所得税法

所得税法についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [所得税法] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

所得税法を含むブログ記事

JINTAXさん
  • 災害による税の優遇?
  • 災害被害の税の優遇措置には災害減免法と雑損控除(所得税法)があるとお話しました。おそらく多くの方が受けられる雑損控除とはそもそもどういうものか簡単にご紹介します。雑損控除とは所得控除の中の一つです。所得控除と言えば例えば生命保険料控除のようなものです。年末...
  • 高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロクJINTAXさんのプロフィール
るー818さん
  • 生計を一にする親族の社会保険料を所得控除に加える方法
  • 所得税法において、納税者が本人又は本人と生計を一にする配偶者等の親族の社会保険料を負担した場合は、それが支払った本人の社会保険料控除になると定めています。所得税法74条(社会保険料控除)居住者が、各年において...
  • 税務会計のミチシルベるー818さんのプロフィール
彦左衛門さん
  • 小規模宅地特例,配偶者居住権,災害と所得税の軽減措置(税務通信№3515)  
  • 、新たに貸付事業の用に供された宅地等が除外された。 但し、相続開始までに3年を超えて「特定貸付事業(貸付事業のうち準事業以外のもの)」を行う場合、相続開始3年以内の貸付も本特例の対象。 上記の判定上、所得税法基本通達26−9(いわゆる5棟10室基準の取扱い)、27−2(有料駐車場等の所得の取扱い)が適用される旨が示された。(建物の貸付けが事業として行われているかどうかの判定)26−9 建物の貸付けが不動産...
  • スポ−ツクラブ大好き税理士(大阪市淀川区)彦左衛門さんのプロフィール
Mindさん
  • 大阪城公園内の脱税たこ焼き屋さん、無期限営業自粛……。
  • によると、事件を受け神社関係者や弁護士らで協議し、店側に営業自粛を求めることを決定。1日から営業していないという。関係者は「閉店すべきだという声が多い」と説明した。  大阪地検特捜部は7月26日、所得税法違反の罪で同店経営者の宇都宮タツ子被告(72)を在宅起訴。客の8〜9割はインバウンド(訪日外国人客)だった。大阪城公園を管理している大阪市の吉村洋文市長は店側に改善報告を求める意向を示していた。...
  • 思考ちゃんねるMindさんのプロフィール
Markさん
  • 税理士試験 実際の過去問題・答案用紙をネットプリントで配布中
  • 20)ここがオカシイ!税理士試験 (13)私信 (9)判例・裁決事例 (8)税理士試験不適切問題集 (8)税理士試験免除大学院 (7)税理士制度 (7)税理士試験過去問題 (5)公認会計士試験 (5)所得税法 (5)国税徴収法 (4)相続税法 (3)司法試験 (2)租税全般 (1)社会保険労務士試験 (1)法人税法 (1)本・論文 (1)住民税 (1)このblogについて (1)行政書士試験 (1)最近の...
  • Markの資格HackMarkさんのプロフィール
ghmmm372さん
  • 弱い者いじめはアカン!アカン!
  • 本茶屋=2018年7月23日午後、大阪市中央区 同店を営む宇都宮タツ子被告(72)は2014〜16年、たこ焼きやおでんなどの売り上げで得た約3億3千万円の所得を申告せず、約1億3千万円を脱税したとして所得税法違反罪で7月下旬に在宅起訴された。インバウンド(訪日外国人客)効果で近年、売り上げが急増していた。 豊国神社によると、「営業を続けさせるべきではない」などと批判が寄せられ、神社が営業自粛を求めたところ...
  • 旅の途中ghmmm372さんのプロフィール
mildchさん
  • 大阪城公園内の脱税たこ焼き店、無期限営業自粛
  • 国神社によると、事件を受け神社関係者や弁護士らで協議し、店側に営業自粛を求めることを決定。1日から営業していないという。関係者は「閉店すべきだという声が多い」と説明した。 大阪地検特捜部は7月26日、所得税法違反の罪で同店経営者の宇都宮タツ子被告(72)を在宅起訴。客の8〜9割はインバウンド(訪日外国人客)だった。大阪城公園を管理している大阪市の吉村洋文市長は店側に改善報告を求める意向を示していた。201...
  • マイルドちゃんねるmildchさんのプロフィール
YU ME NO U Eさん
  • 税理士試験 理論予想 by YU ME NO U E
  • ?原点回帰の定番論点 ?手続関係の理論 このあたりを、広く浅く出題してくると見ています。 逆に言うと、最近世間で話題の・・・みたいなのは出にくいんじゃないかと。 ?手続関係の理論 は去年の所得税法では「納税地」に、「減額承認申請」がメインでした。 (設立関係の届出もありましたが、結果的にあまり合否に影響しない論点かなぁっと。おそらく試験委員が手続関係でほとんどみんな書けてたら差がつかなくなっち...
  • 資格の先のYU ME NO U E 〜税理士試験受験日記〜YU ME NO U Eさんのプロフィール
JINTAXさん
  • 災害による税の優遇?
  • 者ではなく一般の方については確定申告により2つの救済方法があり有利な方を選ぶことができます。・災害減免法による税金の軽減免除(損害金額が住宅または家財の1/2以上であることが必要ですので割愛します)・所得税法による雑損控除(所得控除)ポイントは損失額の計算でしょうこれについては東日本大震災の際に『雑損控除における損失額の合理的な計算方法』というものが向上されています。住宅の損失額の計算損失額=(取得価額ー...
  • 高槻の税理士 JIN-TAXのアメブロクJINTAXさんのプロフィール
るー818さん
  • 社内コンテストにおける課税関係
  • か雑所得に該当することになります。全従業員を対象に社内報に掲載するための詩や俳句、写真などのいわゆる趣味的なものをジャンルに関係なく公募し、コンテストを行ったような場合は一時所得となります。理由として所得税法における懸賞の入賞金に該当します。一時所得に該当すると50万円の特別控除があるので、高額な賞金でなければ申告義務も発生しません。これに対して、全従業員に対して社内コンテストであっても、標語や社歌に対す...
  • 税務会計のミチシルベるー818さんのプロフィール

所得税法を含むトラコミュ

サラリーマン
  • サラリーマン
  • サラリーマン(和製英語 :salaryman)とは、給料で生計を立てている人である。特に民間企業で働く正社員男性を指すことが多い。また、所得税法上の「給与所得者」を指すこ...
  • トラックバック数:981 TB参加メンバー数:129人カテゴリー:サラリーマン日記ブログ
租税特別措置法
  • 租税特別措置法
  • 租税特別措置法(そぜいとくべつそちほう;昭和32年3月31日法律第26号)は、国税に関する特例を定めた法律である。所得税法、法人税法、相続税法、地価税法、登録免許税法...
  • トラックバック数:28 TB参加メンバー数:12人カテゴリー:政治ブログ

所得税法を含むブログ村メンバー

  •  
配当金生活のたっちゃんさん
なつべえ税理士さん
ルッツさん
信頼と実績さん
海外FXさん

所得税法を含むアンケート&掲示板

  •  
  • 女性皇族・高円宮承子女王レス: 0/58(861件)歴史ブログ
  • 第6条第3項各号および皇室経済法施行法第8条より算定される、 国庫から高円宮家への支出年額(所得税法第9条第1項第12号により非課税)。 高円宮妃久子殿下へ   年額3050万円(独立...

にほんブログ村

>

キーワード

>

所得税法について