町火消

町火消についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [町火消] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

町火消を含むブログ記事

栗山かよ子さん
  • 郷土芸能発表会。太神楽からささら踊り、太鼓連など。
  • ホールで行われました。旭町の方が会長をしているお神楽 「伊勢十二座太神楽獅子舞保存会」相川地区の上戸田と沖戸田にある二つの神社連合「子易神社・若宮八幡神社御輿保存会太鼓連」江戸時代に鳶職で組織された「町火消し」から生まれた「木遣り唄・纏振り・はしご乗り」を継承している「厚木市古式消防保存会」酒井にある頃お寺のお念仏「法雲寺酒井双盤講」里神楽と仮面黙劇「相模里神楽垣澤社中」竹で作ったささらをもって踊る「愛...
  • 市民のくらしに市政の光を栗山かよ子さんのプロフィール
おさむ家太助さん
  • 落語『棒鱈』:芋侍を笑い飛ばす江戸っ子の心意気
  • 古典の名手が一堂に!落語の登場人物:八っつぁん、熊さんのエネルギーが「笑い」を巻き起こす!『一発屋芸人列伝』:ブームが去っても、戦い続ける芸人たちへの応援歌江戸への旅路:落語『火事息子』〜憧れの職業は町火消し太助セレクト落語 2018年10月のお勧め落語会夜、寝る前に聞きたい落語ベスト5ビートたけし『やっぱ志ん生だな!』:たけしが認める落語家の最高傑作・志ん生なぜ野球の応援は、同じ振り付けで歌って、踊る...
  • 落語はビジネスにも役立つ!「笑う力」を身につけたいおさむ家太助さんのプロフィール
しずかさん
  • 円通寺 寛永寺から移築した黒門〜彰義隊士の墓
  • 活していた。 大正元年(1912年)頃、日野の土方家を突然訪れ、土方歳三の位牌を目の前にして泣き崩れたと言う。その4年後、死去。享年88。(Wikipediaより)新門辰五郎の碑幕末維新期の侠客。江戸町火消しの元締。本名町田辰五郎。錺職人の子として下谷に生まれ,上野輪王寺の寺僧町田仁右衛門の養子になる。鳶人足から人足頭,町火消十番組の頭になり,浅草寺の門番も勤める。江戸の火消しには幕府の定火消し,大名火...
  • 大河ドラマに恋してしずかさんのプロフィール
宇都宮隆法さん
  • 近代日本成立期の研究 政治・外交編
  • た。久留米一藩の利害のみではなく「公武」「天下」のために将軍進発周旋すべきと発言した。後に朝彦親王や二条関白など超低上層部にとっても重要な存在になっていった。幕末京都の新門辰五郎とその周辺浅草の侠客・町火消であった新門辰五郎は慶喜と関係が深かった。しかし、一橋家との交渉は、自身の利害を優先していた。彼とその配下は慶喜の面倒を見たり、京都市中の仮借家普請に関与し、無頼漢をまとめていた。幕末期大阪城における...
  • 宇都宮隆法の書評ブログ宇都宮隆法さんのプロフィール
ハルトさん
  • 火事
  • う。幕末に江戸に攻め寄せてくる新政府軍の西郷隆盛と停戦交渉に当たった幕府側の勝海舟が、交渉が決裂し、万一新政府軍が江戸攻撃を強行した際は焦土作戦への協力を依頼したというのが本来は防災活動のための組織「町火消し」だったという。焦土作戦というのは防衛側が退却する際に、地域のすべてを灰にしてしまう捨て身の作戦である。進撃する道路は瓦礫の山で進みづらいことこの上ない。食料もなく、水もなく、休憩する建物もなく、煙...
  • ドラクエ的な人生ハルトさんのプロフィール
anessaさん
  • 豊洲新開場!江戸の花〜いろは四十八組、本所深川十六組〜きもので江戸東京博(2)
  • きありがとうございますおはようあねっさです!ただ今5時15分ですきもので江戸東京博の続きですこちら→江戸東京博へ想像以上のワンダーランド(1)火事と喧嘩は江戸の花お江戸も火事が多かったんですよねなので町火消しはあこがれの的で江戸っ子は気が早いので派手な喧嘩も多かった私も江戸時代にオトコに生まれていたら、間違いなく町火消しになっていただろうな〜いろは四十八組、本所深川十六組の配置江戸城を囲むように配置され...
  • 京都はんなり着物歳時記anessaさんのプロフィール
葵 北風さん
  • 明治維新150年 10 ? 勝 海舟 像
  • を無条件で明け渡す替わりに将軍 徳川慶喜を水戸での謹慎、徳川家の存続を認めさせました。勝はイギリスの公使 パークスと密かに示し合わせて新政府に圧力をかけることも怠らず、また、交渉が決裂した際のために、町火消しの新門辰五郎に江戸市中への放火を依頼していました。新政府軍が雪崩れ込んだ場合に、江戸の住民達を大量の船で千葉へ避難させ、市中を焼き払い、兵糧と武器を枯渇させてゲリラ戦で新政府軍を消耗させるというナポ...
  • 日本歴史紀行葵 北風さんのプロフィール

町火消を含むブログ村メンバー

  •  
碑之見輩さん

にほんブログ村

>

キーワード

>

町火消について