司馬遷

司馬遷についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [司馬遷] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

司馬遷を含むブログ記事

富山マネジメント・アカデミーさん
  • 変化の時代び入った論語の研究
  • |Weblog孔子が神のような聖人ではない、と絶対の真理の基準とする信仰による「論語」解釈は、しだいに崩壊した。孔子は賤民、いかがわしい宗教家だとする極論まで生まれている。これは、日本の学者に一部が、司馬遷の「史記」における孔子像を破壊するための極論である。その誤りは、別に指摘することにしたい。変化の時代に入ったには、中国共産党が、孔子の思想の継承者は孟子であるという朱子学、陽明学の立論を否定し、王先謙...
  • 富山マネジメント・アカデミー富山マネジメント・アカデミーさんのプロフィール
NPO法人・地域福祉協会さん
  • ショートショート集の趣旨と特徴について。
  • っておりあまり移動出来ないので作家活動を始めました。もともとは作家や物書きになりたかったので人生の懊悩と漆黒の闇をそのまま昇華した短編を著しました。影響を受けた文学スタイルは仏教説話、カトリック聖人伝司馬遷や老荘、柴田錬三郎の三国志星新一や眉村卓のショートショート坂東眞砂子、黒岩重吾、五木寛之、宮本輝、三島由紀夫、井上靖、五島勉、筒井康隆、江戸川乱歩、司馬遼太郎、フランス文庫であります(敬称略)。何人か...
  • NPO法人・地域福祉協会NPO法人・地域福祉協会さんのプロフィール
仲井 智史さん
  • 古代中国 禹1 舜の死と、明らかにコピペな禹の即位 夏王朝が成立する
  • 舜の5帝の神話はこのようなものです。ところが、彼らの実在性は甚だ怪しいものと言わなければなりません。堯の異様に長い統治期間を見れば一目瞭然ではありますが、これらは全てが事実であるとは認められません。 司馬遷は、「書経には堯以降しか書かれておらず、黄帝は百家の書を見なければならない」と書いています。続けて「しかし、百家の書は文章が典雅穏当ではなく、貴顕・学者には妄誕にすぎるので、口にするのもはばはられる」...
  • 巨人の肩から見る世界仲井 智史さんのプロフィール
IROYASUさん
  • [新規登録商品] 鋼鉄神ジーグ Blu-ray コンパクト コレクション Blu-ray (A4988013498396Z)
  • シューター! 放てジーグパーツ! 忘れられた大地を取り返すため、鋼鉄神ジーグよ 邪魔大王国を叩き潰せ!! <キャスト> 草薙剣児:小野大輔 珠城つばき:植田佳奈 美角鏡:千葉進歩 珠城美和:兵藤まこ 司馬遷次郎:上田陽司 柳生隊長:野田順子 早乙女隊員:森夏姫 身堂隊員:岡村明美 司馬宙:諏訪部順一 妃魅禍:木村亜希子 壱鬼馬:石上裕一 壬魔使:松岡大介 阿磨疎:こぶしのぶゆき <スタッフ> 原作:永井...
  • いろぽたIROYASUさんのプロフィール
はやさかさん
  • 雨ニモマケズ
  • 金主義なんてのもあるようです。順にお話します。まず、「主義」という熟語は、Chinaで生まれ、日本で熟語化したものです。China語は、もともと一音一句で、熟語という概念がありません。そのChinaの司馬遷の『史記』の巻1ー130太史公自序 第70に登場したのが、「主義」という言葉です。そこには次のように書かれています。「其信従者、 下自士大夫、 上亦至将相而止、 主義為逐満。」(それ信じ従うは、下は士...
  • ヤ○ザやゴロツキがとりまく日本政治あんてなはやさかさんのプロフィール
自然とデザインさん
  • 1943年〜私は戦時中に生まれました。
  • された武田泰淳(1912年2月12日生まれ)が1937年の中国の戦場の鬼畜日本兵の事件を作品に残した「汝の母を!」,(2)(1956年8月作)は強く心に残っている。その武田泰淳が1943年に武田泰淳『司馬遷 史記の世界』,(2),を残してくれている。 参考: 武田泰淳が語った戦争  伊藤 博子 里見一亘「武田泰淳の「批評」ー『司馬遷』をめぐって,(2),(3) 『司馬遷 史記の世界』,(2) 太宰治と武...
  • 自然とデザイン自然とデザインさんのプロフィール
仲井 智史さん
  • 古代中国 堯3 家族の虐待に負けずに孝子を貫く舜、堯のお眼鏡に適い、後継者へ
  • 掘ってつなげていたので事なきを得ました。 悪人たちは舜が死んだと早合点し、舜の持ち物は両親が、2人の妻は象が得ようと話し合います。ちなみに、死んだら弟が妻を娶ろうとしたのは当時の風習とのことです。後に司馬遷が匈奴について触れる中で同様の風習があります。それだけ見ると、騎馬民族のようですね。漢人社会の風習が変化していくさまが見られるようで面白いです。 さて、象は舜の家に行くと、堯の与えた琴を爪弾きますが、...
  • 巨人の肩から見る世界仲井 智史さんのプロフィール
takuさん
(遅報)歴史まとめ管理人さん
  • 文化史(非科学)で打線組んだ
  • 228: 風吹けば名無し 2017/12/13(水) 01:05:04.18 ID:gIrXST9pa文化史打線(非科学) 1中ヴェートーベン 2右トマスモア 3三司馬遷 4二ダヴィンチ 5左徐光啓 6一マテオリッチ 7遊顔真卿 8捕バッハ 9投徽宗http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1513093150/続き...
  • (遅報)歴史まとめ(遅報)歴史まとめ管理人さんのプロフィール

司馬遷を含むトラコミュ

司馬遷 史記
  • 司馬遷 史記
  • 史記について
  • トラックバック数:6 TB参加メンバー数:3人カテゴリー:歴史ブログ
猿復讐伝
  • 猿復讐伝
  • 龍皇神帝 作の猿復讐伝(えんふくしゅうでん)大河ドラマ風のSF「戦争は終わるのか(人類での永久戦争終結をめざして)」をテーマにしたIそれより過去の話である2以降...
  • トラックバック数:1 TB参加メンバー数:2人カテゴリー:小説ブログ

にほんブログ村

>

キーワード

>

司馬遷について