分子レベル

分子レベルについての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [分子レベル] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

分子レベルを含むブログ記事

pari88さん
  • 乳がんや卵巣がんの発症高まる“HBOC”って何?
  • 事の岡本愛光(あいこう)医師に今後の展望を聞いた。 *  *  *進行がんで見つかることが多い卵巣がんですが、初回の化学療法が奏効しやすいことから、治療薬の研究が進んでいます。がん細胞の特異的な性質を分子レベルでとらえて標的とする分子標的薬では、現在導入されている、がんがもつ血管をつくりだす作用をブロックするアバスチン(血管新生阻害薬)とは異なる作用をもつ「PARP阻害薬(パープ・インヒビター)」という薬が...
  • あなたの健康はお金で買えますか・・・?pari88さんのプロフィール
kikawa35さん
  • 酵素とアンチエイジングの関係とは?
  • ために「酵素」は大切なのですが、代謝を良くするための酵素は単純に外から補充できるわけではないので、注意が必要です。一方、食べ物に栄養素として含まれる、糖質もたんぱく質も脂質も、胃から小腸へと至る過程で分子レベルにまで消化・分解されていきますが、その役割を担っているのも「酵素」です。その消化のための酵素には、代表的なものとして、でんぷんをブドウ糖に分解する「アミラーゼ」やタンパク質分解酵素の「プロテアーゼ」、...
  • 慢性炎症・酸化ストレス・糖化を防ぐアンチエイジングkikawa35さんのプロフィール
ユアンさん
  • 医学部の生化学の教科書は「リッピンコット生化学」が最高だった話
  • り、さらに次の特徴?に書くように通常の教科書より他の医学教科に通じる内容が多く盛り込まれています。 特徴? 生理学などに通じる内容・病気に関連した記述が充実!本書では先ほど書いた通り反応機構のような、分子レベルのミクロな内容が簡潔になっている代わりに、人体の構造や機能と結びつけたマクロな観点での内容が非常に充実しています。例えば、書名に「イラストレイテッド」とあるように図が豊富なのも特徴ですが、循環系や臓器...
  • MedGamerログ | 医学生ゲーマーの雑記ブログユアンさんのプロフィール
薬剤師ママさん
  • 【高すぎ?!】花粉を水に変えるマスクを口コミ!花粉症に効果あるの?!
  • 間使用できると書いてあります。分解力レギュラーでも1〜3日使用可能ですね。なので、がっつり7日間使用すれば1日あたり約150円という計算なのでそこまで高くないかも?しれません。商品説明では分解作用は水分子レベルでの変化なのでマスクが濡れたり、湿ったりすることはありませんとあるので7日間使用は不可能ではなさそうですが、つけて見た感じ結構しっかりフィットしているので寒い日などはそこそこ湿りそうです。あと、女性の...
  • 薬剤師ママの子育てブログ|小学生男子と2歳女子日記薬剤師ママさんのプロフィール
IROYASUさん
  • [新規登録商品] KRYNA インシュレーター C-PROPmini extend 3個1組 CMX3(A4562219166589Z)
  • 、コニカル(円錐)から由来しています。カップとスパイク共に樹脂を採用し、わずか35gという軽量なボディで、有害な微動を急減衰させながら絶縁効果を発揮します。その制振・絶縁のメカニズムはきわめて高度で、分子レベルのノウハウが存在します。有害振動を特殊ダンピング液で吸収させ、音楽再生に特に影響のある音の濁り、微振動を消滅させる狙いがあります。また、溶液が樹脂内部に浸透して入り込むことで仮想的に水に浮かせた状態を...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
IROYASUさん
  • [新規登録商品] KRYNA インシュレーター C-PROPmini extend 1個 CMX1(A4562219166572Z)
  • 、コニカル(円錐)から由来しています。カップとスパイク共に樹脂を採用し、わずか35gという軽量なボディで、有害な微動を急減衰させながら絶縁効果を発揮します。その制振・絶縁のメカニズムはきわめて高度で、分子レベルのノウハウが存在します。有害振動を特殊ダンピング液で吸収させ、音楽再生に特に影響のある音の濁り、微振動を消滅させる狙いがあります。また、溶液が樹脂内部に浸透して入り込むことで仮想的に水に浮かせた状態を...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
costaのブログさん
  • お話の話題の一つ、エピジェネティクスとヒストン修飾
  • クローン)とみなされますが、見かけや病歴など、実質的に多くの 点で異なっています。つまり、双子やクローンといえども(遺伝子は同じでも)、実際は違 う性質をもった細胞の集まりなのです。 こういった現象を分子レベルで説明する際に重要なのが、分子の修飾、つまりタンパク質 をはじめとする生体分子群のお化粧「分子修飾」なのです。遺伝子を取り巻く周りの状況を 修飾することで、遺伝子の発現のパターンや細胞の性質を変えるこ...
  • costaのブログcostaのブログさんのプロフィール
THE CORAN GARDENさん
  • 色の持つエネルギーの威力。
  • は光によって作られたエネルギーの分解、移送、利用に関わっている。また、こうしたエネルギーの処理に関わる酵素とホルモンの多くには色が付いていて光に敏感である、特定の色の光によって刺激を受けると、しばしば分子レベルの変化を起こして、酵素やホルモンの力に大きな影響を与え、体内にダイナミックな反応を引き起こす。(光の医学/ジェイコブ・リバーマン)より この光の医学という本もvanilla先生より紹介してもらった...
  • 福岡 ザ・コランガーデン キレイのセラピストTHE CORAN GARDENさんのプロフィール
ミニコアラさん
  • 花粉を水に変えるマスク☆他お買い物マラソン購入品☆
  • CMや電車ジャックで話題になっている海老蔵さんがCMをしているこちらのマスク。ネーミングからして、ものすごく気になります。花粉を水に変えてくれるマスク分子レベルのお話ですが、花粉を水に変えてくれるらしい。DR.C医薬から販売されています。花粉やハウスダストのたんぱく質を分解。汗におい不衛生たんぱく質を分解するから数日間使える。分解作用は分子レベルだからマスク...
  • ミニコアラ☆コスメ・グルメ・何でも体験日記☆ミニコアラさんのプロフィール
Dice.Kさん
  • 発酵を使って旨味と甘味をプラス
  • 今の分子ガストロノミーの存在が脳裏をよぎりますね。既にダウントレンドかもしれませんが、分子ガストロノミーが料理界のトレンドとなりました。でも、発酵技術から分かるように、日本人は古来から生活の知恵として分子レベルで食品加工、調理をしていたと言っても過言ではありせん。まぁそれが体に良いかどうかは考えていなかったかもしれませんけどね。きっと、発酵技術を磨かなければ、生きていけなかったんだと思います。そして時代は経...
  • Kitchen LAB&BAR/キッチンが俺の研究所Dice.Kさんのプロフィール

分子レベルを含むブログ村メンバー

  •  
takさん
  • takのアメブロ 薬理学などなど。takさんのプロフィール
  • マスメディアと一味違うマイメディアです。薬理学を中心に、医療や科学のニュースを紹介します。

にほんブログ村

>

キーワード

>

分子レベルについて