
  • ちゃんはお部屋を暖めてください」「わかりました」「10分」と聞き、僕は緩やかな坂道を急いで駆け上がった。 滝山家の敷地は広い。河野組総本部も広かったけど、ここは更に広い。この場所は江戸時代、ある大名の下屋敷だったと聞いた。それを少しずつ改装し、減築し、増築して今の「本宅」と呼ばれている母屋が出来上がっている。本宅の他に今は誰も住んでいないけれど立派な洋風の家が建っている。そこは長男の義道会長と呼ばれてい...
  • 夢見月夜曲日高千湖さんのプロフィール
Fukuyoさん
  • 紀州徳川家の下屋敷だった鍋島松濤公園で昆虫採集〜イン渋谷♪
  • 閑静な住宅街松濤 松涛美術館のモダン建築の脇を,そぞろ歩きますと・・・ 鍋島松濤公園に着きます。江戸時代に紀州徳川家の下屋敷があった所です。明治時代になってこの土地を購入したのが鍋島家でした。 茶園を開いた時につけた名前が松濤。茶の湯のたぎる音から出た名で、この銘柄のお茶を生産しており、 そこから、昭和になってこのあた...
  • 東日本ベスト3☆パン教室DiaryFukuyoさんのプロフィール
アンディさん
  • 犬旅52・彦根城(玄宮園)
  • 今から名勝玄宮園にも行ってきます。向こうに琵琶湖も見えます。玄宮園が見えてきました。桜田門外の変で有名な井伊直弼の生誕地だそうです。玄宮園は下屋敷である槻(ケヤキ)御殿(現楽々園)に伴う後園として江戸前期に作られた大規模な池泉回遊式庭園です。中央に掘られた池泉には大小4つの中島が築かれ、様々な形式の橋が架けられて自由に回れるようになっていたそう...
  • アンディ レポートアンディさんのプロフィール
NAKANOさん
  • 染井坂(豊島区駒込)
  • 時代初期にはすでにあったとされている。境内には染井稲荷神社がある。坂下の駒込小学校の辺りは、江戸時代は大分県豊後府内藩二万石の抱屋敷だった。坂を上ると植木屋通りに面して、三重県伊勢津藩32万石藤堂家の下屋敷があった。 そして現在の染井霊園の辺り、谷田川(藍染川)の源頭の湧水池がある辺りには兵庫県播磨林田藩1万石竹部家の下屋敷があり、そこに湧いていた名泉を「染井」と呼んだのが始まりで、そこから村の名前にま...
  • ぼのぼのブログNAKANOさんのプロフィール
KAMMYさん
  • ケータイ国盗り合戦・2018夏の陣スポットまとめ
  • 井] 福井城[鯖江] 鯖江市西山動物園[山梨] 万力公園 (万葉の森)[大月] 初狩駅[上田] 城下駅[上高井] 岩松院[松本] 松本市アルプス公園東海:10[羽島] 岐阜羽島駅[藤枝] 史跡 田中城下屋敷[掛川] 掛川花鳥園[御殿場] 御殿場駅[名古屋] 本陣駅[岡崎] 岩津天神[豊川] 国府駅[名古屋] 金山駅[津] 津城[桑名] 姫御前公園関西:15[彦根] 荒神山神社[長浜] 虎姫駅[京都] 田...
  • KAMMY'S HOMEPAGE CM館KAMMYさんのプロフィール

下屋敷を含むトラコミュ

彦根
  • 彦根
  • 江戸時代には井伊氏の城下町、中山道高宮宿・鳥居本宿の宿場町となった都市で、大藩の城下町がひしめく京都150km圏内では有数の城下町であった。又、京都・名古屋・敦賀の3...
  • トラックバック数:407 TB参加メンバー数:35人カテゴリー:旅行ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

下屋敷について