柳田國男

柳田國男についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [柳田國男] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

柳田國男を含むブログ記事

ポジティブultra-runさん
  • 長い長い夜をアタックしながらどう走りきるのか!
  • 所?の 彼らが??いないことと思えば 怖くなんかーーーないっ!イメージ作戦? 妖怪伝承の研究家… 遠野物語や 妖怪談義などを執筆… 兵庫県神崎郡福崎町出身…(実際の出題問題の表現は違った) 答えは… 柳田國男さん!!そのとーり! 必要なのは 勇気ではなく 覚悟? 覚悟を決め 必要なら…ふんばって 努力をして カッパに夢に近づくこと! このイメージで 走りきります?コワイ ご拝読いただき ありがとうござ...
  • ポジティブultra-run〜だから私は走り続けるポジティブultra-runさんのプロフィール
桜田 史弥さん
  • 20180414-1
  • 在住=が8日夜、膵臓(すいぞう)がんで亡くなった。83歳。戦時中の「花岡事件」や「朝鮮人強制連行」といった加害の歴史を追跡し、真相に迫るルポを粘り強く書き続けた。【田村彦志】 .. 公文書改ざん問題 柳田國男に学ぶ「歴史とは何か?」【大塚英志氏寄稿】インフォシークここ数週間、世間を大いに騒がせているのが、財務省が森友学園との国有地取引の際に交わした文書を書き換えていた事件だ。公文書とはすなわち、歴史を未来...
  • 歴史タイムッス〜古今東西歴史遺跡化石リンク桜田 史弥さんのプロフィール
難波 占いの館 千里眼さん
  • 本日の千里眼コラムは【空鶴先生】です(*^^*)
  • 週、水・土曜日は 千里眼コラムの日? 本日の千里眼コラムのご担当は【 空鶴先生 】です コラムのタイトルは、「ゲゲゲの鬼太郎と遠野物語…座敷わらし、河童、オシラサマの世界」 日本の民族学の大家である柳田國男氏が、岩手県遠野地方の民話をつれづれにまとめた ”遠野物語”座敷わらし、河童、オシラサマ、、 (様々な神様、妖怪も登場します) 遠野物語 妖怪 んって思う方も多いかもしれませんが興味深い内容で読み応え...
  • 大阪・難波 占いの館 千里眼難波 占いの館 千里眼さんのプロフィール
酔生夢人さん
  • 人頭税石
  • 対象は15歳から50歳までとされたが、戸籍が整っていなかった宮古島では、人頭税石と同じ背の高さになると適齢に達したとみなされて課税されたと伝えられている。この伝承は、大正時代に宮古島を訪れた民俗学者・柳田國男が、著書『海南小記』に書き記したことから全国に広まり有名になった。しかし、人頭税石を基準に課税されたことを歴史的事実と裏付ける記録はなく、このような伝承は人頭税による労苦を象徴的に示すものとして生まれ...
  • 酔生夢人のブログ酔生夢人さんのプロフィール
tadasiさん
  • 春の小旅行・遠野
  • く行程がいい。季節ごとに、何か発見がありそう。とおの物語の館へ。とおの昔話村を2013年にリニューアルしたとのこと。展示の仕方に工夫があっておもしろいと思った。しかし、私がみたのは昔話蔵だけで、他にも柳田國男展示館と遠野座があることを知らなかった。パンフレットをよく見ればいいものを、帰宅してからそのことに気づくとは……。いつかまた遠野へ行くことがあったら、寄ってみようと思う。見学後立ち寄った「伊藤家」のコ...
  • 気まぐれ日記tadasiさんのプロフィール
マンテカさん
  • 女人歓迎
  • 式な見解である。しかし、自分の発言が救命活動を妨害しかねないという事くらいは分かりそうなものだと思わなくもない。この問題について、せんだって読売新聞を読んでいたら、編集手帳というコラムの中で民俗学者の柳田國男の見解が載っていた。そもそも女人禁制という制度は女人歓迎の意味が込められていたというのである。江戸時代以前、霊山などは禁足地として入山が禁止されたり制限されたりしていた。とくに女人禁制として男性修験者...
  • マンテカのブログマンテカさんのプロフィール
兼好さん
  • 美人は生涯年収で3000万円得!?貧乏リタイヤ資金に匹敵だわ!(;゚Д゚)
  • 」が必須のものとなりつつあるのです。生まれつきの目鼻立ちはあるにせよ、投資によってある程度の「キレイ」は叶います。メイクもダイエットも美容室も、もはや将来のリターンを見据えた立派な投資となり得るのです柳田國男先生が唱えた日本人の伝統的な世界観に、儀式や祭などの非日常を「ハレ」、日常を「ケ」とする「ハレとケ」というものがありますが、これまでだと「ハレの日」利用が多かったヘアセットが、「ケの日」までを華やがせ...
  • ランティエの日々兼好さんのプロフィール
ひのさん
  • 咲けとばかりにオンツツジ 〜 モネの庭から(その316)
  • 言周圏論(デジタル大辞泉より)ある言語現象が中央から周辺地域に広まっていく過程は波紋のそれに類似していると考え、波紋の周辺にあたる方言圏のあちこちにかつて中央で使われた共通の古い形がみられると説く論。柳田國男の「蝸牛考(かぎゅうこう)」によって提唱された方言学の理論の一。クリックすると拡大します。↓↓↑↑ クリックすると現場情報ブログにジャンプします発注者(行政)と受注者(企業)がチームワークで、住民のた...
  • 答えは現場にあり!技術屋日記ひのさんのプロフィール
A1理論さん
UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さん
  • 震災後、青森のイタコの元には、死者と「対話」しに訪れる被災者が相次いだという。(1)
  • を調査する研究者や大学生も現れた。「幽霊でもいいから、(亡くなった人と)会いたい」肉親を亡くした被災者は、そう語った。 震災後、青森のイタコの元には、死者と「対話」しに訪れる被災者が相次いだという。<柳田國男が見出した死後の魂の居場所>・民俗学の大家、柳田國男は死後の魂がどのように浄化されていくかについて、以下のような考えを述べている。 日本人の死後の観念、つまり「霊魂」は永久にこの国土のうちに留まって、...
  • UFOアガルタのシャンバラ 日本は津波による大きな被UFOアガルタのシャンバラ   日本は津波による大きな被さんのプロフィール

柳田國男を含むトラコミュ

「必読書150」を読む
  • 「必読書150」を読む
  • ○柄谷行人・浅田彰・岡崎乾二郎・奥泉光・島田雅彦・糸圭秀美・渡辺直己らは、『必読書150』という書を刊行しています。この『必読書150』で「必読書」と名指された...
  • トラックバック数:501 TB参加メンバー数:68人カテゴリー:本ブログ
神崎郡
  • 神崎郡
  •  兵庫県神崎郡は、神河町・市川町・福崎町の3町があり、市川がその中央を流れ、播但線、播但ハイウェイ、国道312号線が南北に通じ、中国自動車道が東西に通じるなど交通...
  • トラックバック数:41 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:地域生活(街) 関西ブログ
菅江真澄
  • 菅江真澄
  • 菅江真澄。1754〜1829。本名は白井英二秀雄。三河に生まれ、本草と国学を学びました。師を亡くした30の歳に旅発ち、「蝦夷ヶ島」(北海道)へ渡ったあと、下北・津軽・秋田...
  • トラックバック数:11 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:哲学・思想ブログ

柳田國男を含むブログ村メンバー

  •  
ガントマイムさん
  • オモアンドキの一人歩きガントマイムさんのプロフィール
  • 柳田國男、折口信夫全集を入口に、古き日本の異空間に参入し、日本人とは何なのか探求して参ります。

にほんブログ村

>

キーワード

>

柳田國男について