秋の彼岸

秋の彼岸についての解説記事(紹介記事)

にほんブログ村キーワード

あなたもブログ記事を書いてこのキーワードを解説してみませんか?ブログ記事本文の先頭に下記のタグ( [秋の彼岸] ブログ村キーワード )を挿入することで、ブログ村があなたの記事を自動で収集し、この枠内に特別に表示いたします。

このキーワード用のタグ:

Yahoo!ブログ Yahoo!ブログ(Wiki文法) ※Yahoo!の方はどちらかチェックしてください

秋の彼岸を含むブログ記事

ブコウザンさん
  • 夢枕
  • ている。良くぞ生き返ってきたな、とさすってやると、嬉しそうにペロペロ舐めてくる。寝たきりになったまんま毛並みが固くゴワゴワしてるので、これじゃ可哀そうだと、ブラシを探し出してきて丁寧に梳いてやった。 秋の彼岸も過ぎたので、最後のお別れにきたんでしょうかね。これでいよいよあの世に行ってしまうのか。しかし、死んでもいつでも復活は可能だという希望を強く感じた。魂は永久に不滅なのかもしれないですね。...
  • 恐怖症のふしぎな話ブコウザンさんのプロフィール
自然観察や日々の出来事です。さん
  • ミゾソバとミゾハギ
  • ゾソバとミゾハギ2018-10-19 |自然観察2018.10.13 愛知県瀬戸市定光寺 よく似た名前の、よく似た花です。ミゾソバは、水際に咲く、ソバと同じタデ科でソバに似た葉、ミゾハギはミゾ=禊で、秋の彼岸・命日などにお墓参りに飾られた花、ハギの花に似ています。『愛知県』 ジャンルのランキングランキングに参加中。クリックして応援お願いします!人気ブログランキングにほんブログ村コメントTweet&laqu...
  • 自然観察や日々の出来事です。自然観察や日々の出来事です。さんのプロフィール
ケンさん
  • 田舎、都会、地方都市、住みやすいのはどこ?
  • も済ませました。墓も大小合わせて、15基ほどもあるので、お花を飾るのも大変です。「先祖墓」も作ってあるので「一つにまとめたら」というのですが「私が死んでからにしてくれ」と取り合いません。田舎に帰るのは秋の彼岸以来です。でもこんな山間地の谷間でも、まだしっかりと住んでいらっしゃる方もいます。一旦便利なところで暮らしていると、そんな暮らしはとてつもなく不便に見えるのですが。実際はどうなんでしょう?医者に行くの...
  • ケンの楽しいリタイア生活ケンさんのプロフィール
花鳥風月・・・気ままな写真日記さん
  • サンセットヨガ in 荒尾干潟
  • セットヨガ in 荒尾干潟平成26年10月8日の月食荒尾干潟のアオバト「荒尾干潟水鳥・湿地センター」地鎮祭JR南荒尾駅看板リニューアル&新設KODOMOラムサール湿地交流 in 荒尾干潟十六夜の月など秋の彼岸法要&御取越秋彼岸・庭の花々閑散としていた「こくんぞさん」(四ツ山神社大祭)>> もっと見るカテゴリー病気日誌(47)文化、文学、芸術(26)横島干拓の鳥たち(18)命(0)ひと いのち(8)荒尾海岸...
  • 花鳥風月・・・気ままな写真日記花鳥風月・・・気ままな写真日記さんのプロフィール
ゆったりさん
  • 秋の花々
  • 端で桃色・白・赤などの花を咲かせます。花は本来一重咲きですが、舌状花が丸まったものや、八重咲きなどの品種が作り出されています。 ひがんばなは、道端などに群生し、9月中旬に赤い花をつけます。彼岸花の名は秋の彼岸ごろ開花するのに由来します。ユリに近い植物で球根を持ちますが、それには毒があるということです。葉は冬中は見られますが、翌春になると枯れてしまい、秋が近づくまで地表には何も生えていません。 きんもくせい...
  • ゆったり投資ブログゆったりさんのプロフィール
京都ぶらり女の1人旅さん
  • 京都 紅葉100シリーズ  法然上人の金戒光明寺
  • 向けると判然とする。黒谷の西二キロに京都御所、更に西十キロ余で小倉山にたどりつく、ここは西山連峰中もっとも低い鞍部になる。彼岸の中日のころは真赤な夕陽が静かに沈むのが拝める京都盆地唯一の場所である。春秋の彼岸には夕日を拝んで仏を観る日想観をする人で埋めつくされ、口々に唱えるナムアミダブツの念仏の声は大きなうねりとなり、長い生命の中で生きる喜びの響きとなって京童たちもたくまざる演出に感動し、念仏を相続したも...
  • 京都ぶらり女の1人旅京都ぶらり女の1人旅さんのプロフィール
くろはも小僧さん
  • 「きんもくせい、秋のお手入れ」181016
  •  本日(2018年10月16日) 大阪 枚方は雲が広がるも穏やかな日中。標記の件実施しました。********************************←作業前です。 秋の彼岸の頃、気温が低かったせいか、例年よりも早く花が咲きました。その後、台風が2度やってきましたがあまり影響なく。 このお手入れ、拙宅としては毎年11月におこなっていました。いつもはもう少し遅い時期に咲いて...
  • 「ハーモニカ風物詩」なんちゃってくろはも小僧さんのプロフィール
青葉ドロンさん
  • 10月の 大井川鉄道 1999.10.10
  • ぎますが、乗客が多いのは結構なことです。 この先上流へと進み、次の撮影場所は、田野口駅と駿河徳山駅の間の、大井川の川原に降りました。 101レ が C11 の牽引で、煙を上げながら近づいて来ました。 秋の彼岸を過ぎたこの時期では、車体の側面までは陽がまわってくれません。 これまた長い編成で、C11 にはあまり釣り合わないですね。 この日は翌日が仕事なので、帰りの列車は撮影せずに、これだけで戻りました。...
  • SL現役の頃、そしてその後青葉ドロンさんのプロフィール
花鳥風月・・・気ままな写真日記さん
  • 平成26年10月8日の月食
  • し精進しています。最新記事平成26年10月8日の月食荒尾干潟のアオバト「荒尾干潟水鳥・湿地センター」地鎮祭JR南荒尾駅看板リニューアル&新設KODOMOラムサール湿地交流 in 荒尾干潟十六夜の月など秋の彼岸法要&御取越秋彼岸・庭の花々閑散としていた「こくんぞさん」(四ツ山神社大祭)救う神あり・・・畑鋤き>> もっと見るカテゴリー病気日誌(47)文化、文学、芸術(26)横島干拓の鳥たち(18)命(0)ひと...
  • 花鳥風月・・・気ままな写真日記花鳥風月・・・気ままな写真日記さんのプロフィール
人生「四苦八苦」さん
  • 尊敬する方の訪問。
  • 12345678910111213141516171819202122232425262728293031前月次月最新記事尊敬する方の訪問。今日は涼しかったです。現在ってこんなものですか?2018年、秋の彼岸。秋の気配。台風一過でも暑さ再来。今年も台風接近。感謝の気持ちでいっぱいです。ご近所善い人は人相に現れる。>> もっと見るカテゴリー温泉(1)趣味(3)人生相談(25)うんちく・小ネタ(2)ニュース(...
  • 人生「四苦八苦」人生「四苦八苦」さんのプロフィール

にほんブログ村

>

キーワード

>

秋の彼岸について